オープン日に来ました。

No.0158


ふるるガーデン八千代


ふるるガーデン八千代


視察日時 2002年11月24日


場内の構成

先日カラフルタウンというショッピングモールに行ったときに、イトーヨーカドーとトヨタの凄いコラボレーションを見てきた。このイトーヨーカドーをキーテナントにした新しいショッピングモールが千葉にできるらしい・・・その名は「ふるるガーデン八千代」。

電車の広告を発見後、直ちにチェックして行くことに・・・。自宅から車を飛ばすこと2時間近く・・・。途中で「ぷらら」なる同様な施設に惑わされながらもなんとか近くまで到着。

ふるるガーデン八千代ふるるガーデン八千代

なんとか近くまで来たのだが、今度は駐車場探し・・・とにかく空きがなく、指示に任せて臨時駐車場へ向かうことに・・・明らかに宅地造成中の場所の中に忽然と臨時駐車場が現れた。何年かするとこのあたりは家が建ち並んでしまうんだろうなぁ・・・等と思いながらやっと到着。

臨時駐車場の場所はちょうど施設のメイン入口の反対側。ふるるガーデン八千代は国道16号線に面したところにあるのですが、16号線に面した場所はかなりの凝った作りになっています。

ふるるガーデン八千代ふるるガーデン八千代

とまぁせっかく来たのでまずは施設の周りを一回り・・・ショッピングモールについてこんな味方する人はたぶん・・・自分だけ?

さてさてふるるガーデン八千代の作りですが、イトーヨーカドーの入っている建物と、本来のショッピングモールになっている建物の二棟がペデストリアンデッキでつながっている構造です。

ショッピングモールとしてはよくある作りのようですが、見ているとヨーカドーの方には自転車がたくさん並んでいます。ヨーカドーは晩ご飯のお買い物の施設のようです。

ふるるガーデン八千代ふるるガーデン八千代

ではまずは専門店モールの方からチェックしましょう。この施設も原則としては写真撮影禁止です。中は大きな吹き抜け空間があり、フロアは1階と2階の2層。その上は駐車場になっています。カラフルタウンとよく似ていますが・・・カラフルタウンは完全に屋内だったのですがこちらは1階がオープンエアーになっています。

吹き抜けの下は大きなクリスマスツリーにテーブルベンチのセットが並んでいます。この広場を中心にして各店舗が周りを囲むという雰囲気になっているのですが、テーブルに座ってコーヒーでも飲みながら仲間のショッピングが終わるのを待っている方がたくさん・・・当然ベンチは空いていません・・・。

ふるるガーデン八千代ふるるガーデン八千代

吹き抜け部分は屋外だけではありませんでした。屋内の部分も吹き抜けがあり、こちらは長椅子タイプのベンチが並べてあります。

さて肝心のお店ですがさすがに店内は撮影することはできませんでした・・・。新興のベッドタウンによくある家具やスポーツ用品などのお店が充実しています。それと忘れては行けないのが「100円ショップ」相変わらず盛況です。

さて、イトーヨーカドーの方ですがこちらはフロアには吹き抜けはなく、食品、衣料品と生活必需品関係が並んでいます。

今日は「マグロの解体ショー」が行われていましたが、魚を捌くという雰囲気ではなくて、まさに解体・・・包丁でよく切れますよね。

もちろんこの時期クリスマス商戦も半端ではありません。玩具コーナーが陣取る3階では、子供と親の微妙な駆け引きがアチコチで展開されています。この瞬間だけ見ると独身って良いなぁ・・・と思ってしまう自分が悲しい・・・。


感想

カラフルタウンと比べると「レジャー施設」と言う雰囲気はあまりしませんでしたが、フロアの広さは圧巻でした。特にイトーヨーカドーは凄いです。

基本的にはヨーカドーで必需品関係を購入して、ついでに専門店モールを覗いていくと言う方が多いようですが、それでもこの時期スポーツショップはスキーとスノーボードを全面に出してアピールしていますから、これはこれでなかなか人が多い・・・。

これだけの施設なんですが、ちょっと寂しかったのは飲食関係です。マクドナルドもあるんですが、非常に狭くて・・・。このお店は本当にマクドナルドが入ることを予想して作られたのか?という感じでした。

スターバックスコーヒーもありますがちょっと風の強い場所にあったりで使いづらい等という点は残念でしたね・・・。

このあたりは今後栄えて行く場所のようですから、どのように成長していくのか?ちょっと興味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です