子供の時以来の来訪でした

No.0016


向ヶ丘遊園


向ヶ丘遊園地

視察日時 1999年 8月 21日


入場まで

東京ディズニーランドができるまでは、小田急線の沿線の住民にとってレジャー施設と言えば向ヶ丘遊園地かよみうりランドでした。沿線の小中学校ではたいてい高学年になると、このどちらかが必ずルートに選ばれます。

と言うわけで小生も小学生のときにはよく行ったものですが、時は流れ30を過ぎて独身のうちに再び訪れることは子供のときには知る由もありませんでした。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

向ヶ丘遊園には小田急線の向ヶ丘遊園からモノレールで行きます。久しぶりに間近で見ましたが、昔とほとんど変わっていません。20年以上も同じモノレールが走っていると言うことでしょうか?

向ヶ丘遊園地

ゲートに付くと(ちなみにこの日は原付で行きました)、昼前と言うことでちらほらと来場者がいます。但し昔(自分が記憶していたような)混雑はありません。プールがあっても真夏の炎天下では来場者が多いことは無いと言うことでしょうか?ゲートもがら空きです。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

プールはゲートを抜けてエスカレータで登った中段にあります。久しぶりに乗ったエスカレータですが雰囲気は昔のままでした。ちなみに目線は30センチほど高くなっていますが・・・。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

プールの入口では入場時に買ったプール券を渡します。ちなみに入場料金は1,500円ですが、プールを利用する場合にはさらに300円で、合計1,800円必要になります。

更衣室は至ってシンプル。上が吹き抜けになっている部屋をカーテンで仕切っているだけです。さすがに男女間には板が張ってありますが・・・。ロッカーは全てコイン式で1回300円取られます。さらにこの先のエリアは土足禁止です。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

更衣ブースなどはありませんが、ドレッサーと有料(1回100円)のドライヤーがあります。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

更衣室の外には家族できた人のための大型ロッカー(500円)が並んでいます。さらにチケットカウンターの裏には本日の忘れ物が集まっています。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

ちなみにこの付近は物販の施設がいくつかあります。レンタルは一切ありません。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

場内はサンオイルは禁止ですが、グッズショップで売られているタイプなら言いそうです。ちなみに市販されているものと変わらず、何のために制限しているか少し疑問・・・?ショップのコーナーを抜けるといよいよプールのエリアです。強制的にシャワーを浴びせられますので気を付けて・・・

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

プール内にて

プール内にはいるとまずビックリするのが人の数です。所狭しと敷物で陣取りをしていて足の踏み場もありません。当然有料シートゾーンは全て売り切れです。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

プールの構成は流水プールが一つ、普通の遊泳プールが一つ、子供用のプールが一つ、そしてスライダーと言う構成です。スライダーは全部で3レーン。

流水プール

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

一周するのに10分くらいでしょうか?プールエリアをぐるりと取り囲んでいる流水プールです。水深は全て90センチで統一されているので大人が泳ぐとおなかをすります。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

流水プールは途中で橋が架かっていますので、頭上は注意しましょう。

遊泳プール

水深が140センチくらいです。長手の方で見ると25メートルくらいあります。基本的に泳ぐのが専門のプールですが、流水プールに行けるように一カ所通路ができています。

子供プール

子供用のプールと言うよりは、水たまりです。船の形をした乗り物でスライダーなどが付いています。子供が楽しそうに遊んでおり、親御さんは写真やビデオを回しています。水回りデビューにはもってこいの場所といえます。

向ヶ丘遊園地

スライダー

スライダーのあるプールは遊泳エリアから少し離れています。階段を上り詰めるとスライダーのエリアでここは比較的空いています。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

レーンは3レーンですが、特に激しいものなどはありません。ファミリー向けの施設ならではと言うよりは昔からあるスライダーと言った感じです。

飲食施設

飲食施設はプールエリアで2カ所、スライダーエリアに1カ所の3カ所あります。内容はファーストフードが中心で、飲み物はビール、コーラ等です。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

メニューをはじめとしたサイン類ですが、色があせていて読みづらいのが難点です。ビールはアサヒビールと提携していて、場内各所で「スタイニーボトル」で提供してくれます。プールエリアではドリンク類だけを売るドリンクスタンドも稼働しています。

向ヶ丘遊園地

ドリンク類ではジュース類より「水」がよく売れています。銘柄は「クリスタルカイザー」でした。

休憩コーナー

救護室の横には休憩コーナーがあり、ここはクーラーが効いていて涼しくなっています。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

休憩コーナーには長椅子の他、ゲームコーナーなどがあり水着のまま利用できます。煙草もここで吸えます。基本的に場内は禁煙ですが、守っている人はあまりいません。


遊園地ゾーン

プールでの滞在も飽きてきたので、プールを出て遊園地ゾーンに向かいましょう。先ほどはなした忘れ物のかごですが、さすがに増えていました。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

プールの入口を出たところにもアーケードゲームと子供用遊具があります。子供が網の中に入れられてちょっとかわいそうに見えますが・・・

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

遊園地エリアに向かうにはエスカレータをさらにもう1段登ります。山の頂上が遊園地ゾーンのエントランスです。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

暑いせいか、人影もまばらです。特に乗りたくなるようなものはないのですが、久しぶりに来たので一通り回ってみることにしました。以降写真でお楽しみ下さい。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地

ブースカランド

向ヶ丘遊園にはブースカランドと言うエリアがあります。これはかつて一世を風靡した怪獣ブースカのエリアと言うことです。怪獣ブースカを見たことある人はかなり少ないでしょうが、非常に人気の高いエリアです。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

内容的には子供の遊び場で、セサミプレイスによく似ています。ちょうど中ではブースカの登場の時間でした。

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地

プラレール王国

夏季限定のイベントです。プラレールと言えば子供の頃のよくやったものですが、未だに健在なんですねぇ・・・

向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地
向ヶ丘遊園地向ヶ丘遊園地

懐かしい反面、年齢を感じてしまうイベントでした。


最後に

小学生の高学年くらいになると家族での来場者はTDLに行ってしまいがちなので、向ヶ丘遊園をはじめとした遊園地ではそれより低い年齢層をターゲットにした来場者にあわせた作りになっているような気がします。

特に激しくなく、それでいて飽きさせない。そんなことを重点に置いた施設の遊具配置になっています。また1回の遊具の使用時間も5分程度ありました。

これが遊園地の生きる道を地で行く向ヶ丘遊園の今後の発展を願ってやみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です