雅の世界は意外に質素だった@京都御所

NO.324


京都御所


日時 2017年 1月 6日


学生の頃に京都御所という名称で習った記憶があるのですが、京都内の案内には「京都御苑」と記載されている。ちなみに宮内庁のホームページでは「京都御所」。一体どれが正しいのか・・・・?

普段は非公開で冬時期に一時的に公開するという施設だと思っていたのですが、2016年の7月から一般公開されるようになったとのこと。せっかくの機会なので見に来ました。

地下鉄の「丸太町」か「今出川駅」が最寄りと書かれているのですが、地上に上がると長く続く塀しか見えない。


京都御所京都御所


先日言った故宮博物院と同じパターン。やはり王族の暮らす場所はデカいのである。しばらく進むと門が見えてくる。ここを抜けて案内看板を確認してようやく理解したことがある。京都御所を含む、このエリアを京都御苑というのだ。一つ賢くなりました。

さて、京都御所は・・・というと全く見えない・・・やはり広いぞこの施設・・・

しばらく歩くと、明治維新の発端になった有名な「蛤御門」が見えてきた。いよいよまじかのようです。


京都御所京都御所


歩くこと、駅から15分ほどでやっと御所の入口に到着しました。駐車場に駐輪場、休憩場所、喫煙コーナーもあります。そして御所の入口は警察官が警備しています。

この入口は「清所門」と呼ばれる場所です。ガイドマップを見るとここは出口という動線なのですが、今日は閑散時期(平日)ということで、動線を簡略化しているようです。


京都御所京都御所


入場料金は何と無料!!その代り、荷物検査などを受けなければなりません。もちろん怪しいものは何もありませんのですんなりと通過。

荷物検査が終わると、入館証をもらえます。これを退園までの間、身に着けていなければなりません。


京都御所京都御所

京都御所京都御所


ここを抜けると「宣秋門」の方向に向かいます。「御車寄」と呼ばれる場所などがあることから、本来はここが正式な入口ということになるようです。

壁が高いので、外の景色は全く見えません。昔にタイムスリップした雰囲気を感じられるとってもいい雰囲気です。


京都御所京都御所

京都御所京都御所


御車寄の隣には待合室があるのですが、この待合室も身分によって三段階に分かれています。桜→鶴→虎と襖絵で分かれているそうです。よく考えられているんですねぇ・・・・・

ここを抜けると「建礼門」「承明門」という映画「陰陽師」で出てくるような門が見えてきます。

現在の国会議事堂入口という位置づけになるのでしょうか?


京都御所京都御所


この承明門の奥にある建物が、「紫宸殿」。まさに政務が行われるところです。残念ながら承明門からは入れず、右側の召華門を迂回して入り、紫宸殿前の前庭の手前までしか入れません。

再び、承明門の外に出ると、「屋根の構造模型」があったりします。


京都御所京都御所


この紫宸殿のとなりにあるのが、「春興殿」。大正天皇や昭和天皇が即位の礼を行った場所だそうです。思ったより質素な場所で行うんですね。


京都御所京都御所


この奥に入ると紫宸殿の裏側。紫宸殿のバックヤードで、小会議室、王族の住居などのエリアに入ってきます。

建物の中に入ることはできませんが、外から見るだけでも源氏物語絵巻などに出てくるような部屋が確認できます。


京都御所京都御所

京都御所京都御所


庭園部分も見ごたえあります。こちらもテレビでしか見たことのない景色です。結構感動します!!


京都御所京都御所


そして最後に出てくるのが「御三間」と呼ばれる施設。天皇家の私的行事で使われる部屋ということですが、この部屋の内装はかなり豪華。


京都御所京都御所

京都御所京都御所

京都御所京都御所


御所全体の半分くらいしか見れませんが、天皇家って思ったよりも質素な部屋で暮らしていたようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です