和歌山電鉄・貴志駅

レジャー施設の視察レポート

NO.344


貴志駅

和歌山電鉄貴志駅


日時 2017年 6月17日


凋落していた企業が復活する。関西ではUSJがその代表のように言われているが、USJよりも前にこの大きな問題を解決した企業が同じ関西にある。しかも、それをなし得たのはなんと「猫」。

今や全国区の有名な話になった和歌山電鉄の「たま駅長」だ。

残念ながら2016年たま駅長は天に召されてしまったのだが、その後も和歌山電鉄はたま駅長の人気が衰える気配がない。

ということで和歌山まで来たので、現在の二代目の駅長「ニタマ」に会いに行くことにしました。

JR和歌山駅に隣接している和歌山電鉄に乗って、一路終点の「貴志駅」を目指します。


和歌山電鉄貴志駅和歌山電鉄貴志駅


乗ること30分あまりで終点の貴志駅に到着しました。もうすでに駅長の前には人だかり。駅長の撮影はちょっと待って、先代のたま駅長の写真を見ながら時間を潰します。

たま駅長のおかげで和歌山電鉄の利用者は50万人以上増加し200万人を突破したというのだからすごい効果です。

駅舎は新築されて、猫の顔を模した建物になりました。そして駅の中にはカフェや物販施設。駅そのもののお土産コーナーがある駅というのは日本でも数少ないです。しかも駅舎の上には「貴志駅」なのに「TAMA」と書かれた看板があります。


和歌山電鉄貴志駅和歌山電鉄貴志駅


先代のたま駅長はというと、神社に大明神として祀られています。野良猫から駅長に、そして神様へと大変な出世です。


和歌山電鉄貴志駅和歌山電鉄貴志駅


カフェは一組いましたが、そのほかの人は駅付近をブラブラして次の電車を待ちます。さすがにローカル線なので1時間に1本か2本しか電車はありません。


和歌山電鉄貴志駅和歌山電鉄貴志駅和歌山電鉄貴志駅和歌山電鉄貴志駅


お土産も人気のTシャツはすでに売り切れ・・・缶に入ったお菓子もどんどん売れます。

さて、やっと現在の駅長の前が空いてきましたので、駅長室前に移動。

現在の駅長は「ニタマ」。別の駅には駅長見習の「ヨンタマ」もいるそうです。


和歌山電鉄貴志駅和歌山電鉄貴志駅


眠そうにこちらを見てくれて写真に応じてくれました。


和歌山電鉄貴志駅和歌山電鉄貴志駅


動物が人間の生活を救う話は昔話だけではないようです。ニタマ駅長もどうかいつまでもお元気で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です