スーパープールでダンスを見る!?

NO.203


東武動物公園


東武動物公園


視察日時 2004年 7月11日


入場まで

前日夜に雨が降った翌朝の今日は日曜日。曇りでは?という天気予報は見事に外れて良い天気。今日は東武動物公園に行くことにしました。

地下鉄の半蔵門線が東武線とつながったので、最近は東京西部に住んでいる人も行きやすくなったのでは?と思います。

それと浅草から特急「りょうもう」に乗ると、北千住の次が東武動物公園駅。
時間にして30分くらいでしょうか?料金は乗車券の他に特急券が500円余分にかかりますが、ゆったり行けるのは魅力です。

東武動物公園東武動物公園

東武動物公園に行くときは、東武鉄道の割引券が絶対お得!!なんて豪語していたんですが、すっかり買い忘れてしまって意気消沈・・・。

そんな自分に救いの神?が・・・東武動物公園駅前の「東武トラベル」。
なんと、ここで東武動物公園の割引チケット(200円引き)が買えるのです。
自分はいつも一人なので200円ですが、4人で行けば800円。
馬鹿になりませんね、この差は(笑)

早速購入することにしたんですが、チケットをそのまま「ハイ」と渡されてしまった。
もう少し、ホルダーに入れるとかさぁ・・・と内なる自分が叫んでいる・・・。

ここからは歩いて東武動物公園まで・・・。
おなじみの私営(?)駐車場の呼び込み、いつもながらに豪快で強引です(?)

10分ほど歩いて、東武動物公園に到着。
侮っていた天気予報の言うとおり、雲行きが徐々に怪しくなってきました・・・。

東武動物公園東武動物公園

すでにチケットは購入してあるので、まずはエントランスの周辺でウロウロ。
以前来たときと特に変わったところはないようです。

緑の地面に、オレンジのゲート。色彩的にはかなり派手ですね。

早速改札に向かうことにすると、改札前がちょっと混雑。
よく見ると、「法人受付?」と書かれたテーブルが・・・?
でも、どっから見ても受け付けているのは若者風・・・。どんなからくりなのだろうか?

東武動物公園東武動物公園

続いて、プールのゲートまで移動するため、園内のバスを利用。
東武動物公園は、敷地が縦長なので、東武動物公園駅からだと、園内をかなり歩くことになります。

泳ぐ前にバテバテになってしまっては・・・と思い(というか単に暑いので・・・)バスに乗車。
さて、このバスよく見ると行き先の案内表示板に「マコト」と人名が書かれています。
他のバスにも違う名前が書かれているんです。

ひょっとしてバスに名称があるってことかぁ?
こんなところは凝っているんですが、肝心のバス走路は、思いっきりバック通路。
ジュース片手にタバコ中のおじさんなんかもたくさんいて・・・。

そんなこんなでやっとの思いで、プールの入口に到着。
天気はイマイチ曇っているのに、今日も暑いですねぇ・・・。

改札の前には女性が二人。
暑さにもめげずに「こんにちは」と元気に声をかけています。

東武動物公園東武動物公園

気持ちよくチケットをもぎってもらいましたが、ふと思ったのが最近の施設
「こんにちは」と「いらっしゃいませ」
が二極化してきましたね。どっちが良いんだろうか・・・?

では、着替えましょう!!


ロッカーとレンタル

としまえん、よみうりランドWAI、に続いてなんとここ東武動物公園(正確には「東武動物公園スーパープール」)も、ロッカーが変わっていました。

今までと同じ、開け閉め自由タイプです。
もはや、これはプール施設の一大ムーブメントになっているようです。

もちろん、ここも400円と600円の2タイプ。使い終わったら「赤いボタン」を押すと100円戻ってきます。

東武動物公園東武動物公園

続いて、更衣室と洗面台をチェックしましょう。
男性用ロッカー(女性用はわからない・・・)の一番奥にあります。

更衣ブースと洗面台、シャワールームとかなり過密に配置されていますので、プールから出る人が増える時間帯はかなりの混雑です。

でもドライヤーが無料で使えるのはありがたいですねぇ・・・。

ちなみにプールの他のエリアはノンスリップタイル加工された床面ですが、ロッカールームはその加工がありません。気を付けないと滑りますので注意しましょう。

あと、ロッカー同士の間隔がかなり狭いので、着替えるときは後ろ注意しましょう。
鍵に引っかけて、“ビリッ”とやらないようにです。

東武動物公園東武動物公園

着替えが終わったら、いよいよプールに向かいましょう。

浮き輪やフロートなど持ってきた人は、ここにコンプレッサーありますから、空気入れるの忘れないように・・・。

それでは、プールに向かいましょう!!レンタルのチェックです。

レンタル品は全て、プール中央の受付で行います。
場所貸し、もの貸し・・・全部です。

場所貸しはロイヤルシートとパラソルシートの二種類。浮き輪は大きめのものが一種類。なかなかシンプルです。

東武動物公園東武動物公園

ロイヤルシートはそのままですが、パラソルシートは利用後に、受付まで“パラソル”を持って行きます。借りるときにはもちろんパラソルをもらい、自分で立てます。


プールの構成

東武スーパープールは実にシンプルな構成です。

波のプール、流れるプール、子供プールに加えて、ボディースライダーとチューブスライダーの二つのスライダー。いわゆる基本通りです。

プール周辺で目に付くのが、人工芝で作られた通路。
今日はそれほどでもありませんが、炎天下ではプールサイドは熱いですからねぇ・・・。

東武動物公園東武動物公園

炎天下対策とはいえ、あくまでも通路用のものなので、実際にプールに向かうときには熱い路面を歩かなくては行けないわけで、プールサイドよく見ると、サンダルだけが並んでいるシーンがよく見られます。

別に入水●×ではないので、ご安心を・・??

まずは、波のプールから見てみましょう。
普段は、何もないただのプールです。
波を起こす際には、予め場内放送が流れます(15分くらい前から流れます)。

そして時間になると、最初は緩やかに徐々に大きくなって・・・と言うほどは大きくなりませんが、波が出てきます。

東武動物公園東武動物公園

続いて、流れるプール。ここの流れるプールはいわゆるひょうたん型。
まだプール開きして2日目ですが、何ででしょうか?思ったより水が汚く感じます・・・。

ちなみに、このプールは浮き輪、フロートなんでもOKです。

東武動物公園東武動物公園

続いて、子供用のプール。
こちらはちょっと高い場所にありまして、小さなスライダーと山登りのできる場所があります。

子供用ですが、監視員はしっかり付いていて、かなり安全には気を遣っているようです。

東武動物公園東武動物公園

続いて、スライダーなんですが、こちらはそれほどド派手!!と言う感じでもなく、非常にオーソドックスなタイプ。

浮き輪の方は結構並んでいますねぇ・・・。

東武動物公園東武動物公園

一方プールサイドで特徴的なことは、“芝生”が多いこと。
熱いコンクリートの上で寝るよりは、ずっと気持ちよく休めます。

ちなみに東武スーパープールでは、時間になると全部のプールから遊泳者を上げて、水底確認と休憩時間を取ります。
時間にすると10分くらいでしょうか?

東武動物公園東武動物公園

せっかくの、くつろぎアイテムの芝生なんですが、よく見ると所々かなり痛んでいます。
完全に剥がれてしまっていたり、芝生下の養生マットが見えてしまったり・・・。
もったいないですねぇ・・・。

プールサイドで休憩していると、場内放送でなにやらパフォーマンスがあるとのこと。
「トッピーとチェキライオンのステージ」だそうです。
せっかくなので、見ていきましょう。

ステージは流れるプール中央のステージ(というよりは単なる中洲??)
いよいよ時間になって、トッピーとチェキライオンが登場。
チェックのバンダナが付いているから、チェキライオンってことなんですかねぇ・・・。

ダンスはヒップホップ全開。着ぐるみでこの炎天下よくこんなパフォーマンスができますねぇ・・・たいしたもんです。

ちなみに、ステージの時間はしっかりと休憩時間になっていて、時間をもてあましている人もたくさん見に来て結構混雑しました。

東武動物公園東武動物公園

何となく・・・全部見てしまいました・・・。


物販と飲食

物販施設はロッカールーム脇に一カ所と、場内のファーストフードショップの一部で、販売されています。

ロッカー前は、水着や浮き輪などの遊具、そしてプール内のお店は主に遊具です。

東武動物公園東武動物公園

残念ながらお値打ち品は見つけられませんでした。

一方の飲食施設は全てファーストフード系。
喫食場所が確保されているのが中央にあるレストラン(といってもショップに見えますが・・・)。
ここで買った場合は、横にある喫食場所を利用できます。

東武動物公園東武動物公園

この他の場所は、喫食場所がほとんどありません。
ちょっとテーブルが並んでいるくらいですから・・・。
その分場内どこでも食べるのはOKなので、不自由はしませんね。

東武動物公園東武動物公園

飲食施設の配置は見事で、場内のどの場所で休憩しても、近くにお店があるので助かります。ビールが一杯600円というのはビックリしましたが・・・。


感想

ここに来るといつも思うんですが、本当にオーソドックスな施設です。
取り立てて新しいものもなく、かといって不備もない・・・。

なんだか評価泣かせの施設です。

そんな中、便利だなぁ・・・と思うのがこのシャワー。
足踏み式で踏んでいる時間だけ水が出てきます。

東武動物公園東武動物公園

さらに、貴重品ロッカーもリターン式の開け閉め自由タイプに変わりました。

徐々に進化していく施設のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です