ハロウィン開催中!!

NO.0145


東京ディズニーランド


東京ディズニーランド


視察日時 2002年 10月 5日


到着まで

通勤電車の中吊り広告を見ていると、「10月だけのスペシャル・・・」と書かれた広告が目に付いた。そう東京ディズニーランド(TDL)のハロウィン期間のことです。

キリスト教信者の方には重要なイベントですが、日本人&無信教の自分にとっては・・・でも“限定”と言う言葉には非常に弱くて、葛藤の末に早起きしてTDLに来てしまいました・・・まったく・・・。

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

こうした気合いの乗っていないときによく起こるのが“寝坊”・・・。8時に着くはずがグズグズしてしまって結局9時前に到着・・・。

ビックリするのがエントランス周りに全く人気がないこと・・・。チケット売場にも改札にも・・・もしかして今日は空いてるのか??

なぁ~んて淡い期待は園内に入った瞬間にうち消されてしまいました。いつもと変わらないTDLの雰囲気です。ワールドバザールに入ってくると写真を撮る人、バルーンを買う人、まだ朝の9時なのに既にお土産袋いっぱい抱えている人・・・さすがに世界一のレジャー施設ですね。

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

さて、ハロウィン期間には「スタンプラリー」が実施されているそうで、早速受付に急ぎます。いつもは周遊タクシーの乗り場として利用されているところが受付です。

受付に向かうと異様に長い列が・・・これが・・・ひょっとして・・・全部・・・そうスタンプラリーの受付待ちの列なのです。最後尾に向かうと・・・これがまたどんどん先に延びていく・・・。

やっとの思いで最後尾に追いついて列に並んで数十分。受付でスタンプラリーのカードを受け取りました。これで準備完了!!

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

いよいよハロウィンのTDLをチェック開始!!


ハロウィンの雰囲気

TDSの1周年の時と違うと感じるのが、TDLのハロウィンの場合は奥にはいるほどにハロウィンの雰囲気が増加してくる点ですね。

ワールドバザールの周囲ではバルーンがハロウィン仕様になっていたり、ショップのdhスプレイにハロウィンを意識したデコレーションがあったくらいなんですが、これが各ランドに入ると変わってきます。

特に大きく変わるのが「トゥーンタウン」です。

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

このエリアは完全にハロウィン一色。キャラクターの人形までもがハロウィン化してしまっているのは、良いんでしょうかねぇ??

さてさて肝心のスタンプラリーですが場内各所にスタンプ台が設置されています。スタンプをよく見るとディズニーキャラクターのスタンプになっています。これをカードの同じキャラクターに合わせて押していくわけですが、なんと最初のポイントで“グーフィー”のところに“プルート”のスタンプを押してしまって・・・あぁ~あぁ・・・。もう辞めた!!

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

せっかく時間をかけてゲットしたスタンプラリーもあっさりダメになってしまったところで、気を取り直して場内を回ってみます。

ハロウィンのためのデコレーションですが、とにかく徹底されています。ゴミ箱までハロウィン化していますので・・・

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

そして場内ではハロウィンのスタンプラリーを押すキャストや、キャンディーを配るキャストなどこの時期ならではの人達があちこちにいます。「Trick or Treat」と言うと「ハッピーハロウィン!!」と言ってキャンディーがもらえます。ただしこれは子供だけ。

おなじみのキャラクター達もこの時期はすっかりカボチャ人形と化しています。

これが各ランドで徹底的に展開されているのですから、凄まじいものがあります。さすがにディズニー・・・手は抜かないのです・・・。

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

場内のショーも全てハロウィン版に変更されています。でも一つずつをよく見ると、同じ踊りを繰り返しています。

そして「みんな一緒に!!」というかけ声で・・・。

実は昼のパレードもハロウィン限定の新しいモノに変わっているのですが、このパレードでダンサーがみんなと踊るダンスの振り付けで統一されています。

こうなるとパレードの時間には、みんなすっかり学習済みで、パレードではみんなで踊ってしまうわけです・・・うますぎる・・・。

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

こうしたハロウィン独自のモノは何もアトラクションやショーのエリアだけではありません。レストランにもハロウィン期間限定のメニューが登場しています。

その名も「パンプキンバーガー」形もなかなか凝っていて味もまずまず・・・これが売れる売れる・・・。思わず自分も買ってしまいましたからねぇ・・・。

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

とにかく、ハロウィンのことがわからなくても、ハロウィンを目一杯楽しめるようになっています。


いつものエリアの雰囲気

さてさていつものアトラクションなどはどうなっているんでしょうか?

興味津々で回っていると何と!!ジャングルクルーズが改装中でお休み・・・あぁ・・・楽しみにしてたのに・・・。

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

その他のアトラクションは普通に運営されているように思いきや・・・カルーセルには・・・なんと変わったゲストが乗っています。しかもこの方降りずにずっと乗っているでは・・・。

ハロウィンのデコレーションの前はどこもフォトスポット化しています。カップルで、家族で・・・一人で(と言う人はいない)・・・キャストの方もあちこちでフォトサービス中です。

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

とにかく、徹底されています・・・。全部ハロウィンなんです・・・。


感想

ハロウィンという行事はやはり日本人にはなじみがありません。でもTDLに来ると何となく外国の雰囲気を理解することができるような感じがします。

そしてこのハロウィンのショーで驚いたのが、振り付けは簡単にして「ゲスト参加型」を志向している点ですね。今までのディズニーのショーはどちらかと言えば「魅せる」タイプで真似するのはなかなか・・・と言うのが多かったんですが、今回のショーは私にも覚えられましたからねぇ・・・。

東京ディズニーランド東京ディズニーランド

これだけ徹底的に行うのに・・・開催期間はわずかに1ヶ月とは・・・いやぁ・・限定イベントもたまには良いもんです・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です