リニューアルしたので見に来ました

No.0127


東武動物公園


東武動物公園


視察日時 2002年 3月 10日


到着まで

いよいよ、春本番。先日の九州視察のとき感じたポカポカ陽気が、関東にも北上。それと呼応して一年で最も“鼻に辛い”季節がやってきた。

先日読んだ雑誌に、日本の高速コースターランキングなる記事があり、追っかけてみると、東武動物公園レジーナがランクインしていることに気が付いた。そういえば・・・?

と言うわけで夏の視察以来半年ぶりに、東武動物公園に出発!!自宅からは電車を乗り継ぐこと90分あまり、心地よい春の風を感じながら熟睡できる車中でした。

東武動物公園東武動物公園

東武動物公園駅に到着すると、まずは割引チケットをゲットすることになります。駅の構内の旅行代理店で購入できますが、こんな近くで・・・良いんでしょうか?

200円分の割引ですが、塵も積もると大きいので迷わず購入して駅を後に、駅からまっすぐ延びる道を歩くこと10分あまり、東武動物公園に到着します。

ゲートに到着してビックリしたのが、東門が2年前と変わっていました(去年は西門利用のため確認できず・・・)。あのバスがくるりと回るターンテーブルが姿を消して、なんと立派な停留場ができています。

しかも、大きなネームプレートまで・・・。ターンテーブル・・・個人的には好きだったんですが・・・。

東武動物公園東武動物公園

もちろん、ゲートの周辺も塗装のし直しなどが施されていて、以前来たときの古めかしいイメージは一新されていました。

綺麗になったゲートを眺めながら、いよいよチケットブースに・・・。ここまで綺麗な印象が強かったのですが、なんとチケットブースは昔のまま・・・あらら・・・。

どうせだったらチケットブースも綺麗にすれば良かったのに・・・と思いつつもやっぱり新しいのは気持ちが良いです。

東武動物公園東武動物公園

綺麗になったエントランスを抜けて、今まで通りだったチケットブースと改札を抜けて、いよいよ中に入りました。


場内の構成

東武動物公園は自称「ハイブリットレジャーランド」と呼ばれています。遊園地に動物園、夏にはプールもあり、しかもそれぞれが公園のようにつながっているという幕の内弁当の要素を秘めた施設です(?)。

入口も2箇所あって今入ってきた「東ゲート」と大きな駐車場がある「西ゲート」の二つに別れています。いわゆる東西に長いパークなんですが、その長さが半端ではありません。

さすがにハウステンボスで歩くことには慣れましたが、やはり距離が長いのは辛い・・・。でも一つ素晴らしいことが、この長い空間が殆どフラットなのです。

自分には関係ないですが(笑)、家族特にベビーカーなんかで来場する人にはとっても良い施設ですね。

東武動物公園東武動物公園

さて、東ゲートから入ると最初に現れるのが「池」です。ボートなんかも貸してくれるようですが、今日はお休みのようでした。

その先には老若男女が笑い叫ぶ遊園地エリアが続きます。極端なスリルものも無い代わりに、変に子供じみてもいません。

東武動物公園東武動物公園

ちなみに東ゲートから遊園地エリアまでは、ミニSLで移動することができます。パスポートの利用もできるので、アトラクションと場内移動の両方の機能を持つ便利な乗り物です。

さて遊園地のエリアから西ゲートまでは「動物園」のエリアになっています。西ゲートまで一気に行きたい人は「スカイウェイ」があります。昔TDLにもこんな乗り物がありましたが・・・。ちなみにこのスカイウェイもパスポートOKです。

場内は場所によってはリニューアルされている場所もあります。特にトイレは綺麗なところと昔ながらのところが差が激しいですねぇ・・・ではいつものように・・・。

東武動物公園東武動物公園

東武動物公園東武動物公園

綺麗なトイレはこのように写真に撮れるくらいなんですが、そうでないところは・・・それなりでした・・・。


動物園エリア

入場していきなり西ゲートまで来てしまったので、まずは動物園のエリアからチェックしていきます。

ここ数年動物園は展示エリアの造形がエスカレートする一方ですが、東武動物公園は非常にオーソドックスな“檻”です。

東武動物公園東武動物公園

しかし、この檻・・・デジカメで撮るには一番辛いのです。写真に撮るときは皆さんも気をつけましょう・・・。

いわゆる“猛獣”はこうして飼育されていますが、中には檻ではなく柵で仕切られている所もあります。いわゆる“おとなし系”の動物たちですが・・・。

東武動物公園東武動物公園

そして、我々に近い方々は、お馴染みお山を与えられて生活しています。

東武動物公園東武動物公園

とまぁ・・・いろいろな見せ方していますが、檻の格子がちょっときつすぎるような気もしますね。ちょっと見にくいです・・・残念。

ちなみに癒し系の動物たちに触りたい人は「ふれあい動物村」に行きましょう。羊に山羊、犬までいます。

さらにおもしろいのが、老朽化してバスを利用したモルモットのタッチコーナーです。これは何とも考えましたねぇ・・・。

東武動物公園東武動物公園

もちろんこの「ふれあい動物村」を出るときには、衛生のために手を洗いましょう。ここもきちんと石鹸もありますので・・・。

なぜかピンクの石鹸水ですが・・・。

東武動物公園東武動物公園

この他にも、アフリカの動物たちもいます。サイにゾウ、フラミンゴにダチョウなどもいます。サイは人目を構わず、ブリブリしますから見るときは食事の後に・・・しましょう。

東武動物公園東武動物公園

全体的に、動物たちの特有の匂いが立ちこめていますので、長時間いるのは少し辛いエリアですね・・・。最も「臭いよぉ!!」と言いながら何時間でもいる子供は別ですが・・・。


遊園地エリア

遊園地エリアですが、こちらはターゲット年齢がイマイチ掴めない雰囲気です。もちろん今日のお目当てはレジーナですが、レジーナもエリアの一番端にあります。

まずはレジーナへ・・・一時大人気だったようですが、今日は30分くらいの待ち時間。待ちエリアも木製のため、利用されていないと何とも寂しい場所です。

東武動物公園東武動物公園

さて待つこと30分あまり、レジーナに乗車しました。これまで「ホワイト・・・」という木製コースターに乗ったことがありますが、どちらも乗り心地は正直良いとは言えませんでしたが・・・。

お馴染みの登りでも微妙な横振動が・・・イヤな予感・・・あぁ・・・やっぱり・・・。コースを曲がるたびに微妙な振動が・・・。

とりあえず高速コースターランキングはかなり制覇しましたが、二回目は結構です・・・ハイ・・・。

レジーナの陰に隠れて寂しそうですが、もう一つコースターがあります。こちらは向かしながらのヤツで、決して高速コースターではないのですが、こちらは乗り心地はなかなかGOODです。

東武動物公園東武動物公園

但し、中年が一人で乗るには少しライドが小さいです。対象年齢から外れているからしょうがないんですが・・・。

乗り心地と適度なスリル感が満喫できる、意外にお奨めなのが「クレイジーマウス」。良くある直角に曲がるのが売りの「マウス」に「360度旋回」がついているというものです。

これはお奨めです・・・

東武動物公園東武動物公園

単純に落下の爽快感(?)を楽しみたい人には「G-max」がお奨めですね。ゆっくり上昇して、カウントダウンの後一気に落下・・・。

安全なのわかるんですが、いつもこの瞬間は恐怖なんですよね・・・でもこれがたまらなくて・・・パスポートで3回も・・・はぁ・・・。

東武動物公園東武動物公園

一人で来て、スリルライドばっかり狙う人ではなくて、カップルで二人の時間を・・・というお馴染み観覧車もあります。下で見ていると「4時8時の法則」が見られないので、健全に利用されているようですが・・・。

観覧車以外で今まで紹介したものは、身長制限があるので小さな子供は利用できません。もちろんこうした子供達のためのキッズエリアもあります。

東武動物公園東武動物公園

キッズのエリアで乗り物乗る人は、パスポートでなくてチケットを購入している人が目立ちます。

でも、あれだけ次々乗ったらパスポートの方が割安なような気もしますが・・・。

東武動物公園東武動物公園

ちなみにパスポート分だけ乗ったか?と思ったら充分に楽しんでしまいました・・・。いい年して・・・(笑)


飲食施設と物販施設

場内各所でリニューアルがなされているのですが、見ていると新しくなったところと、昔のままのところが混在します。

今回は新しくオープンしたビュッフェスタイルのレストランを利用してみました。

東武動物公園東武動物公園

ウッド調のフロアで非常に清潔感漂う店内。いい雰囲気で入ってみると、座席もソコソコ空いています。ラッキー!!

っとカウンターに並んでみるとこれがまた時間がかかる。見ているとオーダーされたメニューが口頭で伝達されているみたいです。TDLやUSJのレジ直結のオーダーシートに慣れてしまうとこれはきつい・・・。

お金を払って待たされること20分近く・・・。セットは早く出てくると思ったのですが・・・何とも・・・。

東武動物公園東武動物公園

一方お土産ショップですが、こちらは古めかしいまま・・・。お土産ショップというよりは“きれいな駄菓子屋”に見えてしまうのは私だけ?

ちなみにお土産もいつものパターンでちょっと買う気には・・・。

東武動物公園東武動物公園

何でも一度に全部というわけには行かないんでしょうけれど・・・もう少し・・・次回に期待したいところです。


感想

「ハイブリットレジャーランド」と言う言葉の解釈が非常に難しい施設でした。確かに動物園と遊園地の複合施設と言う見方もできるんですが、意地悪くいうと「新しい施設」と「昔のままの施設」の複合のような気もするわけで・・・。

確かに民間で動物園を経営している施設が少ない中、遊園地と動物園を混在させているのは素晴らしいことなんですが・・・リニューアルは建物単位でなくて、エリア毎に進めた方が良いのでは・・・?と偉そうに思ってしまいます。

東武動物公園東武動物公園

とても広い施設で1日楽しめるんですが、因果な商売をしているせいか?変なところが妙に気になる東武動物公園です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です