炎天下のよみうりランドでした

No.0015


よみうりランドWAI


よみうりランド


視察日時 1999年 8月 8日


入場まで

1999年8月8日は快晴。自宅から読売ランドまでは原付で約20分である。近くのプールが良いのは海パンを履いたまま行けることです。

読売ランドは京王線の京王よみうりランド駅からスカイゲートで向かう方法と、小田急線のよみうりランド前からバスで向かう方法の2通りの行き方があります。今回はスカイゲート側から回ってみましょう。

よみうりランドよみうりランド

スカイゲートを利用しない車利用の方は、山を登り切ると駐車場です。

よみうりランドよみうりランド

私の愛車ロスマンズホンダDIOは原付なので駐輪場に留めてから来場です。メインエントランスは去年リニューアルされたばかりなので大変綺麗です。今までの小汚いゲートから一新されました。

よみうりランドよみうりランド

このリニューアルされたメインエントランスを通り越すと、よみうりランドプールWATER AMUSEMENT ISLAND「WAI」に到着します。こちらは昔からのゲートです・・・。

よみうりランド

今年のWAIはアメリカのアニメTVと提携した「カートゥーンプール」がテーマです。昔懐かしの「ケンケン」や「ブラック魔王」がキャラクターで登場します。今日は天候も良いこともあって大混雑!しかもみんな片手に割引券を持っています。なんと言っても読売グループが付いているのですから・・・。チケット購入の列に並びながら窓口を見渡すと、結構サインがたくさんあります。きっとクレームが付けられたものを一つづつ対応していったのでしょう。

よみうりランドよみうりランド

丁寧と言えば丁寧なんですが、ちょっとダサ~って感じです。このよみうりランドのプールは60歳以上の方を対象に「シルバー」料金が設定されています。どうやって確認するんでしょうか・・・?

よみうりランドよみうりランド

レジは特に新しいものと言う感じではありませんでした。ただチケットは印刷されて出てくるのでチケット券種を入力するときさえ間違えなければ、確実に発券できるシステムでした。やっと切符が買えたのでいよいよ入場です。はぁ暑い・・・

中にはいると、カートゥーンキャラクターが迎えてくれます。なぜか車が展示されているのですがちょっと邪魔です。

よみうりランドよみうりランド

そしてキャラクターの前には場内の注意事項を告知する掲示板があります。

よみうりランド

WAIはロッカー内の備品の利用と自販機以外は全てプリペイドカードによって販売されます。このカードはWAIカードと言われ、1,000円~10,000円まで販売されています。もちろん残金は払い戻しできますし、追加購入もできます。

よみうりランド よみうりランド

ロッカーはコインロッカーで男女の区別はありません。但し更衣ブースは左右に分かれています(まぁ当然の話ですが・・・)

よみうりランド

ロッカーは全て300円です。荷物を入れていよいよビーチへ・・・行く前にロッカー前の物販施設を見てみます。

物販施設は2店舗あり、売っているものはどちらもさほど変わりません。注目すべきはビーチサンダルです。片方は400円で、もう一方は390円で売っています(どちらもどう見ても去年の売れ残りのような気がするんですが・・・)。そのほか少し立派なサンダルになると1,500円位になるようです。

よみうりランドよみうりランド

さぁそれではいよいよビーチに行ってみましょう!


プール

まずは場内への通路の足洗です。サンダルごとズブズブ!と言ってもOK!です。個人的にはやはりプールに入る前にはこの足洗は必要だと思います。

よみうりランド

中に入ると「カートゥーンプール」と言うことでゴミ箱にもステッカーが貼ってあります。

プールを一通り見てみます。

よみうりランドよみうりランド

これはいわゆる普通の遊泳用プール。中央部の水深は140センチです。監視員が奥が深くなっていることを盛んにアピールしています。

よみうりランドよみうりランド

こちらは子供用のプール「せせらぎ」。子供とその両親のためのプールと言うこともあり右の表のように持ち込めるものも制限があります。

よみうりランドよみうりランド

こちらは造波プール。特設ステージにはキャラクターが置いてありますが、特に何かイベント・・・と言うことはありませんでした。

よみうりランド

こちらは流水プールです。今年から右のような浮き輪がたくさん浮かべてあって自由に使えます。しかも告知もされています。

よみうりランド

こちらは飛び込み専用プール。2種類の飛び込み台から好きなように飛び込めます。監視員も結構あおってくれて楽しいプールです。


アトラクション

アトラクションはボディスライダーが2種類、チューブスライダーが1種類、そしてビューンというアトラクションがあります。

よみうりランド

これはボディースライダー、直線的なコースと曲線的なコースの2種類のスライダーが用意されています。手前の椅子の前に立っているのが監視員です。両方のコースを監視しています。

よみうりランドよみうりランド

こちらはジャイアントスカイリバーの乗り場。いわゆるチューブスライダーです。1回500円でこのときは30分待ちでした。

よみうりランドよみうりランド

これは97年からできた「ビューン」です。なんとスカイリバーの出発地点と同じ高さからロープに掴まってプール内を縦断するという結構ハードなアトラクション。体に安全装置を付けたりするので5分に1回くらいしかできないのですが、やっている人はかなり絶叫です。終点もかなりバウンドするようで、ちょっとおじさんにはつらいアトラクションかもしれません・・・。

この他にもアトラクションは遊園地内にたくさんあります。履き物とTシャツを着ていることと、遊園地でも遊べるパスポート券を購入していれば、遊園地側にも行くことができます。

よみうりランド よみうりランド

感想

3時間程度のインパークになりましたが、あまりお金を使うことはありませんでした(まぁ一人で来たんだし・・・)。結局2,000円分のプリペイドカードは550円のビール代のみ引かれました。

飲食施設に関してはここもやはり暖かい飲み物をメニューで残しています。

よみうりランド

サマーランドでも感じたことですが、結構泳いでみると体が冷えて暖かいものが欲しくなります。飲食施設では定番のカレーとラーメンもきちんと置いてありました。おでんはなかったですが・・・

場内の設備では告知のサインボードが至るところにあることがよく目に付きます。これだと足を引っかけたりして怪我のもとになるのでは・・・と思うほどです。

家族で来るには十分楽しめるところですが、ウォーターパークという括りで見るのはちょっと無理がある施設ではないでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です