スポンサーリンク

1周年のイベント中!!

東京ディズニーシー

NO.0143


東京ディズニーシー


東京ディズニーシー


視察日時 2002年 9月 23日


到着まで

東京ディズニーシー(TDS)が1周年を迎えました。そして1周年記念の各種のイベントが行われている情報を聞きつけてから1ヶ月ほど過ぎてしまい、いよいよ1周年イベントもフィナーレが近づいてきました。

このため慌てて視察の準備を整えてTDSに向かいます。いつもの慣れた道・・・前日はTDLでドナルドのスーパースプラッシュを見てきたのですが、今日は舞浜からリゾートウェイでTDSとなります。

リゾートウェイから外を見ていると、なんと走ってくる車両に向かって手を振っている方が見えます。そして「ディズニーシーステーション」では駅の構内でTDSの案内を行う方も・・・。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

1周年ということで「ここまで気合い入れているのかぁ・・・」と感心しながらチケット売り場に行ってみると思った以上に人がいない・・・。どうやらゲストが少ないことで改札周りのキャストの方がこうして周辺に散らばって案内している・・・と言うのが現実のようでした。

それでも改札を抜けてみると相変わらずの盛況ぶり・・・舞浜周辺だけはいつ来ても“不況”と言う言葉が感じられません・・・羨ましい・・・。

おなじみのアクアスフィアの周囲では写真を撮る人達が絶えることはありません。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

中に入った第一印象では、バナー類が1周年記念のものに変わっている以外はいつものTDSの雰囲気なのですが、この先は一体どうなるのか・・・?中に進んでみましょう!!


1周年イベントの雰囲気

まずは1周年記念の雰囲気たっぷりのガイドマップを見ながら、インフォメーションボードでイベントを確認。

・・っと最初のイベント「ディズニーシー1stアニバーサリーセレブレーション」の開始までもう時間がない・・・急げぇ!!ってな具合で(一人で)会場に向かいます。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

ギリギリで潜り込んで(昨日のスーパースプラッシュもこんな感じでしたが・・・)何とか場所だけは確保できました。

TDSのショーはメディテレーニアンハーバーと呼ばれる海(人工の)を使うのでビデオで撮影するのも大変。何せフロアでダンスをしているかと思えば、今度は海から船が出てきたり、あげくには火山が噴火したりと・・・とってもビデオ撮影泣かせのショーイベントが多いんです。

もちろん、この「1st・・・」もその例に漏れず、始まると船がたくさん現れて、そこからキャラクターがわんさか登場・・・続いてダンスあり・・・また船が出てきて・・・。

こうなるとやっぱり大事なのが撮影のポジション取り。もちろんベストアングルは重装備のマニアの方がどっかり陣取っていて今さら入り込む隙間もなし・・・。

こうした海を利用して船が出てくるショーイベントの時は、いつものゲスト用の船「トランジットスチーマー」が運行停止になります。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

もちろん観覧場所はショー開始の20分前には入場が出来なくなる大盛況・・・。「見えないよぉ・・・」と泣き叫ぶ子供に「我慢しなさい」とビデオ片手のお母さん・・・。そりゃ子供がかわいそうだって・・・。

ショーが終了すると出口にはゴミの回収のためのキャストがバッチリ待機。そして観覧エリアのゴミはゲストの手でカートまで運ばれてここで回収されるので、次の準備も簡単になります・・・考えていますよねぇ・・・相変わらず・・・。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

いきなり1周年の記念イベントを堪能してしまったんですが、夜のショー「ディズニーシーシンフォニー」も1周年の特別バージョンです。

こちらは内容はほとんどいつもの通りですが、最後に火山に向かって「1st」の文字がレーザーで照らされる・・・こっ・・・こっ・・これだけ??こちらはちょっとガッカリ・・・。「1st・・・」の衝撃に比べるとちょっと物足りない感じでした・・・。


いつものエリアの雰囲気

久々にやってきたTDSはファストパス対応のアトラクションが増えていました。TDSで一番のお気に入りの「ストームライダー」を始め「海底20000マイル」などもファストパス対応となっています。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

ファストパスを利用しない「スタンバイ」の列は約70分待ち・・・相変わらずの混雑です。ちなみにこのストームライダー、70分の長い列を受け持っているのが1~2名のキャストだけ・・・凄いです。

続いてインディージョーンズアドベンチャーに向かいました。こちらはさすがの人気アトラクションで120分待ち・・・ファストパスも夜の利用の分しか手に入りません。

シンドバットは今日は改修中のためお休み・・・。人気が今ひとつらしいのですが改修後の巻き返しに期待しましょう。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

グルグル回っているうちに時間は「ポルトパラディーソ・ウォーターカーニバル」の時間になってしまったので、再びハーバーへ行きます。

こちらはいつもの音楽でいつものダンスなんですが、船に付いている帆は「1周年」の記念バージョンに変わっていました。

せっかくハーバーまで戻ってきたので、エントランス周りのショップもチェックしておきましょう。お店の中は「1周年」「1stアニバーサリー」の文字が乱れ飛んでいます。もちろん我先にと買い込んでいる人もいます。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

やっぱりTDSも物販施設の売れ行きは半端ではありません・・・。中身は普通のお菓子なんですが、なぜなんでしょうか??

エントランス前ではキャラクターグリーティングも行われていましたが、こちらは登場と同時に行列がラインカット・・・という凄まじい人気・・・。

ゆっくり回って「あっ・・・あった」と言う感じで回っているようではTDSでは何も体験できないようです。とにかくガイドマップを熟読して、後は走り回りましょう・・・はぁ・・・。


感想

不思議なことに「1周年」と言う雰囲気が漂うのはエントランスからハーバーの周囲までなのです。アトラクションのエリアはいつもの通りで特に「1周年」を思わせるような特別な仕掛けは見られませんでした・・・。

しかもシンドバットのようにこの時期に改修工事しているモノもあるし・・・。

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

1周年と言うことで大々的に宣伝しているCMが目に付いたのですが、以外に奥の方はいつものTDSだったのはちょっと意外でした・・・。

それでもショーイベントは常に満員だし、「1周年」の限定商品はショップで飛ぶように売れているのですから凄い施設です。帰りのリゾートウェイの中はお土産袋をたくさん持った家族連れが多いこと・・・。

こんな中ほとんどお土産を買わずに引き上げてきた人が一名・・・。「記録写真とビデオが最大のお土産なのさ」っと心の中で叫ぶ相変わらずの負けず嫌いは今日も健在でした??