久しぶり・・・結構変わっていた・・・

NO.213


大磯ロングビーチ


大磯ロングビーチ


視察日時 2004年 8月 1日


入場まで

よく考えてみると、2001年以来大磯ロングビーチに行っていなかった。非常にご無沙汰(?)の来訪となってしまったが、今年の夏は例年になく暑いので、さぞかし混雑しているのでは・・・?と思いつつ出発。

おなじみの大磯駅は、以前とは変わらないたたずまい、唯一変わっていたのは、掲示板に貼られていた前売り割引券の値段だけ・・・。

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

高くなっていたとはいえ、正価よりは1500円も安いのだから特に文句はないんですが、毎年、毎年、経費が高くなるのは困ったものです。

さてさて、駅前からはバスで向かうのですが、今日はバスもなかなかに混雑・・・。以前はバスはガラガラ・・という印象があったんですが、中高生が中心で年齢層が結構若いバス車内。もちろん、一人で向かう中年男性は自分だけ・・・。

バスは、大磯プリンスホテルをグルリと迂回して停留所へ。現在10時過ぎなのですが、駐車場はほぼ満車。
大磯ロングビーチはプリンスホテルの中のプールなので、プールだけ利用する人は専用駐車場へ・・・。しかし、こちらもほぼ満車。
ここに車で来る人は、朝は早起きした方が良いようです。

バスは駐車場の反対側にある、ボーリング場の入口に到着。
ロングビーチへはここから入場します。
チケット売り場もありますので、チケットはここでも買えるのですが、ココは正価の販売になります。
駅でゲットしておくと1500円の差・・・これは侮れません!!

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

建物の中に入ってまず感じる・・・涼しい・・・。

ゲームセンター、ボーリング場・・・と抜けていくといよいよロッカー室。それでは、行ってみましょう!!


ロッカー&レンタル

大磯ロングビーチのロッカールームと言えば、広いフローリングが印象的だったんですが、今年も変わりませんでした。
水の汚れなどもないし、清潔感があるので、この場所は結構良いですね。

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

大磯ロングビーチのロッカールームは男女共用。よって着替えは通路奥にある更衣室で行います。これだけのロッカーを持っている施設ですから、更衣室への案内も大きいし、更衣室の入口もかなり大きめ、わかりやすくて良いです。

でも、ちょっと困るのが更衣室内。

意外に狭い・・・それでテーブルがあるので混雑時はちょっとゴミゴミします。もっとも男性の場合着替えは結構早いのでなんてことはないと思いますが、女性の場合は大変そうですね。

さて肝心のロッカーなんですが、今年はあちこちで鍵開け自由のタイプのロッカーが増えているので、期待していたんですが、残念ながらここは以前と同じ。

一度鍵を閉めるとお金は二度と戻ってこない・・・。ちなみに1回300円。

帰る時間の話なんですが、更衣室はやはり満室で、ロッカールーム全体に人が溢れてきます。

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

ベンチもそこそこ用意されているのですが、当然こちらは満席。
清潔感溢れるフローリングも、この時間はベンチと化している状態。よく考えるとフローリングがきれいだからこそ座っても安心って言うことでもあるんですが・・・。

さて、レンタル品ですが受付は2カ所。ロッカー室内に1カ所と、プールエリアに1カ所。

大磯ロングビーチは人気があるのがデッキシート。2個セットのタイプはこの時間ですでにレンタル切れ。1万円に値上がりしたレンタルブースも盛況でほぼ満席の状態。とにかくレンタル品は非常によく売れるロングビーチです。

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

レンタルエリアが満席になれば、当然ながらパブリックエリアで陣地を確保するしかないわけで、プールの奥に進みます。
大磯ロングビーチはプールの奥が場所確保のための穴場スペースになっています。
朝寝坊した方は、到着後迷わずプールの奥へ向かってくださいね。


プールの構成

3年ぶりの来訪となりましが、プールのエリアは昔と大きな変わりはありませんでした。

スライダーは相変わらず盛況です。シングルタイプとペアタイプの二つで、コースも正直よくあるタイプなのですが、やはりプールに来るとスライダーは外せないようですね。しかも無料で利用できるというのが受けているみたいです。

このエリア、昔と変わっているとあえて言うのであれば、キューラインを整備するコーンが設置されたことくらいでしょうか?
ポールとチェーンなどで作るよりは、コーンを使って作るキューラインの方が、裸のゲストには安全と言えますね。

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

一方3年前はデビューしたばかりだった、「フローライダー」。こちらは、常連さんとも思える人達が増えてました。

以前は、皆さん一度飛び込んで水に飲まれておしまい・・・。という場合が多かったんですが、今は交代の声がかかるまでじっくり楽しんでいる人が増えました。
監視員のお仕事がその分増えてしまったようですね。

一人当たりの利用時間が伸びてしまったので、当然待ち時間も長くなります。
となると、素人的にはせっかく並んでも、一回の失敗で終わってしまうのでは・・・と敬遠したくなるようになってしまったようにも感じます。

続いてプール。おなじみ流れるプールは今日も健在。
大磯ロングビーチでは流れるプールのみ大型のフロートの利用が許可されています。

バナナやワニ、イルカやシャチなど様々なフロートが浮かんでいます。
そしてレンタルできる大型の浮き輪やボートなども・・・以前に比べるとフロート利用者が多くなっているようにも感じますが・・・。

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

一方、エリア奥にある造波プール。こちらも以前と同じ。プール自体は一番深いところでも160センチくらい。これに波が加わってちょうど自分の身長くらいですから、そこそこ楽しめるプールです。

こちらは波に漂うのを楽しむ人が多くて・・・波打ち際ではプールデビューのお子さんとビデオ片手のご両親・・・いつも見られる光景です。

この他にも、180センチの水深がある競泳プール。中央部が噴水になっている子供用プールなどいつものアイテムがあります。
競泳プールで久々に泳いでみましたが、寄る年波を感じるばかり・・・。鍛えないと・・・。

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

そして、大磯ロングビーチと言えば、おなじみの飛び込み台。今日も10メートルの落差から飛び込む“命知らず(?)”がたくさんいます。

この他にも、室内プール、幼児用プール、今までと大きな変わりはなくつかわれていました。
子供向けの競泳用のプールでは、12歳以下のレース大会が開催されていました。さすがにオリンピックイヤーです。

大磯ロングビーチ

プールは意外に体を冷やすものです、今日のように天気が良くても海沿いは風が強いので・・・。そんなときのためのジャグジー・・・。
相変わらずの大混雑で、ゆったりと入れるような雰囲気ではありませんでしたが・・・

大磯ロングビーチ


物販と飲食

大磯ロングビーチの飲食施設はプリンスホテルの飲食店舗が作っているので味はなかなかです。
他の施設だと、こうした“ちゃんとした(?)”食事ができるお店が1店舗くらいなのですが、ここは全店美味しいお店で外れがないのがありがたいです。

しかも、プール内にはピザーラやマクドナルドなど日頃、レジャー施設内ではなかなか見られない店舗も入っています。
マクドナルドなどは営業時間終了間際になるとタイムサービスなどもあるので、帰り際に狙う方が良いかもしれません。

そんな中、今年は人気があったのが「鉄板焼き」コーナー。とにかく良い匂いに釣られるってヤツでしょうか?美味しそうです・・・。

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

プールサイドでは「フルーツのカット売り」がありました。誰でも考えつきそうなアイデアなんですが、きちんとフルーツのデコレーションもあって、美味しそうです。

そして、大磯ロングビーチで定番ともなってきたビールの移動販売。缶ビールではなくて、樽生サーバー内蔵で生ビールを売っているのがここの特徴です。
銘柄も何種類かあるので、自分の好みで選べるのもありがたいサービスです。ワゴンに付いているのぼりで銘柄を見分けましょう。

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

物販ですが、こちらはロッカー室に一つ、ビーチサイドに一つの2カ所。

売っているものは定番品が多いのですが、おもしろいのがビーチサイドのお店にあった“ヘアゴム”・・・。
静電気防止・・・と書いてありましたが・・・水際で静電気・・・あるんでしょうか?

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

お値段はちょっとお高めで、お値打ち品はあまりないので、定番品は忘れないように揃えてから行った方が良いですよ。


感想

3年ぶりだったのですが、今までと大きく変わったところがない・・・と言うのが印象です。
でも、決してマンネリ感があったというわけではなくて、定番品で定番の楽しみ方ができたという点では満足です。

全く変わっていなかったと言うわけでもなくて、パフォーマンスの時間があったりと新企画も登場していました。

大磯ロングビーチ大磯ロングビーチ

強いて以前と比べての相違を述べるなら、飲食施設のサインがかなり充実してきました。

もともと、味には定評があった(と個人的には思っている)のですが、これをサインでしっかり告知することで、どんなものがあるのかよくわかるようになりました。
これだけ、小洒落た食べ物が多かった中で、他の施設でもありがちな食事で済ませてしまったのは・・・残念・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です