プールに来ました

No.0079


西武園プール


 

西武園


視察日時 2001年 8月 25日


到着まで

お盆を過ぎた頃から、首都圏は今までの暑さはいったい何だったのか?と思うくらいの陽気になってしまった。寒いまでは行かなくても涼しい・・・。しかも今週末は天気が怪しいとの予報を聞き、どうするか悩んでしまった・・・。

なんとか天気は持ちこたえそうであるが、さてどこに行くのか?と考えた末昨年のトリを飾った西武園プールに決定しました!

小生の自宅からは西武線をひたすら西へ・・・。西武園の駅まで約1時間の行程です。ゆっくり寝ながらの旅であります??

西武園西武園

西武園駅に到着したのは午後1時過ぎですが、人影はまばらです。確かに今日の天候では無理してプールに・・・と言う日ではないようですからしょうがないか?

西武園駅からは昨年同様歩いて、プールに向かいます。約10分の道のりですが、なだらかな登り坂・・・これは結構しんどい・・・。

と言うほどでもないのだが、楽ではない。しばらくすると看板が目に入りますが、付近には道路にも関わらず自転車が・・・どうやら「暗黙の駐輪場」と化しているようです。見て見ぬ振りなのか・・・小生の自宅近辺では、オジさん達に撤去されていることでしょう??

西武園西武園

車で来る場合ですが、駐車場も完備してありますのでご安心を・・・。但し、取り付いている道が非常に狭い(対面通行はできますが・・・)ので、混雑しているときには断られる可能性もあるので注意しましょう。

入口では駐車場の料金を払いますが、後は自力で場所を探します。従って頭から突っ込んで止めている車や、バックで入れている車など駐車場では不思議な光景が展開されています。

西武園西武園

さて、チケット販売ですが、こちらは極めてシンプルなブースが並んでいます。入口は遊園地利用とプール利用の二つに別れているので、自分の利用したい方のチケットブースでチケットを購入する必要があります。

もちろん今回はプール利用ですから、プール側のチケットブースでチケットを購入します。

西武園西武園

チケットを購入すると、後はゲートでチケットを見せるだけです。パンフレットはチケットチェックのブースにありますが、気を付けて見ていないと気が付きません。

遊園地側もプール側も配布しているパンフレットは同じです。今日は花火大会があるそうです。最も開始は20時ということなので、プールが終わってから居座らなくてはなりません。どうすべきか・・・とちょっと悩んだのですが今回はパス・・・。

西武園西武園

改札を抜けると遠くに、プールが見えてきます。昨年よりは隙間も見えますが、今年もなかなかの混雑です。

何はともあれ着替えなければ話が進みませんので、更衣ブースに向かいます。ロッカーの一部がテントの中にありそこでも着替えられるのですが、せっかく来たのですからちゃんとした建家の更衣ブースを利用します。

西武園西武園

更衣ブースなのですが、なぜか持ち主のいない衣類がゴロゴロ・・・。物置代わりに利用されているようです。この辺はスタッフによる巡回などでチェックして欲しいところですが、幸いにして一つ空きブースがあったので更衣は無事に終了。

ちなみにここにはドレッサーもあります。ちゃんとドライヤーも付いていますが5分100円です。

西武園西武園

着替えも終了したので、荷物をロッカーに入れましょう。4000以上のロッカーがありますが、全て屋外のテントの下に設置されています。ちなみに料金は300円、400円、500円の3段階です。コインロッカーなので、一度閉めたらお金は返ってきません。一人分のロッカーならば300円のロッカーで充分収まります。

それでは、プールに向かいましょう!


場内の構成

西武園のプールは非常にシンプルで、大きな造波プールと流水プールが一つずつ。それに子供用のプールが二つあります。

プールに向かうにはまず足洗とシャワーを浴びていきましょう。シャワーは足踏みボタンが付いていて、このボタンを踏んでいる間水が出ます。シャワー利用時に石鹸やシャンプーなどを利用しても特に文句は言われません。

西武園西武園

足洗は足を洗うというよりは、濡らすと言う感じで小さな子供が遊んだりしている意外はみなさんあまり目にかけないようです。

さて場内ですが、相変わらずの敷物天国です。所狭しとしかれているので歩く人は造波プールの水辺か、プールサイドにわずかに残る敷物の隙間をぬって行かなくてはなりません。なぜ、こんなに歩行者が肩身が狭いのか・・・?

西武園西武園

造波プールは水深が最大120センチで、常に波が出ています。監視員はイスに座った人と巡回している人とおり、イスに座っている人はメガホンに無線と装備がギッシリです。ちなみに造波プールは幼児の単独利用は禁止のため、一人で泳いでいる子供は注意されます。一人で泳がせている親も注意されますので・・・。

西武園西武園

水底確認は1時間に1回くらいのペースで行われており、確認中の10分くらいは岸に上げられてしまいます。時間は10分以上にはならないようで、特に混雑状態にはなっていません。もっとも造波プールなどは岸で子供が常に遊んでいる状態ですから、水底を確認するのは深いところだけなんですが・・・。

造波プールの横には、子供(乳幼児)用の小さなプールがあります。こちらは噴水を中心にしたすり鉢状のプールです。ここではビデオカメラ片手に我が子を追いかける親の姿がアチコチで見られます。

西武園西武園

すぐ横が休憩スペースのため、乳幼児連れの親子がたくさん陣取っています。もちろんビデオカメラも一緒に・・・。

子供プールを抜けて階段を登ると、流水プールに出てきます。こちらは水深100センチですが、どうも給水制限中らしく水が満タンに入っていません・・・。泳ごうにも手が水底に触ってしまってどうも・・・。と言いながらミッチリ泳いでしまったが・・・。

西武園西武園

流水プールはひょうたん型のコースレイアウトで、中央には子供用の浅いプールがあります。流水プールは浮き輪やボートの利用が認められていますが、この浅い子供プールでは利用できません。ちなみに噴水のある側の反対にはヨットがあるプールもあります。

西武園西武園

ちなみにこの流水プールのエリアもイスに座った監視員と巡回の監視員とできちんと監視されています。飛び込みや幼児の単独遊泳を注意する人が多くいました。最も怒鳴りつけるようなひどい人はいませんが・・・。

さて色々見ているうちに例によって、トイレに行きたくなってきました。トイレは足洗エリアがないのですが、水を常に流して洗うタイプのようです。

西武園西武園

西武園西武園

西武園西武園

どのトイレもきちんとトイレットペーパーがありますので、安心して用を足せます。

さて場内のサービス施設ですが、救護室が2箇所あるのが西武園の大きな特徴です。昨年来たときもそうでしたが、2箇所の救護室を行ったり来たりする看護婦さんがいます。施設の端から端なのでこれはなかなか大変です。

西武園西武園

流水プールのエリアは煉瓦調の床材質のため、サンダル履きだと滑って転ぶ人が多いようです。このときも擦り傷を治療している人がいました。


アトラクションとレンタル

場内でアトラクションと言えば、スライダーです。西武園のスライダーは全てチューブスライダーです。たかがスライダーとバカにしていましたが、これがなかなか楽しめます。ただ問題は浮き輪をゲットするまでに時間がかかることです。

スライダー自体は無料ですから、浮き輪を手放さないで何度も何度もコースを利用する人が多いとなかなか浮き輪がもらえません。このため利用待ちはかなりの列になってしまいます。

西武園西武園

それでも浮き輪さえ手に入れれば後はスライダーのエリアから出ない限りは使い放題です。6コース全て制覇してもOKです。ちなみに浮き輪は一人用と二人用があり、サインには万が一浮き輪から振り落とされた場合の滑走方法まで書いてあります。

もっとも振り落とされて人はいませんでしたが・・・。

西武園西武園

さて、このスライダーですが残念ながら万人にと言うわけにはいきません。身長120センチ以上の人しか利用できません。微妙な子供達には移動式のハイサインでチェックします。

西武園西武園

さて、レンタルですが西武園のレンタル品はちょっと寂しいものがあります。まずはシートですが2000円で1日有効のデッキチェアーだけ・・・。

西武園西武園

これ以外のレンタル品と言えば大型のフロートとボートこちらは時間貸しと1日貸しがありますが、残念ながら流水プールでしか使えないので、あまり売れ筋ではないようです。ちなみにフロートが1000円(時間)、ボートは700円(時間)です。

しかし、西武園のレンタルが劣っているわけではありません。ここならではのレンタルもあります。なんと貴重品を預かってくれます。

西武園西武園

造波プールと流水プールの両方にあるのですが、一回頼むと300円です。人に手渡すのはロッカーに入れるよりも微妙に安堵感があります。どちらも案内所なのですが、頼むと快く引き受けてくれます。でも利用者はあまりいません・・・。

利用者と言う意味ではここに設置されているコンプレッサーの方が人気があります。最近の遊具はみんな大きいので、コンプレッサーがないと一苦労です。

西武園西武園

余談ですが、車椅子を利用される方が流水プールを利用するときには、遊園地側をやや通り周りする必要があるようです。流水プールへは階段しかないので、いたしかたありませんが・・・。


飲食・物販

場内で食事を取るときには売店を利用します。造波プール、流水プールとも1店舗ずつはテーブルが用意されています。しかも購入時の整理用の待ち動線も床面に引かれていますが、残念ながら混雑していません・・・。

西武園西武園

さて、これらの店舗以外では、仮設のワゴンショップが大活躍です。ビールにジュース、アイスに焼きそばといろんなお店があります。

西武園西武園

ちなみに対応は全て現金です。ビールは冷えた生ビールまであるのが嬉しいところです。

さて物販施設は場内ではまず改札を入ったすぐの場所にあります。ここは水際の遊具を始め、ゴーグル、日よけ、水着と一通りのラインアップが揃っています。

西武園西武園

プールの奥に侵攻(?)してしまった人は、流水プールの横にある物販店舗が便利です。こちらも一通りのアイテムは完備していますので、安心です。

西武園西武園

ちなみに、こうした対人販売店舗の他に自販機も完備しています。ジュース、お茶、コーヒーとアルコール飲料以外は全て買えます。缶とペットボトルがありますので、好きな方を利用できます。缶を一つ買っておくと灰皿代わりになって便利です・・・?


感想

一年ぶりに来てみると、あまり変わっていない・・・という印象が最も強かったですねぇ。安定しているのか?割り切っているのか?なんとも判断は付きかねますが、とりあえず必要最低限のアイテムはしっかり抑えてあるのは、立派です。

第一印象が非常に薄い・・・のですが、行って見て損した気分にはなりませんでした。

全てが夏限定という割り切り思想のもとにできているようですが、良い意味での割り切りなのは助かりますねぇ・・・?果たして来年はどうなっているのか?

楽しみなような、不安なような・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です