日韓ワールドカップ 日本 vs ベルギー

6月 4日  埼玉スタジアム2002  18時30分KICKOFF


いよいよ日本の試合の日がやってきた。朝7時に札幌を出発して羽田に舞い戻り、何喰わぬ顔をして会社に出勤。but空港から直行したことはバレバレ・・・。なぜって??もちろん酒臭いユニフォームで出勤したからです。

まぁこうなると開き直るしかないわけで、当然仕事もおぼつかない。メールのチェックなど一通り済ませて、昼過ぎには「お先で~っす!!」って殆どバックれ状態です。

3日間で2回も埼玉スタジアムに来ることになるなんて・・・と思いながらも既にワクワク状態。この日は前日のイタリア戦のユニフォームを着込んで、「なんちゃってイタリア人」状態で会場に向かいます。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

今日は日本戦なので、怪しげな外国人はいないだろうなぁ・・・なんて思っていたらこれが結構いる。もちろん怪しげなグッズを販売しているんですが・・・。

ワールドカップのような大きな国際大会ならではの怪しげグッズを物色しながら、会場への道を進みます。ちなみにこうしたグッズですが値切れるから不思議・・・。最初に言われた値段が5分もすると半額以下になっています。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

さすがに日本の試合なのでベルギーの方は・・・なんて思っていたのですがこれがまた結構いたりする。別に我々がサッカーするわけではないので、写真なんかも気軽に応じてくれるんですが、ベルギーの方って大きい人が多い・・・。

身長が10センチくらい違う上に、ベルトの高さが20センチ違う・・・あれ計算あわないよ??

今日も不思議なパフォーマンスが繰り広げられている駅前の一本道ですが、なぜかソーラン節で踊っている集団が・・・なぜ??

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

気合い充分のテキ屋さんを通り過ぎるといよいよスタジアムが見えてきます。

相変わらずの警備ですが、特に厳重すぎると言う印象は受けません。そしてチケットを確認していよいよボディーチェックへ!!

別に持ち込み禁止のものは何もないのですが、なぜか金属探知器の音が気になる・・・。

そしていよいよチケットテイク。ここでビックリしたのが、改札スタッフの一言・・・なんと今までのワールドカップ前のスタジアムでは「いらっしゃいませ」だったのに、「こんにちは!!」と元気よく挨拶。時代は変わったもんです。

挨拶の変化に気が付くなんて、意外に仕事熱心な自分を再発見(会社バックれたくせに・・・)??

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

今日の席は「カテゴリー2」。真ん中のグレードの席なんですが、なぜか場所がゴールの裏。しかもこのスタジアムは浦和のホームスタジアムのため、普段なら絶対に座らない場所になってしまった。

既に試合開始まで90分を切っており、ビールの販売も開始されている。今日のショップの店員さんは日本人を相手に少し安心の様子。ちなみにビールを2杯というと断られます。日本人には相変わらずめっぽう強い店員さん・・・。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

日本人同士写真を撮ってもしょうがないし・・・ベルギー人は反対側のスタンドで観戦のため全く今日は交流できない!!

ワールドカップの会場は座席のグレード別に完全に隔離されるので、まぁこれはしかたないかぁ・・・


スタメンが発表されて、いよいよ試合開始が近づいて来た。ワールドカップの本大会。しかも日本で開催される日本戦・・・もう生きているうちには味わえないんだろうなぁ・・・。チケットを譲ってくれた方には感謝である!!

そして今日も出てしまいました「空席」。試合開始前には驚きの横断幕も登場して試合会場はヒートアップ!!

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

久しく唄っていなかった国歌斉唱で、君が代をみなで熱唱。日頃とやかく言われる国歌ですが、やはりこうした国際大会では「君が代」は必要なのです。

日本のスタメンは予想通りのメンバー。松田や稲本は髪の毛が銀になっているでは・・・!!さらに戸田に至っては赤のモヒカンと来た・・・。さすがにプロです、アピールするためなら何でもするんですねぇ・・・。

試合開始直前には、自衛隊機が編隊飛行でスタジアムの上を通過・・・でもスタジアムから見えるのが一瞬で何が起こったのか?理解不能の人がたくさんいるような・・・。

試合はお互いに相手の出方をうかがう展開。日本は右から市川、左から小野が時折攻め上がるがベルギーの高い壁を崩すには至らない・・・。

そんな静かな展開をうち破ったのはベルギー。キャプテンのビルモッツの目の覚めるようなオーバーヘッドキックで、ベルギーが先制。そしてまたしても反対側のゴールに点が入った・・・。

しかしこの直後から試合が大きく動く。まずは小野のロビングがベルギーのキーパーとバックの間にポトリ・・・。これを飛び込んだ鈴木が一瞬早く触って、日本が同点に追いついた!!しかも今度は自分の見ている方のゴールに!!

「うぉ~~~~~!!」と大歓声。そして周囲の人と構わずに抱擁!!やはり日本人です。これですっかり日本のペースになるか・・・?と思ったのですがベルギーはやはりしぶとい・・・。一進一退の攻防が続いている。

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

ここでトルシエ監督が動く。アレックスを投入して左サイドからの起点を作る。これがまんまと成功。柳沢、アレックスと渡ったボールは、稲本に・・・。

ゴールの裏から見ていると、ベルギーの選手ともつれながら稲本の肩が前に出た!!「そのまままっすぐ来い!!」と思わず叫ぶ・・・。稲本すっかり確変モードに突入し、重戦車ドリブルでベルギーのペナルティーエリアに侵入・・・

「打て~~~~!!」とゴール裏からもの凄い数の雄叫び!!そして稲本キャノン砲炸裂!!またしても見ている側のゴールにシュートが突き刺さる!!

「うぉ~~~~~!!」、「きゃ~~~~~!!」、「おわぁ~~~~~!!」・・・ありとあらゆる歓声が場内を駆けめぐり、周囲の人とはみんなで抱擁!!この瞬間だけはセクハラなんて世の中に存在しないのです!!

埼玉スタジアム2002埼玉スタジアム2002

しかし、この後日本はオフサイドトラップの失敗で、ベルギーに再びゴールを割られて、再び同点に・・・。

結局この試合引き分けに終わりましたが、日本はワールドカップの本大会で記念すべき勝ち点をもぎ取ることができました!!ガッカリしている人もいるけれど、これは大変なことです。前回大会は3戦3敗だったことを考えると確実に進歩している!!

こんなことを話しながら帰り道。電車のホームは大変な混雑でした。

埼玉スタジアム2002 埼玉スタジアム2002

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です