静岡県小笠山総合運動公園エコパ(ecopa)

小笠山総合運動公園は、静岡県掛川市と袋井市の市境に跨がって位置する、スポーツ施設群を有する都市公園(広域公園)。愛称エコパ(ECOPA)。総工費は約800億円、2001年5月10日に供用開始。施設は静岡県が所有し、静岡県サッカー協会グループ(静岡県サッカー協会と静岡県に本社を置く数社の企業で構成されるグループ)が指定管理者として運営管理を行っている。多目的運動広場と人工芝スタジアムは掛川市に属する。一方で、エコパスタジアム、エコパアリーナ、補助競技場、ビオトープは袋井市に属する。入口は、掛川口と袋井口の2ヶ所設置されている。
TEL 0538-41-1800
住所 〒437-0031 静岡県袋井市愛野2300−1
URL https://www.ecopa.jp/
アクセス JR東海道線 愛野駅より徒歩15分

地図(GoogleMAP)

視察履歴

ワールドカップスタジアム総点検!?その6 (2001年9月1日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です