101回目の視察できました

No.0116


東京ディズニーシー


 

東京ディズニーシー


視察日時 2001年 12月 2日


到着まで

昨日で100箇所をクリアした。BUT視察は続く。今日はTDLのお隣東京ディズニーシー(以降TDS)に向かいます。

TDSはプレオープンのときに行って以来なので、今年は2回目。あのときはやたらと暑かったのですが、今日は寒い・・・。

舞浜までは昨日と同じ経路を使って到着。ここでTDLとTDSに別れるのですが、今日はTDLに向かう人の方がやや多く見える気がします。今日はモノレールでTDS駅に・・・

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

モノレールは「空いている!?」と思ったのですが、オフィシャルホテルのある駅で大量に乗り込まれて以降は大混雑・・・。

結局半数はTDSで降りているように感じます。さてここで改札を出ようとすると改札がピンポン!「んんっ??」早速係員が飛んできましたが、原因不明のようで「失礼しました」と一言。

一体なんだったんだ!?

駅を出るとTDSのチケットブースが鎮座しております。TDSのゲートはモノレールの駅の両サイドに配置されています。パーク内に向かって左側は駐車場からの入口でもあるので、もし混雑しているようだったらモノレール利用の方は右側から回るのがお奨め。

ちなみに駐車場は平地の他に、立体駐車場もあります。しかし、こちら出るときは大変のようです。とある情報ではTDLの駐車場に停めてモノレールでTDS駅から来るのが一番良いという噂まであります。ことの真意は・・・?

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

さてチケットブースまで来て、またしても「んんっ?」となります。非常に空いている。ビックリするくらい人がいません。

チケットブースは両サイドに16ブースずつありますが、殆どが人が並んでいない状態。大丈夫かなぁ??他人事ながら心配になります。

個人対応のブースがこの状態なので、団体ブースはもっと閑散としています。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

昨日、2DAYパスポートを買ったので今日はチケットを購入する必要はありません。早速改札に行くとここは何人か人がいて一安心。

しかし、一般客に大丈夫?と思わせてしまう当たり普段の混雑がいかに浸透しているか・・・と言う感じがしますが、こう思うのは自分だけ??

改札に着くと「今日は!!」といつもの元気な声。しかし服装を見ても寒そう・・・。今日は本当に寒いのです・・・。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

そして今日もアンケートの集計中のようで、早速キャッチされている方もいます。自分にもと思うのですが、あまりサンプルとしては役に立たないようで・・・?

では早速回りましょう!!


場内の構成

TDSはエントランスから奥に向かって7つのエリアに別れています。その7つは

  • メディテレーニアンハーバー
  • アメリカンウォーターフロント
  • ポートディスカバリー
  • ミステリアスアイランド
  • ロストリバーデルタ
  • マーメイドラグーン
  • アラビアンコースト

です。これにホテルミラコスタを加えると全部で8つのエリアがあります。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

できたばかりと言うこともあるようで、TDLでは見られない「園内MAP」があったりします。

TDLよりは一回り小さい規模ですが、それでもグルリと回ると2時間は悠にかかり、さらにTDLと比べて起伏が激しいので、お子さま連れの方はベビーカーは必需品と言えるでしょう。もちろん電動カートや車椅子もあります。これらは入口入って左端のレンタル所で借りることができます。

TDLではどんどん人が来て借りていく光景が見られましたが、今日はそれほどではないようです。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

そしてTDSで人と待ち合わせるのであれば、改札抜けたすぐの場所にあるTDSのシンボル「アクアスフィア」がお奨めです。

アクアスフィアはフォトスポットにもなっていて、子供など背が低くてフレームに入らないことを考慮して、なんとお立ち台まで用意されています。

家族、カップル等々様々なグループがここで記念写真を撮影中です。一人で来ると寂しいのはまさにこの瞬間・・・。

さて、気分を取り直してまずはトイレに・・・新しいとやっぱり気分がいいですよね。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

では、一つずつ見ていきましょう!!


メディテレーニアンハーバー

改札を抜けてから最初に出くわすのがこのエリアです。いわゆる「港町」の雰囲気をかもし出しているエリアです。

石造り調の壁面が並ぶ建物にはいろんなレストランや物販のお店が入っています。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

建物をくぐると、その先には港が見えてきます。そして向こうには火山も見えてきます。

ここまで来ると右側はホテルミラコスタの入口やベビーセンターや遺失物管理所などがあり、左にはショップとアメリカンウォーターフロントに向かう通りになっています。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

このエリアにあるアトラクションは、「ヴェネツィアン・ゴンドラ」。ハーバー周辺の運河をカンツォーネを唄いながら流してくれるというノンビリできるアトラクションです。

アトラクションというよりは本当の川下りまでしてしまった方が楽しいような気もしますが・・・。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

TDLのワールドバザールのエリアはTDSではこんな風になってしまうのですねぇ・・・。

次いって見ましょう!!


アメリカンウォーターフロント

続いてやってきたのがアメリカンウォーターフロントです。メディテレーニアンハーバーはどちらかというとヨーロッパっぽい雰囲気なんですが、こちらはアメリカの港。

これからヨーロッパに向けて出発しようとしている港の風情です。街並みも先ほどの石造り調とはちょっと変わっています。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

こちらには、アトラクションではブロードウェイのミュージカルを体験できる「アンコール」があります。こちらは本格的なミュージカルシアターなんですが、ミュージカルがわからない自分にはちょっと無理がありました・・・。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

そうした意味でわかりやすいのは「エレクトリックレールウェイ」。簡単に言うと電車なんですが、これまた微妙なカーブでのレールと車輪の摩擦音など非常に凝った作りです。

この電車に乗ると、次のエリアポートディスカバリーまでは約5分です。

ウォーターフロントと言うくらいですから、こちらにはちゃんとした船もあります。この船は「SSコロンビア号」と言って、これからヨーロッパに処女航海に出発します。その逆になると氷山にぶつかって沈没したあの船になってしまうので・・・ご注意・・・。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

当然、処女航海に出る前には楽しいショーがあるわけで、1日に3回「セイルアウェイ」というショーがあります。こちらは事前に申し込むとショーに出演することもできるのです。

ミッキーやミニーと競演できるのはここだけです。

今日はクリスマスシーズンと言うこともあり、巨大なツリーが飾られています。もちろんその前では記念写真を撮っている人がたくさん!!その記念写真を撮る人たちを撮っているのが若干1名・・・!?

SSコロンビア号の船内はちょっとした展示コーナーとレストランになっています。このレストラン中でビールが飲める「良い」レストランです。ちょっと高いんですけどね・・・。

この他にもタクシーで場内を回ってくれる「ビックシティ・ヴィークル」なんていうのもあります。一人で乗って、「渋谷南口まで」って言えるわけないのでパス・・・。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

このあたりはハーバーから来る風と、パークの外(海)から来る風で寒い・・・。冬場は重装備で行きましょう!!


ポートディスカバリー

アメリカンウォーターフロントを抜けて海沿いに進むと、「未来のマリーナ」ポートディスカバリーが見えてきます。

但し遠くに見えるので、根気よく歩いてきましょう。地面の色が変わってきたらポートディスカバリーです。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

こちらは未来を名乗るだけあって、今までのエリアとはちょっと違った雰囲気です。

このエリアのアトラクションは最初に見えるのが、「アクアトピア」。水の上でコーヒーカップをやったらどうなるか?と言う感じのアトラクションです。

並び列は2列に別れます。右列と左列ではコースが違うので、何度も乗って両方楽しんでみてもおもしろいアトラクションです。ちなみにコースは他の来場者から丸見えなので、一人で乗るにはかなり勇気のいるアトラクションです。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

そしてこのエリアには一番のお気に入りアトラクション「ストームライダー」があります。これはシミュレーションシアターと言うタイプのアトラクションですが、これがまた楽しいことこの上なし。TDSでは一番です。

ストーリーはこの研究所で開発された台風消滅ミサイルを搭載した乗り物「ストームライダー」に乗り込んで、台風消滅のミッションに参加します。

最初は穏やかなミッションでしたが、やがて・・・後は行ってのお楽しみ!!

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

この他にも、未来の潜水艇らしき乗り物があったり、不思議なマーチングバンドが出てきたりと趣向も近未来でやや理解に苦しむものもあります。

もちろんエレクトリックレイルウェイの駅もあります。アメリカンウォーターフロントではバッチリ合うのですが、こちらに来るとちょっと違和感のある車体です。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

続いて行きましょう!!


ロストリバーデルタ

ポートディスカバリーを過ぎると、今度は古代遺跡に遭遇します。この先はロストリバーデルタと呼ばれるエリアで、おなじみのアトラクション「インディジョーンズアドベンチャー」があります。このエリアは他には「ミスティックリズム」というショーがありますが、エリアで2つしかアトラクションがありません。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

遺跡の前ではみなさん記念撮影中で、これがまた大混雑。

肝心のインディージョーンズアドベンチャーも100分待ちの状態で大混雑です。このアトラクションはファストパスをゲットしておくのが得策です。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

さてこのエリアでは、ストリートパフォーマンスが色々あります。突然出てきてみんなを驚かせる「サル」がいたり、インディアンとも首刈り族とも思えるような不思議なダンスチームが出てきたりします。

ちなみにあまりにも飛び出しが激しいので、みんな遠巻きに見ていると「もう少し傍でどうぞ」というキャストの声が・・・。だったら最初から・・・!?

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

このエリアには「ユカタン・ベースグリル・キャンプ」というレストランがあります。ここは結構空いているので、昼飯時にはお奨めの場所ですね。

メニューも結構お腹にたまるものが多いし・・・でもビールが・・・。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー


アラビアンコースト

ロストリバーデルタを抜けると一転して砂漠の雰囲気になります。このエリアはアラビアンコーストと言います。ロストリバーデルタからはエリアの反対側から入ることになりますが、まず最初に見えてくるのが「シンドバット・セブン・ボヤッジ」です。

有名なシンドバットの7つの冒険をモチーフにしたアトラクションで、TDLで言えば「スモールワールド」と同じようなアトラクションです。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

そして、アラビアンコーストを進んでいくと、大きな宮殿風の建物にぶつかります。

この中には「マジックランプシアター」と2階建てのカルーセルがあります。しかしカルーセルを2層にしてしまうなんて・・・。

ちなみにこの中で混雑が最も激しいのが、マジックランプシアター。このときも1時間待ちでした・・・。見たかったのに残念・・・。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

さすがにアラビアをイメージしたエリアなので、ショップも不思議な形をしたツボがあったり、空を飛べるような雰囲気がする絨毯を売っていたり・・・何ともおもしろいエリアです。

レストランはもちろんカレーショップです。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

あまり人気がないエリアという噂もあるんですが、なかなか楽しめると思うのですが・・・。


マーメイドラグーン

マーメイドラグーンはロストリバーデルタとアラビアンコースト、それぞれの対岸にあります。屋外に2アトラクション、屋内にはシアターと3つのアトラクションを備えているエリアです。

屋外のアトラクションは子供向けのコースターが2つ。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

TDSのアトラクションは激しいものが多いので、こうした子供用のアトラクションはこのマーメイドラグーンに集中しています。

さて屋内のエリアですが、こちらは「トリトンキングダム」と名付けられています。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

中に入ってビックリするのが、その造形の豪華さ。海底を意識した作りのため天井部は海の中の雰囲気を出すような作りになっています。

さらに場内には3つのアトラクションと2つのプレイエリア、さらにはマーメイドラグーンシアターがあります。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

さらにはショップとレストランもあるのですが、こちらもショップが魚のお腹だったりと凝りまくっています。

ただ場内がちょっとくらいので、デジカメではうまく写らないのが残念です。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

とにかく、子供(女の子)は一度入ったらなかなか出ない魔のエリアです(!?)。


ミステリアスアイランド

最後になりましたが、火山のあるエリアが「ミステリアスアイランド」です。ここは火山による窪地の中に2つのアトラクションがあります。

まずは有名なSF小説「海底20000マイル」を題材にして作ったアトラクション。その名も「海底20000マイル」。このアトラクションはキューエリアがパブリックエリアをまたぐというディズニーのアトラクションでは非常におもしろいキューエリアを持っています。

もちろんキューエリアのコントロールは絶妙ですが、誰が間違えてしまったんでしょうかねぇ・・・?

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

このアトラクションは終わってからも、地上に出てくるのに時間がかかるので、トイレは先に済ませておかないと大変なことになります(体験者談)。

もう一つは、地球の中心を見てみよう!!という勇敢なアトラクション「センター・オブ・ジ・アース」。こちらはインディージョーンズアドベンチャーと双璧の人気アトラクションで、こちらも常に100分近く待たされます。もちろんファストパス対応アトラクションですから早めにゲットしましょう。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

火山の中央部にアトラクションがありますが、火山の外には海賊のお城があります。

ディズニー流の「ワン・ピース」ってところでしょうか?昼の海を利用したショーの船を中心に見たい人はここから見るのがお奨めです。

ダンサーのダンスはちょっと見えないのが難点ですが・・・?

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

アトラクション全開のミステリアスアイランドです。


感想

TDLと比較するとTDSはアトラクションが中心のパークです。これからはショーのTDL、アトラクションのTDSという流れになるのでしょうか??

パレードもあるのですが海を利用するため、TDLのパレードのような迫力を感じないのも事実でした(残念・・・)。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

場内は思った以上に起伏が激しいので、歩き回ると結構疲れます。階段や坂の途中にお店などがあればと思うのですが・・・あまりない・・・。

アトラクションはTDLができて以降に公開された映画をモチーフにしているものが多いので、この点はUSJに近い感じがします。TDSの方が男っぽいパークと言えるでしょうか!?

まだオープンしてから3ヶ月ですから、これからアレコレ変わっていくと思います。世界で一つの「ディズニー・シー」です。まだ産みの苦しみ段階から少し抜け出たくらいなのでしょうか?

今後の発展を期待したいと思います。視察200回目はここかなぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です