三世代テーマパーク@みろくの里

NO.474


みろくの里

みろくの里


日時 2017年10月 1日


今日から中国地方を回ることにしました。この地域の施設は今まであまり縁がなくて、行ったことがない施設もたくさんあります。

以前知り合った方から一度は行ってもらいたい施設で「みろくの里」を紹介されたので、この機会に行くことにしました。

最寄り駅はJR福山駅。地方独特のバスの少なさに注意しながら移動します。


みろくの里みろくの里


バスに乗ること1時間弱で到着しました。目の前に見えるのは・・・役所のような建物と、不思議なポール。

ポールの下には、「みろくの里」と書かれているのでどうやらここらしい。


みろくの里みろくの里


不思議なお坊さん?のようなキャラクターを見ながらチケット売り場を探すと、窓口が二つあるが、今日は利用されていないようです。

しかし、今日は一応日曜日・・・そんなに人が少ないのか?午後だからこうなっているのか??


みろくの里みろくの里


改札らしき施設を見つけたので向かおうとすると。。。こちらは出口。スタッフがいる方が入場用の改札。屋根はあるがちょっと奥に入った場所にあるので気が付かなかった。


みろくの里みろくの里


まずは入場券を購入。「すごいことになってます」と意味しげな文字が書かれたチケットを渡されて入場。

乗り物も色々あるようで、フリーパスも販売されています。


みろくの里みろくの里みろくの里


そして、中に入ると再びお坊さん登場。みろくの里の文字の上に「三世代テーマパーク」と書かれています。この三世代は祖父母、父母、子供と解釈するのが通常ですが、なんか坊さんが出てくると”過去、現世、来世”のことか?という気もするのは自分だけか?


みろくの里


入口周辺はアトラクションというにはちょっと古めかしい乗り物がたくさんあります。

お世辞にもすごく乗りたくなる…と言えませんが、よく見るとどの機種もちゃんと人が乗っていて、空になっている機種は見当たりません。来た人たちには楽しんでもらえているというのはわかりました。


みろくの里みろくの里みろくの里みろくの里みろくの里


続いて次のエリアに進みます。「森の空中橋」と書かれたところに来ました。敷地はこの橋の下が低くなっていてこの橋で分断されているようです。ガイドマップを見る限りそのようなものは見えませんが・・・。


みろくの里みろくの里


橋を渡った先は前のエリアよりもややスリルがアップした乗り物が配置されています。


みろくの里みろくの里


遊園地の定番、観覧車もあるし一部のキャビンはスケルトンになっています。


みろくの里みろくの里


ヒマラヤコースターと名前のコースター。ブレーキにゴムタイヤを利用しているところは日本ではだいぶ少なくなっていますので、希少機種です。


みろくの里みろくの里


さらに驚くべきは、座席の配置は前方と後方で反対になっています。前向きとバックドロップの二種類が楽しめるという意外な優れものでした。


みろくの里みろくの里


他にも小さいアトラクションがいろいろあります。奥に入るとかなり賑わっていますね。


みろくの里みろくの里みろくの里みろくの里


このライドエリアから眼下に見下ろせるエリアがあります。ここがアスレチックパーク。

こちらは乗り物ではなくて身体を動かして楽しむ施設が集まっているエリア。地方の遊園地によくありますね。


みろくの里みろくの里


アスレチックパークを抜けると次に見えてくるのが「いつか来た道」と書かれたエリア。

看板の字体など見るとホラーな要素をかなり感じるのですが・・・ここでいういつかとは、昭和30年代の日本のことらしい。


みろくの里みろくの里


最初に出てくるのがお地蔵さんというのは…やはりホラーか?と思いたくなる。


みろくの里みろくの里


そしていよいよ・・・人形でした・・・どうやらこの建物は小学校をイメージしているようです。教室に人がいる・・・と思ったらただのゲストの子供で一安心・・・。


みろくの里みろくの里みろくの里みろくの里


学校を抜けるといきなり路地裏の夜の街になります。なんて環境の悪い場所にある学校なんでしょうか?

いくつかある人形が変にリアルで怖い街です・・・。


みろくの里みろくの里みろくの里みろくの里みろくの里みろくの里


狭い路地を抜けると外に出ます。ここには車の展示や電話博物館という施設があったりします。

それ以外は茶屋のような飲食店舗が並んでいます。


みろくの里みろくの里みろくの里


この先に進むと、どうやら施設の出口付近のようです。飲食店舗や物販店舗があります。ちなみにこのエリアは「いつか来た道」のエリアではありません。


みろくの里みろくの里


出口に向かいましたが、出るときは物販店舗を抜けてくださいとの案内があります。お土産物店を抜けて出ることになります。


みろくの里みろくの里


何とも不思議な施設でした・・・。

ここを紹介してくれた人は、この不思議な世界を体験してほしかったのだろうか・・・?

ちなみに、始めて来たのにあまりに雰囲気に圧倒されてトイレの写真を忘れました。。。

     
 

みろくの里

みろくの里は、広島県福山市藤江町にある遊園地、テーマパーク、総合レジャー施設。映画の撮影現場として有名である。現時点では広島県内で唯一の遊園地である

TEL

084-987-3280

住所

〒720-0313 広島県福山市沼隈町常石1083番地

URL

https://www.mirokunosato.com/

入場料

入場料 大人1000円、小人700円
フリーパス 大人3300円、小人3000円

開園時間

10:00~17:00 季節により変動あり、休園日・休園期間あり

アクセス

JR福山駅からバスで30分

地図(GoogleMAP)

視察履歴

三世代テーマパーク@みろくの里(2017年10月1日)
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です