「U-style」は成功の近道か?@東映太秦映画村

新しい生活様式でのレジャー施設

NO.489


東映太秦映画村

東映太秦映画村


日時 2020年12月12日


コロナ禍といわれるこの時期でも新しくオープンする施設はいくつかあります。今回はそこに行きます。場所は太秦映画村。ここに「エヴァンゲリオン京都基地」ができたというのです。

時代劇のセットを利用したパークにエヴァ?というのがとても斬新。さらに告知も面白い。富士急ハイランドを頬仏させるような映像です。



コロナ対策と人気の高さから事前にチケットを入手しておかないと利用できないとの噂と当日は土曜日のため混雑がある程度予想されるので、前売り券(入園券+利用確約券)を購入して映画村に向かいます。

JR嵯峨野線(山陰本線)の太秦駅から徒歩5分(と書かれています)。


東映太秦映画村東映太秦映画村


嵐山電鉄の撮影所前からは徒歩2分です。横断歩道を渡るだけの距離です。


東映太秦映画村東映太秦映画村


撮影スタジオの横に入場口が見えてきます。


東映太秦映画村


今日の開園時間は10時なのですが10分前ですでに列ができています。この時間ではまだ当日整理券の配布があるようです(午前中にはなくなりました)。

入場前には検温(ディスプレイでの確認)を実施。チケットを購入後に入場可能です。


東映太秦映画村東映太秦映画村


改札を抜けるとちょっとした階段を登って映画村へ・・・”映画の世界へ”という雰囲気を感じさせる入口で趣がありますね。


東映太秦映画村


階段を登ると、感染対策の案内の隣にグランドオープンの告知。さらには施設内の案内などもあり、かなり力を入れていることが伺えます。


東映太秦映画村東映太秦映画村


通路はちょっと狭いのですが、この施設の歴史を感じさせるものが多数展示されています。なかなかパークにたどり着けないのですが、始めて来たらしい人達はあちこちで記念撮影中。こんなところも「映画村」ならではです。


東映太秦映画村東映太秦映画村東映太秦映画村


この通路を抜けると映画村の”アトラクション広場”というエリアに出てきます。正面に迷路が見えてきます。

この左側が今回の目的地「エヴァンゲリオン京都基地」です。


東映太秦映画村


最初に見えるのが「NERVカフェ」。映画村を意識してから和装のフォトスポットがあります。その奥にあるのが「NERVフォト」。こちらは撮影した写真の引換です。


東映太秦映画村東映太秦映画村東映太秦映画村


そして、周りが白と黒を基調にした時代劇風の建物なのに、ひときわ目立つ極彩色のエヴァ初号機。すでに人だかりができています。一応映画のタイアップという側面もあるようです。エヴァもかなりの長寿コンテンツです。


東映太秦映画村東映太秦映画村


今回自分が利用するのは11時30分からで、現在並んでいる方々は初回の10時30分。この間にちょっと場内を周ってみることにしました。

エヴァがあるアトラクション広場の隣が”オープンセット「江戸の町」”エリア。こちらは以前からの雰囲気を保っているところです。今日は寒いからなのか?土曜日の午前はこんなものなのか?ゲストはみんなエヴァ狙いなのか?色々考えるところはありますが、人の気配をあまり感じません。


東映太秦映画村東映太秦映画村


以前は賑わっていた遊郭のエリアも今日は人影もなく・・・。さらに以前は入れた座敷もコロナ対策なのでしょうか?利用できなくなっています。


東映太秦映画村東映太秦映画村


まぁ、こんな感じなので、セットの写真を撮るにはうってつけです。


東映太秦映画村東映太秦映画村東映太秦映画村東映太秦映画村


ショックなのは、日本橋が・・・渡れません・・・。


東映太秦映画村東映太秦映画村


気を取り直して時間になったのでエヴァンゲリオン京都基地に戻ります。まずはこのエリアのコロナ対策。スマホで呼び出し状況が確認できます。


東映太秦映画村


すでに今回の利用者の多くが並んでいます。並ぶときは足元のサインに一組ずつ並びます。この後のチケット確認時にIDカードがもらえます。以降ではIDカードにあるQRコードをかざすことで色々体験できます。


東映太秦映画村東映太秦映画村


まずは、初号機の前で記念撮影してもらえます。写真はNERVフォトで購入するとダウンロードもできます。


東映太秦映画村東映太秦映画村


撮影後には「かか使徒」のオブジェに対面できます。説明の看板がオブジェには合わない雰囲気ですが・・・。


東映太秦映画村


続いて中に入ります。と言っても階段があるだけなんですが・・・。QRコードをかざすとこの先の注意事項などを知らせてもらえます。


東映太秦映画村東映太秦映画村


この先は階段を登りますが、ソーシャルディスタンスを確保できるように階段にもフットサインがあります。思ったよりも進みが遅いのでじっと我慢です。


東映太秦映画村東映太秦映画村


続いて階段の踊り場ではパイロットとしての適性心理検査。一種の占いですね・・・。自分はあまりパイロットに向いていないという結果でした・・・。


東映太秦映画村東映太秦映画村東映太秦映画村


階段を一層上がると今度はクイズ・・・。「EVAパイロット学科試験」と書かれています。その隣には使徒の映像も流れるモニターもあります。なんかパチンコで見たことがあるようなシーンが続いていましたが・・・。


東映太秦映画村東映太秦映画村東映太秦映画村


この階の上がいよいよエントリープラグに乗車する場所。階段からはエントリープラグの後ろ側が見えます。


東映太秦映画村東映太秦映画村


ここまでパネルで登場しなかった「カオル」は外にいるのが確認できます。マニア受けする演出ですね。


東映太秦映画村


利用を待つ場所はエヴァ初号機の角の高さなので、下を見ると爽快です。


東映太秦映画村東映太秦映画村


やっと順番が来て、エントリープラグへ乗車。シートはこんな感じです。樹脂製なので清潔ですが背中が痛いです・・・。


東映太秦映画村東映太秦映画村


利用が終わると、最後のフォトスポット。ATフィールドを撮影できます。仲間がいればフィールドを突き破る写真が撮れるんですが・・・。仕方ないです。


東映太秦映画村


これで終わりかな?と思ったら最後にエントリープラグに乗った際のシンクロ率の判定。甲・乙・丙・丁の4段階で評価されます。虹色・赤・緑・青ではありません。


東映太秦映画村東映太秦映画村


QRコードをかざして判定してもらうと・・・青・・・ではなくて「丙種」なので見習いパイロットでした・・・結果が良くないとアスカにバカにされます。


東映太秦映画村東映太秦映画村


いよいよ出口。最後に使徒に見送ってもらいます。


東映太秦映画村東映太秦映画村


出口を抜けた後、最後にもう一枚撮影してもらえます。

今度は初号機の手のひらの上で撮影です。自動で撮影してもらいますが、個人で撮り合ってもOK。ただしスタッフさんはカメラ触れないそうなので、独りで行くと強制自撮りです。


東映太秦映画村東映太秦映画村


カメラで撮ってもらった感じはこんな感じ。


東映太秦映画村


以上でアトラクションは終了です。40分くらいで回れました。

ちなみに、このエヴァンゲリオン京都基地ですが、以前ここにあったのは「御利益大明神」。ちょっとシュールな神様が登場するエリアでした。バチが当たりませんように・・・。



アトラクションの後は、カフェも見てみます。もともと「忍者カフェ」として営業しているところに同居しているようです。「NERVカフェ」という商品があるように見える案内です。

食べ物、飲み物、土産物と色々あります。USJのCoolJapanでのエヴァンゲリオンのときよりも品数は多いようにも見えるのは気のせいでしょうか?


東映太秦映画村東映太秦映画村


せっかくなので「色が変わるティー」を頼んでみました。コースター付きで600円。レモンシロップを入れると色がちょっと変わります。コースター欲しさに頼んでいる人が結構多いようです。


東映太秦映画村東映太秦映画村


せっかく来たのでお土産も確認しておきます。今年の1月以来なので大きな変化はありませんが、GOTOトラベルを意識したものが若干増えているようです。


東映太秦映画村


また、太秦映画村もちょっと笑えるようなお土産は色々あります。記念というよりはウケ狙いで買ってみるのも一興なものが相変わらずあります。


東映太秦映画村東映太秦映画村


USJの復活以来、もともとのテーマ性や既成概念にとらわれないコンテンツを入れる施設が関西圏では増えているようです。もっとも今回見たのはひらかたパークと太秦映画村の二か所だけなのですが・・・

時代劇のセットを背景にエヴァンゲリオン京都基地というのも不釣り合いでは?と思うところもありますが、それでも十分楽しめる施設になっているのは流石ですね。

一方で太秦映画村にピッタリな「鬼滅の刃」はあまり見かけませんでした。こちらは年末からスタートみたいなので、また来る楽しみができました。コロナ禍が収まったらまた見に来たい施設です。


東映太秦映画村東映太秦映画村


 

 

 

東映太秦映画村

東映太秦映画村は、京都市右京区太秦東蜂岡町にある映画のテーマパーク。日本に於けるテーマパークの先駆けといわれる。東映京都撮影所の一部を分離し、巨大映画アミューズメント施設として一般公開した。
TEL 075-864-7716
住所 〒616-8161 京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10
URL http://www.toei-eigamura.com/
入場料 大人 2,400円
中・高生 1,400円
小人(3歳以上) 1,200円
開園時間 9時00分~17時00分(季節により変動あり)
アクセス JR山陰線「太秦」駅より徒歩5分
嵐電「太秦広隆寺」駅より徒歩5分
嵐電「撮影所前」駅より徒歩2分

地図(GoogleMAP)

視察履歴

「U-style」は成功の近道か?@東映太秦映画村(2020年12月12日)
「お正月」という言葉が一番似合うテーマパーク@東映太秦映画村(2020年1月2日)
クリスマスが使えなくても大丈夫@東映太秦映画村(2018年12月24日)
本物志向エンターテイメント(2016年5月15日)
和風usj・・・!?(2009年3月13日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です