日本一の集客を誇る美ら海水族館は今日も大盛況!?

NO.353


沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館の視察記録


日時 2017年 8月30日


貝のミュージアムから車で25分で美ら海水族館に着ける。とホームページには記載されているのですが、実際のところどうなのか?ということで早速車で向かいます。

途中の道は舗装されていますが、サトウキビ畑だったり、古民家だったりと沖縄の中でも“田舎っぽい”雰囲気の道を走ること20分ほどで到着しました。

しかし、本当にいい天気。抜けるような青空とはまさに今日の天候のことだと思います。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


沖縄に来るのも8年ぶりですから、当然美ら海水族館も8年ぶり。すぐに感じることは客層の違い。アジア、欧米とインバウンドが本当に増えています。

現在の気温は34℃。天気は良いので日差しがきつい分更に暑く感じますね。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


お馴染みの美ら海水族館の入口周りでは、インバウンドの皆さんが写真撮りまくっています。

そして、美ら海水族館も他の施設の例にもれず、年間パスポートの利用促進に力を入れていますね。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


チケット売り場は手売りブースが4カ所に、自販機が4か所。沖縄ではいろんな場所で割引クーポンがもらえるので、手売りブースは不可欠のようです。

さらに、ガイドマップは世界中の言語があるのでは?と思うくらいの充実ぶり。ロシア語やアラビア語まであるガイドマップは初めて見ます。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


今年は美ら海水族館は開園15周年ということだそうで、最初のタッチプールからスタッフさんはテンション高めです。

タッチプールの洗面台も以前よりずいぶんと立派になりました。他の施設では簡単なものが多いのですが、さすがに日本一の集客を誇る施設ですから、市販のハンドソープではすぐになくなってしまうんでしょうね?


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


美ら海水族館ではガイドマップのほかに「美ら海観察ガイド」というタリフも配っています。何とこれが10種類!!

さて、写真撮影は基本的にOKの水族館ですが、さすがにゲスト数が多いこともあって、自撮り棒の利用は制限されているようです。まぁこれだけ多いと自撮りするような隙間は最初からありませんけど・・・


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


大きな水槽ばかり目が行きがちな水族館ですが、美ら海水族館は小さ目な水槽も展示が凝っていて人気があります。エビやカニと言った生き物のエリアです。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


そして、美ら海水族館の名物、ジンベイザメ泳ぐ巨大水槽が見えてきました。やはりいつみても荘厳です。そして、スマホで写真撮る人もたくさん!!


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


そんな巨大水槽を見ながら食事ができるレストラン。。。かなりの待ち時間が発生しているようです。ちょうど昼時という時間帯でもありますが、当分食事にありつけそうにありませんね。。。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


今回は大きな水槽の下まで行ってみましたが見上げると高さには圧倒されますね。運よくジンベイザメが近くに来たのがうれしかったです!!ジンベイザメが来ると歓声が上がるのですが、気持ちはよくわかります。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


さて、大きいといえば、ジンベイザメのいる水槽を抜けてからのエリアも必見。ダイオウイカの標本が見れたりします。ダイオウイカも迫力あります。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


ダイオウイカ含めて、このエリアは深海の生き物。最近人気のダイオウグソクムシとかにもここで会えます。

という感じで入場料金が必要なエリアはここまでのようで、改札を出ると物販店舗に出てきます。そしてこの先は、企画展示エリアだったり、イルカやオットセイと会えるエリアです。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


今回の企画展示は「メガマウスの解体標本展示」。迫力満点です。さらに、ウバザメの交尾器なんて胸部の展示もあったりと・・・盛りだくさん!?


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


この他にも、リュウグウノツカイやクジラの骨格展示などいろいろあります。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


骨に触れられるようになっているのがこのエリアの展示の特徴です。かなりゴツゴツしていました。

また、かつてイルカのフジのために開発した人工のイルカの尾びれの進化なども展示しています。フジは3年前に亡くなっていたのですねぇ。。。合掌・・・


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


この先は、強烈な日差しの気温34度の外を歩いて移動します。まずはマナティ館から・・・マナティは空調の聞いた涼しい部屋で泳いでいました。。。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


続いて、直射日光を強烈に浴びれるウミガメ館。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


そして、イルカショーエリア。ちょうど隣の水槽で、ダイバーさんとコラボしたショーを行っていました。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録


そんなこんなで炎天下の中、3時間くらいでしょうか?さすがの日本で一番集客力のある水族館。相変わらず楽しめます。


沖縄美ら海水族館の視察記録沖縄美ら海水族館の視察記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です