大阪気質のヴァーチャル商店街!?

NO.248


道頓堀極楽商店街


道頓堀極楽商店街


視察日時 2006年 3月 9日


到着まで

小雨降る中大阪で業務をしているうちにちょっと空き時間ができた。まずは喫茶店を探そうかなと道頓堀を歩いていると、なにやら声がする。
声の先をたどってみると、なにやら昭和初期のコスチュームを着た人たちが案内をしているのに遭遇・・・コスプレ??
っと思ったら、なんとこれが「道頓堀極楽通り商店街」の入口だった。

道頓堀極楽商店街道頓堀極楽商店街

喫茶店にはいるよりは楽しそうなので早速はいることにしたのですが、確かこの施設有料だったような・・とおもったらなんと今日は無料で入れるとのこと。ラッキー!!

入口は地上でエレベーターで登るようですが、現代風のエレベーターを案内してくれるのはレトロな出で立ちの男性でした。
気質なのでしょうか?大阪の人って本当に人に声をかけるのが好きなようですね。お客さんも反応するし・・・東京では無言になってしまう人結構多いと思います。

さてエレベーターに乗り込み待つことしばし・・・ドアが開くと薄暗いフロアに到着。どうやらここが入口のようです。

道頓堀極楽商店街道頓堀極楽商店街

まずは場内の利用方法についての説明を受けます。タイムトラベルと考えると入国審査みたいなもんでしょうか?
場内ではICカードによる精算で、お金を払うことはないそうです。お金は最後に精算所があってここで一括精算のようです。

ICカードをなくすと外に出られなくなるそうなので、注意しましょう。
通常は、ここでICカードを購入することで入場料金を払うみたいなのですが、今日は入場料金が無料のためそのままカードだけもらって中へ・・・。

道頓堀極楽商店街道頓堀極楽商店街

よく見るとマイクロソフトさんが協力しているんですねぇ・・しかし、この時代マイクロソフトはまだなかったのでは・・・よけいなこと考えてしまいましたが・・・。
中に進みましょう!


場内の構成

場内はちょっと暗いのですが昔の明るさってこんなものだったんでしょうかねぇ・・。この施設メインは飲食施設なので大阪の名物料理がいろいろと並んでいます。
オープン時は呼び込みに定評があるって聞いていたんですが、意外に静かですね今日は・・・。

道頓堀極楽商店街道頓堀極楽商店街

さて自分はそれほどグルメというわけではないのですが、食べたことがないものが一つ。大阪名物の串カツ、しかも“漬けダレは1回”というヤツです。そんなお店はあるのかな?

探してみるとフロアをどんどん回って最上階にありました。端折ってしまったので、エレベーターを降りたフロアは寿司とかお菓子類のお店が多いですね。
そして順路に従って回っていくと、占いのコーナーに出ます。占いのブースが並んでいますが「あんた地獄に堕ちるわよ」なんて言われている人はいないみたいです。

その上のフロアはちょっとおなかにたまるもの。オムレツなんかがありまして・・・。その上のフロアに串カツがありました。
一番上のフロアはイベントスペースも兼ねていて、時々イベントがあります。もちろんレトロな雰囲気満点のイベント。

今回は喉自慢大会を見せてもらいました。さすがに芸の本場大阪ですね。MCの話もうまいし、何よりさりげなく施設の紹介を入れてみたり・・・なるほどねぇ・・・。

道頓堀極楽商店街道頓堀極楽商店街

フロアは階段によりつながれているんですが、階段も昔の雰囲気が出るような凝った作りです。壁に付いた蚊取り線香の看板・・・古いなぁ・・・。

目的の串カツなんですが、この店が一番混んでいる・・・座れるかな?と思ったら一つ開いていてラッキー(って一人で来るな!?)。
早速、串カツを頼んでみようと思ったんですが、とにかくどう頼めば良いのか・・・?
説明してもらおうと思ったら、なんと店員さんが意外に素っ気ない・・・。あれこんな施設だったっけ?

そのとき、隣に座っていた女性2名組に声をかけられて、教えてもらえた(ほぉ~)。
新しい出会いか?と思ったんですが、その後は「串カツ食べたことないなんておかしい!!」など笑われ放題・・・。
さすが大阪、皆さんイジルの大好きです・・・これがアウェイの洗礼というヤツか・・・(涙)

しかし、おかげさまでたくさん串カツが食べられました。いろんな種類があるんですね。トンカツ、串カツ、ウズラ・・・勉強になりました。

道頓堀極楽商店街道頓堀極楽商店街

おなかもいっぱいなので、そろそろ精算へ・・・入口フロアまで下ったら精算所です。精算は昔の郵便局や銀行を意識しているんでしょうか?
ドラマで見たことがあるような作りです。もちろんお金は今のお金で払います。カードもOKですよ。

道頓堀極楽商店街道頓堀極楽商店街

さて、これが終わると出口・・・と思いきやしっかりお土産コーナーを通過させられます。小さな施設の割にはセオリー通り作ってあるので、びっくり。


感想

なにか大がかりな仕掛けがあるというわけではありませんが、セオリー通りしっかり作ってあったのでちょっとびっくりしました。
皆さん真剣なんですね・・・。料理は美味しいし、雰囲気は楽しい施設でした。

道頓堀極楽商店街道頓堀極楽商店街

とはいえお店はテナントさんなので、入店がないお店もあるみたいです。その張り紙がまたおもしろい・・・。

大阪の人ってユーモアセンスがホント良いですね。
でも、阪神球団のことはあまりふれてなかったんですが・・・この商店街は「南海派」なんでしょうかねぇ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です