閉園決定のニュースを聞いて来ました

No.0097


向ヶ丘遊園


向ヶ丘遊園


視察日時 2001年 10月 22日


到着まで

とある日に新聞に目を通していたら大変な記事を発見。「向ヶ丘遊園来年で閉園」。なんと幼少期のレジャーを支えてきた向ヶ丘遊園が閉園になってしまうとのこと。

75年前に生まれた歴史あるこの施設も、時代の流れには勝てないのか・・・?非常に悲しいものがありますが、こんなときこそ施設の様子を確認しなくては、視察人の名が泣きます。

早速施設に向かうことにしました。小田急線の向ヶ丘遊園駅からいつものようにモノレールで・・・と思ったのですが、なんとモノレールは今年の2月で廃線に・・・。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

今年の夏に来たときには車だったので、気がつきませんでした・・・なんたる不覚・・・。

で結局駅から歩いて施設に向かうことになったのですが、悲しいかな駅から10分程度の距離なのに駅には全く案内がありません。

道順はわかっているので歩いてみると、それはそれで、向ヶ丘遊園に向かう人は結構います。どこでもなくなることがわかると、客足が増えてしまうようです。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

施設の手前まで来ると、駐車場が見えてきます。

駐車場は入口で料金は先払い。場内の各所に第1から第5駐車場までありますので、開いているところに向かって駐車します。場所によっては施設の反対側になるので、注意しましょう。

さて歩いてきた小生ですが、エントランスは昔ながらの雰囲気をそのまま残しております。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

チケット売場は3ブースあります。団体用が1ブースで、一般用には2ブースの対応です。チケットは入場券の他に、フリーパスがあります。こちらはリストチケットになっていて、改札で腕に巻いてくれます。

非常に寂しいのが、スタッフがあまり声をかけてくれないことです。「今日は!!」くらいは言って欲しいのですが・・・。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

ちなみに、フリーパスは出口では、はさみで切り取って回収となります。

では中に入りましょう!!


場内の構成

改札を抜けるとちょっとした広場になっています。ここから階段もしくはエレベーターで山の頂上まで登ります。

テーパパークと比較すると、こうしていきなり壁(山)があって中がどうなっているか?とか目的のアトラクションはどこにあるか?を確認できないことは非常に辛いものがあります。

昔は「とにかく山の上に出てから・・・」と思っていましたが、色々施設を見てみるとエントランスからアトラクションのエリアはできるだけ平坦な道ので行きたいものです。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

地形上のことなので、どうすることもできませんが、まずは山の頂上に登ります。階段で・・・はさすがにこの歳になると辛いので、右端にあるエスカレーターを利用します。

階段の途中に「花時計」があるのですが、エスカレーターだとここを通過してしまいます。踊り場を作ってくれれば、記念撮影などができるのですが・・・。

エスカレータの最初の踊り場はプールの入口。来年はここにも来れないのか?と思うと非常に複雑な心境です。

エスカレータを登りきったところは、「センタープラザ」と呼ばれており、ここから左に行くとアトラクションのエリア、右に行くと「花壇」のエリアです。

向ヶ丘遊園は地元の人には「フラワーパーク」等とも呼ばれており、四季折々の花が観賞できるのです。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

センタプラザにはステージショーのエリアがあり、ちょうど「ウルトラヒーローショー」の真っ最中。しかし舞台の袖が丸出しで・・・。

ウルトラマンが舞台の袖をくぐって出てくるのが見えてしまうのはちょっと悲しい・・・。ウルトラマンは「正義の巨人」なんですから・・・。

さて各エリアをチェックする前に、トイレを見ておきましょう。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

トイレはとても清潔です。トイレのサインが小さいので、ちょっと見つけづらいのが難点ですが・・・。


アトラクションエリア

センタープラザから左に進むとアトラクションのエリアです。センタープラザでもっとアトラクションのエリアを告知すればよくわかるのですが、サインはあまりありません・・・。

アトラクションのエリアは上下2段になっていて、途中に「ブースカランド」という子供専用の広場があります。まずは上段の方から見ていきます。

上段は幼児向けのエリアです。バッテリーカーやマメ汽車などのアトラクションがあります。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

この隣には、確かに身長制限はないのですが、子供にはちょっと辛い「お化け屋敷」があります。

人がいないお化け屋敷は確かに怖いのですが・・・。お化け屋敷の隣には回転ボートがあります。スピードはそんなにでないもので、子供の喜ぶ姿を撮影するご両親の姿が目立ちます。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

このエリアには、コースターがあります。一つはミニコースター「キディシャトル」。もう一つはローラーコースター「ディオス」です。

キディシャトルは、コースターをロープで引っ張り上げて、後は振り子の原理で行き来するアトラクションです。ブランコをコースターで作るとこうなるのでしょう。

ディオスはいわゆるジェットコースターです。ものすごく回転したり・・・と言うことはありません。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

さて下段の方を見てみましょう。こちらには遊園地でおなじみの「アーケードゲーム」があります。1回200円くらいで楽しめるのですが、スタッフの方があまりMCを行わないので、お客さんもお金を払って無言で楽しんでいます・・・。

アーケードゲームの横にはコーヒーカップがあります。こちらはご家族みんなでご利用の様子です。回しすぎてビデオを持てなくなっている方もおりますが・・・。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

その隣には、ウォーターシュートのあるライド「アドベンチャーコースター」こちらはこの遊園地で最も激しいスリルライドの一つです。

さすがに人気があります。でも10分くらい待てば乗れるようですが・・・。

アドベンチャーコースターと通路を挟んで反対にあるのが、フラワートレインです。これは豆SLがお客さんを乗せた車両を引っ張ります。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

この先には、フローラルダンスとワイルドグースというともに回転して楽しむアトラクションがあります。かなり年期が入っているようで、屋根には汚れがこびりついています。

中を見るときれいなんですが、こうした屋根とかを見てしまうと、「古くさい」という印象を持ってしまいます。テーマパークほど徹底した清掃は行っていないからなんでしょうけど、ちょっと寂しいですねぇ・・・。

この隣はメリーゴーランドです。こちらは子供にも人気ですし、ビデオを回すご両親にも大人気です。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

下段のアトラクションはこのくらいです。

で、上段と下段を結ぶエリアにある「ブースカランド」です。こちらは子供に大人気。乗り物に乗るよりは自由に遊具で遊ぶものの方が好かれているようです。

このエリアは大人は付き添いとして入場できます。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

怪獣ブースカなんて今の子供はもちろん知らないのでは・・・実は小生が生まれた年に放映されたのですから・・・。

「シオシオノパァ」なんて今でも使う人がいますが、これがブースカの得意の言葉なんです。

ちなみに滑り台などの他に、「ブースカサイクル」という空中サイクルもあります。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

ブースカサイクルの先には、定番の観覧車もあります。


花のエリア

向ヶ丘遊園には子供を連れていない方もたくさん来ます。もっとも小生のように視察目的で一人で来る人は殆どいません・・・。

実はこの遊園地は花壇が有名で、四季折々の花を見に来る人が結構いるのです。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

温室に向かう通路には左右にきれいな花がたくさん咲いています。大きなレンズを付けたカメラで接写する人、花をバックに記念写真の撮る人・・・楽しみ方は様々です。

この施設の一番奥には、温室があります。温室には鉢植えのコンテストの入賞作品が並べられています。花の種や鉢などの購入もできます。

残念なのが動線がめちゃくちゃで、通路の行き来が大変なことです。一応順路はあるのですが、影になる場所にありよく見えないのです。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

ちなみに、こうした花などの自然の景色をアトラクションで楽しみたい人のために、池にスワンボートがあります。これがなかなか人気が高くて、乗るまでに20分くらい待たされます。

さらに花を見ながら食事を・・・という人には芝生の広場もあります。「ピクニックガーデン」と呼ばれています。今日はあまり使っている人がいませんが・・・。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

花壇はこれだけではありません。「バラ苑」もあります。こちらはバラがたくさん植えてあり、年齢層が高い方の人気スポットとなっています。

しかし、小生は全くこの手の芸術が理解できないので、上から見ただけで充分・・・ごちそうさまでした。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

バラ苑と花壇の境には小田急電鉄の資料館もあります。模型の電車が走っていたり、小田急の特急ロマンスカーのシートが展示されていたりとマニアにはたまらないエリアです。

登ったり降りたりと起伏が激しいのですが、疲れに見合うものには出会えるようです。


物販と飲食

場内の物販施設は、センタープラザに集中しています。お土産に楽焼きの体験コーナーなんかもあります。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

これ以外の物販ショップは、エントランス付近にあります。

こちらはお土産と、花の鉢植えの販売などがあります。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

飲食施設は、センタープラザに大きな喫食エリアがあります。こちらはテイクアウト方式です。場内のテーブルを利用します。

センタープラザの横には、カフェもあります。コーヒーを屋内でゆっくり飲みたい人や、休憩に利用する人が多くなっています。室内は禁煙なので、喫煙をしたい人は外の座席でどうぞ!

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

この他には、アトラクションのエリアにもテイクアウトコーナーがあります。メニューはセンタープラザと殆ど同じです。カレー、ラーメン、焼きそば・・・。定番メニューは何でも揃っています。

ちなみにアルコール類もあります。歩き回った後のビールは格別です・・・。

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

このエリアの喫食スペースがちょっと残念なのが、地面が傾斜しているエリアであることです。微妙にテーブルが傾いてしまうのです。

もちろん、ひっくり返るような傾斜ではないのですが、ちょっと不安で・・・

向ヶ丘遊園向ヶ丘遊園

この他には、本格的な手打ちそばのお店があります。このお店に行くときも山を登らないと行けないのが・・・辛い・・・。


感想

閉園になってしまうことは非常に残念です・・・。なんとかできないのかなぁ・・・と思う反面、確かに仕方ないか?とも思えるところもあります。

この施設の最大の弱点は「起伏の激しさ」でしょう。各エリアに移動するときにはかなりの高さを移動することになります。

アトラクションの中で上下するのはあまり気になる人はいませんが、いわゆるパブリックスペースはあまり上下動が激しいと疲れて滞留時間と滞留範囲が狭まってしまいます。

お茶するのに坂を上り、花壇を見るのに階段を登り・・・これがうまく克服できれば良いのですが・・・。

残りも短い期間となりましたが、是非もう一度来たいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です