ワールドカップで盛り上がる地元ショッピングモール

No.0137


パークプレイス大分


パークプレイス大分


視察日時 2002年 6月 13日


到着まで

今日はワールドカップの一次リーグ「イタリアVSメキシコ」を観戦するために、大分までやってきました。実は3日前にも大分に来たのですがそのときの天候は雨・・・。

そして、会場となる「大分ビックアイ」の隣に見覚えのない施設が出来ていることに気が付きました。帰京後に調べてみるとなんと2002年4月25日にオープンした「パークプレイス」というショッピングモールでした、と言うわけで早速調査開始。

福岡からJRの特急で大分までは約2時間。車内はメキシコサポーターが大挙して宴会中。「メヒコ!!メヒコ!!」の声と共に大分に到着。やっと静かになった・・・と思ったのですが、大分駅には既に大勢のメキシコ人が集結しており、静かになるどころか・・・。

パークプレイス大分パークプレイス大分

どんよりと薄曇りですが雨の心配はなさそうで、まずはビックアイに向かうシャトルバスに乗り込むため、駐車場に向かいます。

大分駅の隣の公営駐車場は今日は完全に封鎖されており、ここからビックアイに向かうシャトルバスが出ています。ここでまずチケットを提示して、ビックアイの入場ゲート毎に分けられて指定されたバスに乗り込みます。

バスは凄まじい台数が集まっており必ず座っていける点は、とても安心なんですが・・・。

バスはビックアイを横目に見ながら、臨時駐車場へと向かいます。なんとこの臨時駐車場は「パークプレイス」の臨時駐車場を利用しているのです。ラッキー!!

パークプレイス大分パークプレイス大分

臨時駐車場とは言え、パークプレイスのすぐ隣にあるので、施設まではほとんど歩きません。しかも今日はビックアイに向かう人達のための通路ともなっています。

ちなみにこちらの通路から行けるのは「イタリア側」の席になるので、中はイタリアサポーターが沢山ウロウロしています。

パークプレイス大分パークプレイス大分

では早速、視察を始めましょう!!


場内の構成

パークプレイスは急な斜面を上手く利用して作られています。臨時駐車場を含めて駐車場は崖の上部にあり、ここが2階となります。

一方ビックアイ側の国道からの入口は崖の下になり、こちらは1階。駐車場は施設の2階部と1階部の2箇所に別れています。

パークプレイス大分パークプレイス大分

施設内は4つのブロックに別れています

  • CITY DRIVE
  • SUNNY WALK(イオン)
  • GARDEN WALK
  • JUSCO&K’S電機

イオンとJUSCOはおなじみの百貨店です。K’S電機はこの地域では最も品揃えが豊富な家電専門店となっています。この3つの店舗に関しては、店内では写真撮影はできません。

パークプレイスは国土交通省認定の“ハートビル法”という基準をクリアしている施設です。この法律は高齢者や身体障害者、赤ちゃん連れの方などが快適にショッピングを楽しめるように基準を整えた建物だそうです。

屋外でありながらも、エスカレータやエレベータなどの施設は非常に充実しているのが目立ちます。

パークプレイス大分パークプレイス大分

もちろん場内は車椅子やベビーカーでも通りやすいように段差が極力抑えられていて、スロープなどにより各施設がつながれています。

こうしたハンディキャッパーへの配慮に加えて、この施設は子供にも配慮されています。特にトイレが「男女」「多目的」に加えて「子供用」まで用意されている点はビックリです。

しかもトイレ内の床面はウッド調の作りになっており、いつもの(??)雰囲気がありません。

パークプレイス大分パークプレイス大分

パークプレイス大分パークプレイス大分

パークプレイス大分パークプレイス大分


GARDEN WALK

パークプレイス内では中心的なエリアになります。他のエリアは百貨店が中心のエリアですが、このエリアと「CITY DRIVE」のエリアだけはパークプレイスのオリジナル・・・と言う雰囲気のある施設です。

GARDEN WALKはその名の通り「庭」を中心にして両サイドに物販施設と飲食施設が建ち並んでいます。中心部は「センターステージ」と呼ばれるステージになっています。ステージの周りには噴水池等が用意されているので、滑るのでしょうか?中央部には段ボールが敷かれています。

パークプレイス大分パークプレイス大分

更にこのステージの周囲には「GARDEN」ならではの種々の工夫も施されています。

例えば、小鳥が止まるための造木。小さな噴水広場・・・等です。

パークプレイス大分パークプレイス大分

もちろんこうした「消費しない」人への施設ばかりではありません。センターステージから観客席に向かって、左は主に物販施設、右は主に飲食施設が並んでいます。

しかも各施設は1階部分と2階部分にあり、通路は雨がしのげるような構造になっています。

更に・・・更に・・・2階部分はブリッジでつながれており、反対に向かうために場内を迂回しなくても行けるようになっているのです。

パークプレイス大分パークプレイス大分

ちなみに物販ゾーンですが、雑貨品やアウトレット、スポーツ衣料などと言ったおなじみの店舗が並んでいます。残念ながら非常に沢山・・・と言うほどは無いのですが・・・。

一方の飲食施設ですが、イタリアンや回転寿司と言った昨今の流行ものから、大きなフードコートまで揃っています。最近はショッピングモールにフードコートを併設する施設が流行なのでしょうか・・・?

ちなみにイタリア料理屋は既に酔ったイタリア人が沢山あり、あちこちで「イタリア!!」の大合唱。まぁせっかくのワールドカップですから多めに見て下さい・・・。

パークプレイス大分パークプレイス大分


CITY DRIVE

駐車場からの通路を挟んで、GARDEN WALKの反対側にあります。こちらは観覧車にカルーセル等の小規模遊具、さらにはシネマコンプレックスという言うなれば、アミューズメントのゾーンになります。

パークプレイス大分パークプレイス大分

いつもの雰囲気だとこちらは子供が・・・となるのですが、今日はワールドカップと言うこともあり、外国人が沢山・・・。基本的にサポーターは生活切りつめてまでサッカーを追いかけてきますので、こうした施設には余り興味がないようです。

ちなみにシネコンのエントランスはジュースなどの飲食ができるほか、空調がしっかりしているので、休憩(爆睡)中の方も沢山おられました。試合開始までまだ4時間近くありますので・・・。

ちなみに場内各所にいるイタリア人の方ですが、皆さん好き勝手に楽しんでいます。中にはフェイスペインティングなどを施してあげる親切な方も・・・。

パークプレイス大分パークプレイス大分

それにしても・・・皆さんお金を対して使わずになんと楽しそうなことか・・・?


感想

久々のショッピングモール視察でした。規模はそれほどではないんですが、急斜面を利用した地形を上手く利用しています。

今までのショッピングモールはどちらかというと、平坦な広い土地に建物が建ち並ぶようなところが多かったので、なおさらそう感じてしまいました。

今日はワールドカップと言うこともあり、圧倒的に飲食施設の消費者が多かったようですが、こうした施設は普段はどのような客層が来ているのか?非常に気になります。

どこから見ても偽物にしか見えないイタリアのTシャツを必死に売ろうとする店員の方にはビックリでしたが・・・。

ワールドカップの波及効果は、こうした地方の施設にも密かにあったりするのでは?という実感は得られる「パークプレイス」でした。

パークプレイス大分パークプレイス大分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です