リニューアルしても仕掛けが増えても大事なのは人の力!!@西武園ゆうえんち

NO.505


西武園ゆうえんち

西武園ゆうえんち


日時 2023年11月10日


コロナ禍以前から実家に寄り付かずにいたのですが昨日6年ぶりくらいで実家に帰省しました。今日は実家から行ける遊園地「西武園ゆうえんち」に向かいます。

九州の自宅から行くことを考えると楽なんですが、3回くらい乗り換えが必要でした。加齢による早起きのため到着したのはまだ開園前。しかも今日は雨模様・・・。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


レオライナーという小さな電車(しかも架線ではなく、地上から電気を取る)に乗って「西武園ゆうえんち」に到着。平日の雨天となると人出はないだろうか?と思いきや開園前にもかかわらず10組ほどが待機中でした。

西武園ゆうえんちは、USJを立て直した森岡毅さん率いる「刀」のプロデュースで全面リニューアルを行ったことで注目される施設。今日は刀の皆さんが仕掛けた楽しみ方を堪能したいと思います。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


まずはチケットを購入。実はこの施設に来るのは22年ぶり。以前来た時はプールの視察だったので、遊園地にを楽しむのは初めてです。

チケットはパスポート形式のみで大人は4900円。以前は入場料だけで1100円であったことを考えると価格にして4倍以上・・・。その分乗り物がたくさん載れるのでありがたいのですが、この天候でどのくらい動いているのかはちょっと不安です。

チケット売場は駅の出口の反対側。駐車場からつながる大きな広場になっているので、今日みたいな天候の日にはテントをかけて雨を多少しのげるようにしてくれています。

チケットが昭和を彷彿させる文字だったりこだわりが随所にあります。


西武園ゆうえんち


広場には乗り込むこともできる路面電車なども置かれています。とりあえず開園まではこの中で過ごすことにしました。

そして10時の開園時間。大阪の施設のような案内が流れて無事に開園。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


意外に待っている人が多かったことを実感。改札は8ゲートで個別のブース。今どきのフラップ付きの改札です。中に入るとエンタメスタッフさんがさっそく絡んできます。

元気よくお客さんに絡んでくる婦警さん。この人以前大阪で逢ったように感じるのは気のせいでしょうか?赤い服を着ていたような・・・。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


さて、改札を抜けると選択肢は二つ。屋根の付いた夕日丘商店街に進むか、左に折れて坂を上って夕陽館に向かうか?高いところから先に見ておこうと決めて、まずは夕陽館。

こちらホテルか?映画館か?という外観なのですが、中身はアトラクション。今日は開園後は「ウルトラマンライド」、午後三時から「ゴジラライド」。ということでウルトラマンライドに乗ります。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


「娯楽の殿堂」という昭和な案内の看板をくぐってウルトラマンライドへ。定員とともに重さが記載されているということは・・・ライドはソアリン??

勘ぐりながらそこそこの斜面を昇り詰めると乗り場に到着。レッドカーペットが敷かれた豪勢な施設内を乗り場に向かいます。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


扉の前で待たされることしばらくすると、自分以外のグループが到着して、ショーが開始。この先は撮影NGです。科学特捜隊の制服を着たスタッフさんの説明を聞きながらプレショー。そしてライドに乗り込みます。

二日連続で最初の乗り物がソアリン・・・。今まで世界遊覧のような映像した見たことなかったので、ウルトラマンと戦うストーリーは新鮮です。同じ乗り物でも体感は全然違います。


西武園ゆうえんち


意外と堪能してしまった後、出口にはAR技術を使ったフォトスポットもあります。せっかくなので撮ろうかな…と思った矢先、雨がひどくなってきて退散。傘を忘れてしまったので傘を入手するために夕日丘商店街に移動します。


西武園ゆうえんち


屋根が付いた商店街なので傘を探すと、入口近くにありました。


西武園ゆうえんち


雑貨店という名のお土産ショップ。ここで問題が発生。この施設現金(日本円)が使えない。

安心してください!!電子マネーは使えるのです。令和の電子通貨の威力で傘を無事購入。視察を続けます。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


最初に目についたのが「タバコ屋」。今や絶滅危惧種のお店です。昭和の時代は「動くアクセサリー」だったようです。今のJTの告知とは真逆ですね。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


鮮魚店の向かいが鮨屋だったり、昔の事情もリアルに再現。


西武園ゆうえんち


豆腐屋さんは個人的には「藤澤豆腐店」を使ってほしかった気もします。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


どのお店も1階は店舗、2階は居住スペースという事情もしっかり再現しています。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


自分以外のゲストに人気と見えるのがお団子屋さん。大きなサイズで食べ応え抜群でした。日本円で600円。


西武園ゆうえんち


電子マネーが使えるので、表示はちょっと苦労がありそうです。「電子的通貨」・・・中国語のような雰囲気です。


西武園ゆうえんち


そしてここからは傘の出番。商店街から外に出てアトラクションのエリアに向かいました。ここまで来ると人の数は激減。雨の日はアトラクションの運営は大変です。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


ほとんどスタッフさんと絡むことなく、アトラクションを見て回っていると「チャレンジトレイン」という文字が見えまして、看板をたどるとほぼ園内の端にアトラクションがありました。

こちらのスタッフさん熱心に利用を進めくれまして、せっかくなので乗らせてもらうことにしました。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


このアトラクションは簡単に言うと「リアル電車でGO」。小ぶりの電車ですが、機器の配置や表示は凝っていて、3回の停車の正確さで点数が出ます。

警笛も鳴らさないと減点されるというもので・・・実際にやってみると自分は70点。初心者にしてもいい点数だそうです。

雨の中、立地の悪い場所で、接客をこんなに頑張るスタッフさんに会えたのはありがたいことです。感謝です。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


定期点検の観覧車と、雨のためバイキングは運行停止。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


屋根のあるメリーゴーランド。雨に強い旋回系のオクトパスは元気に営業。オクトパスはスタッフさんが盛り上げる演出があります。雨が恨めしい限りです。


西武園ゆうえんち


西武といえば野球の西武ライオンズがすぐ頭に出てきますが、西武のキャラクターとのつながりなんでしょうか?手塚治虫作品がモチーフになったアトラクションエリアもあります。

上の写真が撮れるフォトスポットもあります。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


地面に書かれたマスを使ったスゴロクもあります。今日は雨なので誰もしていませんが・・・。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


もちろんアトラクションもあります。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


そして韓国の人にはちょっと抵抗がありそうな入口の装飾ですが、レストランもあります。カレーよりも生ビールが高いというのは昭和コンセプトからは外れているような気もしますが、原価がかかるものは仕方ないですね。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


さらには物販店舗もあります。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


手塚治虫作品関連のグッズに・・・。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


アトラクション関連のグッズもあります。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


そのアトラクションは物販店舗からちょっと離れたメリーゴーランドの隣にあるスタンプラリー「銭天堂」。どうやら危機を救うアトラクションらしいです。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


飲食店舗は名物レストランが二つ。まずは食堂車の雰囲気が楽しめる「黄昏号」。電子的通貨OKです。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


もう一つが「舶来亭」。こちらは先にビュッフェタイプのお店。

以前来た時とは全く雰囲気が変わってしまった西武園ゆうえんちです。

っで再び夕日丘商店街のエリアに戻ってくると、何故か軽三輪が鎮座しておりまして・・・。これから昼のショーが始まるようです。


西武園ゆうえんち


夕日丘商店街では「ブギウギ祭り」がお昼からスタート。NHKのドラマとコラボしているのか?偶然重なっただけか?詳細は分かりませんが・・・。

NHKのドラマとは時代が20年ほどズレているような気がするのは、ちょっと置いておきましょう。

出演するショースタッフさんがゲストに絡んでくことが多数。このショーの開始までに皆さん顔なじみになっていたようです。流石平日です・・・。



最後はお決まりのドタバタ大団円です。


西武園ゆうえんち


終わった後は、片付けが大変そうです・・・。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


最後に物販店舗に再度戻ってお土産を見せてもらいました。こちらはゴジラやウルトラマンのお土産。


西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち西武園ゆうえんち


遊園地のオリジナル商品もあります。


西武園ゆうえんち


さらには、昭和時代のなりきりグッズに手塚治虫作品エリアの商品もあります。この品揃えと展示方法はまさにテーマパーク式ですね。

今日のスケジュールの関係上。午前中しか入れませんでしたが、午後にはゴジラライド。夕方からはイルミネーションもあるみたいです。

流石、刀社ですね。顧客を楽しませる仕掛け満載で、売上も上がるような仕掛けも仕込まれていて楽しかったです。

でも個人的には、雨の中独りで頑張ってチャレンジトレインに載せてくれたスタッフさんが一番でした。どんなに仕掛けを施しても、やっぱり人間の接客力が大事なことを教えてくれた西武園ゆうえんちでした。 


西武園ゆうえんち


感慨にふけりながら移動した、駅の構内で見つけた自販機「ちゃばこ」・・・。これは一体??

 

 


 

「心あたたまる幸福感に包まれる世界」をコンセプトに2021年リニューアルオープン。あの頃の懐かしい町並みを圧倒的なクオリティで再現し、当時の人々との触れ合いや、懐かしい食体験、予定調和ではない人情味あふれるライブパフォーマンスにより、思わずその世界に引き込まれたような感覚に包み込みます。さらに、ライドアトラクションも新たに導入し、没入感とドキドキ感も楽しめます。
TEL 04-2922-1371
住所 〒359-1145 埼玉県所沢市山口2964
URL https://www.seibu-leisure.co.jp/amusementpark/index.htmlhttp://www.seibuen-yuuenchi.jp/
1日レヂャー切符 大人(中学生~)  4,900円
小人(3歳~)  3,600円
開園時間 10時00分~17時00分 (休園日あり)
※営業時間は時期により変動があります
アクセス JR中央線 「国分寺」駅から西武多摩湖線にて「西武遊園地」駅前 直通電車で17分
西武新宿線 西武多摩湖線「西武遊園地」駅前圏央道入間I.C.から約10km(約20分)

地図(GoogleMAP)

視察履歴

リニューアルしても仕掛けが増えても大事なのは人の力!!@西武園ゆうえんち(2023年11月10日)
プールに来ました(2001年8月25日)
2000年プールシーズン最終日でした (2000年9月3日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です