新アトラクション「ドドンパ」を乗りに来ました

No.0119


富士急ハイランド


 

富士急ハイランド


視察日時 2001年 12月 23日


到着まで

早いもので明日は、クリスマスイブです。今日は世界最高を体験しに富士急ハイランドに向かいます。今年の7月にオープンの予定だったのですが、なぜか延びに延びて12月21日にやっとオープンした、新しいアトラクション「ドドンパ!!」に乗りに行きます。

実家から富士急ハイランドまでは中央道をひたすら走り続ける1本道ですが、それでも今日は6時に出発します。実家でも充分すぎるくらい寒いのですが、なんとここから富士山の麓に向かうのですから・・・。

途中降りると寒いので、ひたすら車を飛ばして河口湖ICに8時前に到着しました。ここからはもう目と鼻の先なのですが、路面が凍っているので結構気を使って運転します。

富士急ハイランド富士急ハイランド

冬の寒い朝は富士山は本当にきれいです。吐く息は真っ白・・・。なぜこんな日に一人で・・・という気もしますが、とにかく世界最高のためには我慢しましょう!!

チケット売場はもうすでにオープンしていて、チケットを買う人もかなり増えてきました。今日は9時からのオープンなのですが・・・現在は8時30分。もちろんアトラクションは何も動いていません。

みなさんお目当てはもちろん「ドドンパ」です。実は21日にオープンはしたものの当日は雪が降り、翌日は強風というコンディションのため殆ど運行されていないまま今日になったようです。今日は快晴微風(寒いけど・・・)の絶好のコンディション早速ドドンパの列に並びます。

富士急ハイランド富士急ハイランド

駐車場側入口は第1入園口と呼ばれていて、車で来た人とホテルを利用した人のための入口なのですが、ドドンパの乗り場はこのすぐ傍にあります。

ドドンパの営業時間は10時から17時の限定で、さらに1日1000人しか乗せないと言う情報を入手していたので今日は決死の覚悟できたわけですが、すでにキューエリアには人がたくさん・・・。なんという人気でしょうか??

キューエリアでは昨日も来たけど乗れなかった人や、このために連休は富士急ハイランドホテルに泊まっている人など・・・様々です。8時半ですからまだ最初の人が乗るまでに90分もあります。並んでいると不思議と連帯感が生まれてきます。

富士急ハイランド富士急ハイランド

自分のように一人で来ているとトイレが辛いのですが、カバンを持っていてくれたり、煙草を交代で吸いに行ったり(キューエリアは禁煙なんですが・・・)、寒空の中でみんな親切です。

8時50分位になるとフジヤマも運転が開始されて、9時過ぎには最初の「絶叫」が聞こえてきます。しかしこちらは後60分耐えなければなりません・・・。

やがて9時過ぎになるといよいよドドンパも試運転開始です!!


午前の部

いよいよ9時を過ぎて他のアトラクションもオープンしました。場内にはにわかに人の声が増え始めますが、まだまだドドンパ待ちの人たちは静かです。

別に息を潜めているのではないのですが、寒くて・・・。そして9時過ぎに待望の試運転開始となりました。

ドドンパはコンプレッサーによる圧搾空気でライドを押し出してコースを走るアトラクションです。最高速度は時速172キロ!!とんでもないスピードです。当然ライドを押し出す瞬間の音は施設内に響き渡る凄さです。

富士急ハイランド富士急ハイランド

飛び出すスピードもさることながら、途中のコースもまた凄い!!172キロに到達したライドはそのままバンクを曲がり込み、そのまま垂直に上昇します。上昇しきったら今度は上がった分だけ垂直に下降・・・。なんというアトラクションでしょうか・・・。

今までのジェットコースターの常識が簡単に吹っ飛ぶようなアトラクションです。そしてニックネームが「ワールド・ブッチギリ・コースター」。確かに・・・。

そして10時ちょうどにいよいよ扉が開いて中に入ります。しかし、建物の中に入ってからさらに80分待つのです。実はこれだけの装備なので安全点検も大変なようで・・・どんどん出発はできないのです。

富士急ハイランド富士急ハイランド

そして建物の中ではモニターにコースを走るドドンパの車載カメラ映像が・・・。確かにとんでもなさそうです・・・。

ドドンパは定員が8人なので、8人毎に乗り場に入れてもらえます。乗り場とキューエリアの境は自動ドアで仕切られていて、ドアの手前で8人にグループ分けされます。問題になるのが奇数人数で来た人(特に1人等という人!!)です。1回待たされて一番前に乗せてもらう代わりに3人組と一緒になりました(あまりに恥ずかしくて先頭は譲ってしまいましたが・・・)。

3人組の女性は、これに乗るために大阪から来たそうで、大層意気込んでおります。

富士急ハイランド富士急ハイランド

安全装置もシートベルトを締めて、膝ごと押さえ込む安全バーを装着します。メガネは自己責任でかろうじてOKでしたが、その他の持ち物は全てロッカーにしまいます。

準備完了し、いよいよ出発!!最初は暗いコースをゆっくりと動いていきます。そして「3・2・1」という合図とともに急加速!!気分はトップガンのトムクルーズ状態です(古い・・・)、と言う余裕なんか全くありません。「うぉ~」と久々に叫んでしまった・・・(35歳)。

真っ暗なコースからいきなり外に出るとすでに172キロの最高速、風圧も凄いがこのスピード感は半端ではありません!!

富士急ハイランド富士急ハイランド

富士急ハイランド富士急ハイランド

大きなバンクを高速で旋回するとそのまま今度はライドは垂直に上昇!!そして観覧車の頂上と同じくらいの高さから今度は垂直に落下!!なんとこのときの重力は4G!!そのままライドは再び登って減速・・・写真を撮って無事終了・・・。

たったの90秒のために並んだ時間は2時間半!!いやいやしかし楽しい乗り物です。写真の売場にはグッズも並んでいて、今日は乗り終わると搭乗認定証がもらえました。

富士急ハイランド富士急ハイランド

もう一回どうかななぁ・・・とキューエリアに行って見るとなんと4時間待ち・・・今日はこれでやめておきましょう・・・。

すでに11時を回っており、あまりにも凄かったのでしばらくアトラクションに乗る気力が失せてしまいました。せっかくなので場内をグルリと一周しましょう。駐車場から入った入口の他に、富士急行の富士急ハイランド駅側には第2入園口があります。

富士急ハイランド富士急ハイランド

ドドンパのスタッフは黒装束で決めていたのですが、他のスタッフはサンタクロースのかぶる赤白帽子を着用して対応しています。今日はドドンパのおかげでここまで気が付きませんでしたが・・・場内のスタッフはサンタが多いのです。

第2入園口の傍には「バードマン」があるのですが、事故を起こして以来営業停止が続いており、エリアは封鎖されていました。4月に乗っておいて良かったです

富士急ハイランド富士急ハイランド

バードマンの反対には冬でもずぶ濡れ・・・グレート・ザブーンが健在です。さすがにこの時期はキャノピーで仕切ったタイプだけの営業となっていますが、何が悲しくてこんな日に・・・。

さてバードマンの横を抜けて、武田信玄黄金伝説(さすがにこれは一人では・・・)を抜けると「トーマスランド」に出てきます。富士急ハイランドの凄さはとんでもないスリルライドがある一方でこうしたスリルライドに乗れない小さい子供用のアトラクションが充実していることです。こちらはほんわかした雰囲気です。4月に来たときと違うのは、この雰囲気の横を時速150キロ以上でドドンパが走り抜けていくところです・・・。

富士急ハイランド富士急ハイランド

子供連れに混じって、中年が一人でいると無用な誤解を生みそうなので、このエリアは早々に退散・・・。続いてスケートリンクに向かいます。

富士急ハイランドの冬と言えば、スケートリンクは外せません。夏場は足こぎボートがあるエリアですが、ここを凍らせてリンクに・・・。さすがに手慣れているようでサイズを合わせるために板に固定された靴が並んでいたり、スケートができない人にもソリがあったりといたれりつくせりです。

富士急ハイランド富士急ハイランド

当然お客さんもたくさんいます。スケートリンクでは衝突等によるアクシデントが発生しやすいのですが、ここではみなさんゆっくりと回っているので大丈夫!!

スケートリンクを過ぎて再びドドンパのコースを過ぎると夏のプールのエリアに出てきます。ここは雪の世界になっており、さらに仮面ライダーアギトの基地になっているようです。

富士急ハイランド富士急ハイランド

夏のプールのエリア一面に雪が敷き詰められていて、滑り台があったり、土管が埋められていたりと子供にとってはたまらない構成になっています。

さらに時間になると仮面ライダーが登場して握手会なども行っています。もちろんお馴染みのアクションヒーローショーもあります。

富士急ハイランド富士急ハイランド

アトラクションのエリアはしばし離れて、こうしたスケートや雪のエリアというのは富士急ハイランドならではです。

さぁ食事にしましょう!!かつてアーケードゲームのコーナーだったところは「フードスタジアム」と名前が変わり、飲食施設兼イベントスクエアになっています。今日は早食いコンテストの真っ最中でした・・・。司会は「×GUN」でした。

富士急ハイランド富士急ハイランド

早食いを見ながらゆっくり等という都合のいい食事はとてもとれそうにないので、もう一つのレストランに向かいます。こちらは年中クリスマスの「レストランラグーン」へ

建物がギフトボックスになっているのが目印のカフェテリアです。今日はランチがありましたので、早速注文!!

富士急ハイランド富士急ハイランド

ドドンパから始まって、仮面ライダーと趣向を凝らしてもてなして頂きました・・・。


午後の部

食事も終わり、いよいよ午後の部に突入!!最初に向かったのはなめていると意外に怖い「パニッククロック」。座席に座ってグルグルと垂直に回されます。オリンピックの体操選手の気持ちが分かるアトラクションと言ったところでしょうか?

確かに怖いのですが、ドドンパのあの衝撃の後では・・・こんなもんかい?と言う感じでしたが・・・。

富士急ハイランド富士急ハイランド

続いてお隣にある、ウエーブスインガーへ・・・。一人でグルグルしていてもあまり楽しくないのですが・・・。おもしろいのがサンダル履きの方は靴を脱いでから乗ります。終了時はずれて止まったりするので、ちょっとかわいそうですが・・・。

せっかくパスポートを買ったので、どんどん行きましょう!!次はガンダムザライド。シミュレーションシアターです。しかし、ドドンパ以外は全然待たずに乗れます・・・う~ん・・・。こちらは不思議な乗り物で、ガンダムの筋書きがわからないと・・・かなり苦しい・・・。

富士急ハイランド富士急ハイランド

終わると、またとなりへ・・・。今度は「ゲゲゲの妖怪屋敷」。一人で入っても全然怖くないのは・・・なぜか・・・?寂しくなってきました・・・。

こうなるともうやけくそ状態です。今度はグレートザブーンに挑戦・・・。落下ものに対しての恐怖感が全くなくなってしまっています・・・ドドンパの後遺症でしょうか??

富士急ハイランド富士急ハイランド

グレートザブーンに乗ってから、ちょっと休憩しようと思ってフジヤマの下に来ると何ともおもしろい看板を発見!!

クマに会ってもプロレスをしては行けないのです・・・。しかし、「タックルをしない」ってかなりマニアックな記述だと思うのですが・・・。

富士急ハイランド富士急ハイランド

こんな遊び心満点の看板って楽しいですよね・・・。再び元気になって、この後は「マッドマウス」にチャレンジ!!

ミニコースターですがこれがまたチョコチョコと・・・。縦より横に激しいアトラクションです。口開けたまま殆ど「阿呆面」状態になってしまった・・・。

富士急ハイランド富士急ハイランド

ついでにと言ってはなんなのですが、今度はZOLA7に乗ります。今度こそ!!と思うのですが結果はいつも通りでした・・・。はぁ・・・。

さぁ午後のハイライトに行きましょう。もちろんフジヤマです。ドドンパのおかげで案内も「世界最大級の・・・」となってしまいましたが、以前人気は健在で、1時間待たなくては乗れません。

一人で1時間は結構寂しいものがあるのですが、まぁこれも人生楽しみましょう・・・!?

さてフジヤマのスタッフもみなサンタ帽子でお仕事中です。さすがにフジヤマの戻ってきたときのゲストの顔は見ていて楽しいです。驚き、楽しさ、恐怖感・・・いろんな感情がごちゃ混ぜ状態の顔ですから・・・。

富士急ハイランド富士急ハイランド

っで、いよいよ搭乗なのですが、とにかく最初に驚いたのが、登っていくときが寒い!!風が・・・あぁ・・・冬のコースターは気をつけましょう!!

と思っているといきなり急降下!!上昇下降を繰り返してひねり込んで再び下降!!写真を撮って、さらに最深部でバンクを旋回!!とやはり何度乗っても楽しくて怖いアトラクションです。

すっかり満足して時計を見るとすでに16時過ぎ・・・。今日はもう満足です・・・。


パスポートの効力は?

本日のパスポートは4500円のところ、インターネットの割引券で4100円で購入!!これに対して乗ったアトラクションは

  • ドドンパ 1000円
  • パニッククロック 500円
  • ウエーブスインガー 500円
  • ガンダムザライド 1000円
  • ゲゲゲの妖怪屋敷 500円
  • グレート・ザブーン 800円
  • マッドマウス 500円
  • ZOLA7 800円
  • フジヤマ 1000円
  • 仮面ライダーアギト雪の秘密基地 200円

と合計6800円でした。8時半から16時半までで8時間で10アトラクションですから、今回はかなりお得です。富士急ハイランドにはパスポートで利用できるアトラクションが27あります。さらにトーマスランドのアトラクションが7ありますので、パスポートで制覇すると一個当たり167円になります。

富士急ハイランドはパスポートで遊ぶのが絶対にお奨めです。

富士急ハイランド富士急ハイランド

もちろん記念写真のスポットもクリスマス特設のものもありました。

絶叫したい方は是非どうぞ!!ちなみにドドンパは昼過ぎにはこうなりました・・・。

富士急ハイランド富士急ハイランド

朝は早く出ましょうね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です