日韓ワールドカップ イングランドvsスウェーデン

6月 2日  埼玉スタジアム2002  18時KICKOFF


いよいよワールドカップが始まったのだ!!衝撃の開幕戦フランスまさかの敗戦、あれそうな予感がとってもします。自分の観戦1戦目は、すっかり女性誌のグラビアタレントになってしまった、ベッカム率いるイングランドと北欧の強豪スウェーデン。

テレビでは何度か見たことがある強豪同士の対戦を、生でしかも日本で見られるなんて・・・あぁ幸せ!!場所は日本最大のサッカー専用スタジアム「さいたまスタジアム2002」。自宅からJRで出発。

なんと西船橋の駅でイングランドの大きな旗を持ったサポーターに会った。「写真」を頼むと快く取ってくれて、その後電車で一緒に会場へ・・・。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

実はこの人たち、一人船橋に住んでいる友達の家に泊まってあちこち行っているそうで、昨日は新潟まで行かれた人もいるんです。

せっかくなので、イングランドの国歌「GOD SAVE THE QUEEN」を教えてもらおうと思って、歌詞カード(一応国際試合の時は対戦国の歌詞カード持っていきます)を見せる。「Great!!」と叫んで、ここから車内で大合唱!!

他のイングランドサポーターも同じ車両に乗り込んできて、すっかりフーリガン電車と化してしまいました(笑)。ちなみにロンドンに皆さん在住のようで、「チェルシー(ロンドンのチーム)のファンか?」と聞くと「No!!SPARS(トットナム・ホットスパーズのことつまりチェルシーのライバルチーム)!!」と一喝されてしまった・・・。

もちろんこの会話の間欠かせないのが「缶ビール」。コンビニ袋にはたくさんビールが入っていて、みんなで乾杯してまた「GOD SAVE THE QUEEN」・・・。まぁワールドカップだから良いかぁ・・・。

さて東川口で一度降りて、今度は埼玉高速鉄道に乗換。彼らとはここでお別れ。缶ビールをたくさんもらってしまったので、駅前で飲みながらちょっと駅前を視察しましょう。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

駅前はすっかりイングランドとスウェーデンのサポーターに占領されています。不思議なのはスウェーデンのユニフォームを着た人と、イングランドのユニフォームを着た人が仲良く写真取り合っているんですねぇ・・・。

これも第三国の日本ならでは光景かもしれません。

さてビールもすっかり体になじんでくると、行きたくなるのがトイレ。トイレに行くと空き缶がたくさん・・・何でこんなに・・・と思ったら駅構内はゴミ箱が撤去されているんですねぇ・・・。

ここから一駅行った浦和美園駅が会場の最寄り駅。駅の構内はお馴染み「チケット求む」のカードを持った人がたくさん!!こんな中自分のひいきのチームの旗を掲げてパフォーマンスしている人もいます。

駅の構内がこれだけごった返しているのに、その上こんなパフォーマンスまでしているから駅員さんは大変です。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

ちなみに駅の中には「インフォメーション」コーナーも用意されていて、地図や日本の生活のガイドマップなんかももらえます。

このガイドマップ見てみると、「エキサイティングスポット」と言うページで六本木が紹介されていました・・・確かにねぇ・・・。

ここで警備員がおもしろいものを着けているのを発見!!なんと頭に装着するトラメガ・・・う~ん・・・これは初めて見た!!

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

駅の隣には「INTERNATIONAL AMENITY TOWN」なんてコーナーがあります。聞こえは良いけど覗いてみると、地元の特産品の即売なんか行うコーナーのようで・・・。

それにしてもこれからサッカー見る人がこんなもの買うのかなぁ・・・。このエリアよく見ているといろんな格好のサポーターがいます。イングランドもスウェーデンも仲良く座って話していたり・・・。ワールドカップですねぇ・・・と改めて実感(しんみり)。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

そろそろスタジアムに向かいましょう!!と言うわけで、埼玉スタジアムまでの道を進みます。一応一本道なんですが、クネクネと曲がって行くので結構時間がかかるんです。

途中でバルーンのパフォーマンスしている人とか、フェイスペインティングのコーナーなんかもあって盛り上げていますが、ちょっとサッカーっぽくないところが残念・・・。

スタジアムは開門前の状態で、一応沢山のサポーターが並べるようにキューエリアなんかも作ってあるんですが、それほど沢山は来ていないので、ちょっとガランとした雰囲気になっています。

開門すると、思ったよりスムーズに人が流れていきます。まずはゲートの前でチケットの予備チェック。ここで金属探知器に反応するものを入れておくビニールをもらえます。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

かなり厳しい確認と聞いていたのですが、意外にあっさりしたもので、難なく通過・・・。ここで一つ忘れていたことに気が付いた。

待ち合わせをしていた人と合流するのをすっかり忘れてしまった!!ゲートの前でうろうろしていると、「何やってんの(怒)!!」と聞き覚えのある声が・・・と言うことで無事合流・・・。携帯電話はカバンに入れずにポッケに入れましょう・・・はい・・・。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

さぁいよいよ観戦です!!


中に入ってまず目に入るのが、ショップでのビールの売り方です。ワールドカップ期間中は「試合開始90分前から、一回の購入で一人1杯」という制限付きで販売されるんです。

ちなみにビールの銘柄はオフィシャルスポンサーのバドワイザーだけ。他のメニューはチャンと英語でも表記されています。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

当然ビールの販売時刻となる90分前には長蛇の列となります。この状態で店員さん「只今よりビールの販売を始めます」と深々とお辞儀して・・・なんて律儀な・・・。

でも一人一杯ずつ・・・って・・・日本人だけのルールのようで、イングランドの大男が来ると皆さん2杯以上渡しています・・・確かに怖いもんなぁ・・・見るだけで・・・。

さて試合が始まるまでの一時、一服しながら通路をウロウロすると、両チームのサポーターがたくさんいて楽しいです。もちろんお目当ては一緒に写真を撮ることなので、

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

イングランドと言うと「フーリガン」がたくさんいて、試合会場で大暴れ!!という話がずいぶん出ていましたが、本当はみんなサッカーが好きでいい人ばかりなんです。

一部の人達の話がどんどん大きくなってしまったようで、イングランドの人達も「フーリガンはイングランドファンじゃない」と言っていましたし・・・。

さぁいよいよ試合前のウォーミングアップの時間になりました。ピッチにはイングランドの選手が出てきました。とにかく凄いのがフラッシュ・・・。もちろんその先には「ベッカム」です。隣に座った人なんか、試合開始から終了までずっとファインダー覗いてベッカム追っかけていましたもんね。サッカーは見なくて良いんでしょうか?

凄いのが選手紹介の時ですねぇ。イングランドサポーターは基本的に男なので、ドスの利いた声で「オォー」と選手紹介でコールするんですが、ベッカムの時は「キャー」でしたから・・・。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

いよいよ試合開始。ゆっくりした展開でしたが最初に取ったコーナーキックからいきなりイングランドがキャンベルのヘディングで先制!!

でもゴールを決めたキャンベルよりコーナーキック蹴ったベッカムの方がフラッシュの的になっていたりして・・・。

前半はイングランドが少し優勢な感じ・・・でもスウェーデンも最終ラインはきちんと守って崩れない・・・。互角の展開で後半に入ります。

後半にはいるとスウェーデンも攻撃陣を厚くして、イングランドのディフェンスにプレッシャーをかけ出します。

そしてついに同点弾!!なんと2点目も反対側のゴールに・・・。遠いなぁ・・・。

結局試合は1-1で痛み分け。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

帰りは来た道をそのまま戻るんですが、駅前はかなり混んでいます。ちなみに駅前の通りでは通路にコーンを並べてラインを幾つかに分けて駅構内に誘導しています。困ったのはこのコーンが微妙に低くて・・・。

暗いので下をよく見ていないと、コーンにぶつかるかも・・・。これはちょっと考えて欲しいところです。

電車の方はどんどん来るので全く問題ないです。それにしても西船橋で会ったイングランドの人達、無事に帰れたのかなぁ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です