夏のプールシーズン満喫!!

NO.185


ラグナシア


ラグーナテンボス


視察日時 2003年 7月 26日


到着まで

中京圏のプール施設巡りもいよいよここが最後。今日は愛知県のラグーナ蒲郡のラグナシアへとやってきた。2002年オープンの施設だから、言うなればここは最新鋭の施設。春に来たときにはプールには入れなかったので、今日は満を持して・・・。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

JRの蒲郡かJRの三河大塚から直行のバスが出ています。「三河大塚駅を利用しましょう」という看板を立てて、利用をアピールしている三河大塚駅に敬意を払い、三河大塚駅から向かいましょう。

徒歩でも行けない距離ではありませんが、夏の炎天下に20分近く歩くのはちょっとしんどいので、ここは無難にシャトルバス(サンライズバス)に乗って向かうことに、バスは「ラグーナフェスティバルマーケット」に到着するので、ここから道路を横断する端を渡ると、ラグナシアです。

入口周りはとても造形がしっかりしています。何しろ地面まで壁面に合わせていますのでこの地域ではかなりテーマパークらしい施設です。

反面太陽の照り返しもかなりきついので、チケットブースの周りなど待ちが発生する場所には多数のパラソルが準備されています。でも暑いのはどうしようもないですねぇ・・・汗かき中年はすでに一汗かいてしまいました。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

さてさて、チケットは種類が豊富です。泳ぐ人泳がない人、アトラクション派の人などなどいろんなニーズに応えるチケットが発売されています。今日のメインはプールなので、プールとアトラクション乗り放題の“サマーパスポート”を購入。

何度も来れる距離に方は「年間パスポート」も売ってるので、初めてきたときに買うのも手ですね。かなり割安です。

チケットを買うと、チケットとともにもらえるのがリストバンド。どうやらこれがパスポートのようです。実は夏のシーズンでもプールに入らない人のためのチケットを売っているので、逆にプールに入る人を識別するためにリストバンドを使っているのです。

プールに入る人と、プールに入ってパスポートを使う人、パスポートだけ使う人と夏の期間はいろんな色のリストバンドを付けた人がいます。でもプールに入るときにリストバンドって日焼け跡が出るんですよねぇ・・・。

さぁ行ってみましょう!!


場内の構成

さて、改札を抜けると建物に囲まれた広場へ・・・ここはゼフィロス広場と呼ばれています。デジカメを片手に場内のお客さんに声をかけて写真を撮るサービスも展開中。

まずはプールに向かいたいので、ロッカーを探すことに・・・。ロッカーはちょっと離れているようで、ゼフィロス広場を抜けてそのままプールサイドに・・・暑い・・・っとならないように、実はゼフィロス広場に入ったら右側の通路に入ると、ショップが並ぶ通りを抜けてロッカーまで涼しく行けるのです。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

ロッカーの前まで来ると、カウンターから元気なご挨拶・・・。笑顔は他の施設より素晴らしいですねぇ・・・。続いてロッカールームに入ると・・・おぉ・・・清潔・・・。

ロッカーの中をモップで掃除して回るスタッフの方がいて、水ぬれも少ないし、ヌメヌメした感じもありません。空調がないのが残念ですねぇ・・・。

ラグナシアのロッカーは男女共用になっています。だからロッカー入口で「後でね」としなくてもOK!!一人で来た人も安心です??

ちなみにロッカールームに入って左奥が男性更衣室、右奥が女性更衣室になっています。もちろん更衣室内にもロッカーがあって、こちらは男性・女性で当然区分される。しかも更衣室内はロッカーが100円安い。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

ロッカーは鍵を何度も開け閉めできるタイプのコインロッカーなので、入れ忘れも安心。

さらにここでは場内でお金を使わずに買い物ができるプリペイドバンドも売っているのだ。お金を使わずにとは、あくまでも前払いしてと言う意味。あらかじめ必要金額をチャージしたバンドを付けておくと、後はレジでかざすだけ!!

さぁ準備も完了。早速場内を回ることに、ロッカーを出て右に回ると波のプールを通り過ぎてアトラクションが二つここは神殿棟と呼ばれるところ。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

アトラクションの間には、スライダーがある。階段をかなり上って行かないと出発地点にたどり着けない・・・日頃の不摂生が・・・辛い・・・。

神殿棟を抜けてロッカーの対岸に出るとステラパークと呼ばれるエリア。子供向けの遊具から、ミニコースターまでアトラクション派の方にはおすすめのエリアです。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

ステラパークを抜けると再び建物の中に入るとステージとアトラクションがあります。ラグナシアでも人気のシューティングライド「ファイアファイア」はここにあります。ちなみにこのシューティングライド、他の施設のと比べてかなり長くておもしろい。

そして再びゼフィロス広場に出てきます。ラグナシアの特筆すべきはこうしたアトラクションよりもショーが充実している点でしょう。中京圏はあまりショーが充実しているところはありませんので・・・。

まずは“噴水ショー”これは噴水が音楽に合わせて出てきます。ラクーアにもありますが、ラグナシアの噴水は規模が大きいのです。造波プールで泳ぐときには注意してくださいね。風向きによってはしぶきが・・・まぁこれも楽しむのが夏のプールですけど・・。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

造波プールの奥には、大道芸のパフォーマーがコミカルな演技を繰り広げる「トレジャーアイランドシアター」があります。このステージ、なかなかおもしろい・・・。とっても日本語がうまい外国人のコミカルなステージは要チェック!!

続いて、プールサイドにある屋外ステージで行われるミュージカルショー「VIVA PIAZZA」。ある日の広場の出来事をコミカルに描いたミュージカルショー・・・という案内を聞きながら待つこと10分あまり・・・。いいじゃないですかぁ・・・。これは必見!!

ラグーナテンボスラグーナテンボス

そして極めつけはこれ!!なんとプールの中からショーが見れるのです。流水プールの一部がショーステージに隣接していて、ダンスレビュー「BON VOYAGE」をプールの中から見ることができるのです。

水の流れに逆らって、体制をしっかり維持して見てください。流されちゃうと戻れませんからね・・・。

これだけではありません。夜になるとナイトショー「ウォーターファンタジー」さらに、時期によっては花火まで楽しめるのです。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

凄いですねぇ・・・。もちろんこうしたショーやアトラクションは水着のまま観覧および利用ができます。


プールの構成

今度はプールを見てみましょう。ラグナシアのプールは

  • 造波プール:ジョイアマーレの浜辺
  • 流水プール:ウロボロスの河
  • 遊泳プール:ルナポルト
  • 子供プール:ヤドカリさんの海

の4種類。まずはお約束なんですが、プールに入るときには必ずシャワーを浴びる用になっています。よってラグナシアはプールの周りをグルリと城壁のような壁が取り囲んでいます。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

さらにプール内にはデッキシートが散在していてすべて無料で利用できます。無料デッキシートはロッカーから離れた場所の方がゲットしやすいようで・・・。パッと見てあいていなかったら迷わずロッカーから奥に向かいましょう。

プールサイドはちょっと注意!!床面が濡れているところとそうでないところがあります。走るのは禁物です・・・。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

肝心のプールですが、さすがに新しい施設。プールがステンレス鋼板ですので非常にきれいです。水が青く見えるのは素晴らしい!!

ちなみにこのステンレス鋼板非常に保温性も高いようで、水温も高めで暖かい!!

ショー見て、泳いで・・・無料のデッキシートで昼寝という名の“爆睡”・・・。お金使わずにこんなに楽しんでしまっていいのだろうか??


飲食施設&物販施設

さていよいよおなかも空いてきたので、食事でも・・・。ラグナシアのレストランは4つ

  • ビュッフェバシレイヨン : がっちり食べたい方はこちらで・・・
  • シーメンズキッチン : 麺類はこのお店で・・・。
  • ステラカフェ : ちょっと入口から遠いけどここのバーガーは美味しい
  • ゼフィロスカフェ : 2階にひっそりたたずむここのコーヒーは美味しいです

今日はステラカフェを選んでみました。ステラカフェはその名の通り、ステラパークと呼ばれるアトラクションのエリアにあります。入口からはちょっと離れていますが、ここのバーガーは大きくて美味しいです。

ちなみに自分は食べられませんが、ソフトクリームもなかなかの味らしい・・・。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

この他にも、ちょっと小腹が空いたときのためのワゴンショップも充実しています。

さてラグナシアに来たら是非ともやっておきたいのが、ショップの並ぶ「ポルトストリート」にある“体験ミュージアム”。こちらも4種類あります

  • イリス布館 : 絞り染めと民族衣装を着ることができます
  • アネモス香り館 : 香水やアロマキャンドルなどを作れます
  • ノンニーノ茶館 : 紅茶や中国茶の試飲ができます
  • マラバル香辛館 : オリジナルのスパイスが作れます

今日は、ノンニーノ茶館にチャレンジ!!

中年一人という扱いにくいお客に対しても丁寧に説明しながらお茶を飲ませてくれます。日頃ガブガブ飲んでしまうお茶もたまにはこうしてちゃんと飲んでみるのも良いかもしれません。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

とまぁ・・・アトラクションやショー以外にも楽しめる施設があるんです。


感想

いろいろと楽しめる施設ですが、一日通して感じるのがスタッフが親切なこと。中京圏の他の施設と比べると非常に親切です。

プールあり、ショーあり、アトラクションあり、ミュージアムあり、もちろんレストランやショップもありますので、ここで一日遊ぶときには迷わず「サマーパスポート」といきたいところです。

ラグーナテンボスラグーナテンボス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です