スポンサーリンク

扱いが大変な生物は実は・・・@旭山動物園

NO.423


旭山動物園

旭山動物園


日時 2019年 7月 21日


前回来たのが2006年なので実に13年ぶりにやってきました。前回来たときはブームの真っ盛りの時期でした。他の動物園も同じような展示方法を始めたのと、ブームも一段落したことと昨今の中国人観光客の北海道ブームでどんな感じになってるか?と興味は尽きません。


旭山動物園旭山動物園


今日は網走からの移動だったのですが、旭川駅がすっかりきれいに改装されていました。一番恩恵を受けたのが駅だったのかもしれませんね。


旭山動物園旭山動物園


旭川駅からはバス。路線バスなので25分くらいでしょうか?旭山動物園の正門の前に到着します。北海道は涼しいイメージがあるんですが、旭川は夏は北海道でも屈指の暑さになる地域らしく、今日は半袖でも汗が出てきます。

網走からの移動なので到着は午後になってしまいましたので、バスもゲートも大混雑というほどでありませんでした。 


旭山動物園旭山動物園旭山動物園旭山動物園


チケット売り場は自販機とかなくて手売り。料金が大人820円で、年間パスポートが1020円。なんというリーズナブルな粘弾でしょうか?

改札で特筆したいのが、消毒用マットが敷かれているところ。以前はなかったようにも思いますが・・・海外からのゲストが増えるとこうした点も配慮しないといけないんですかねぇ・・。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園


ガイドマップも外国語対応が充実。タイ語がある動物園は初めて見ました。入口のフォトスポットも外人さんがたくさんいるので、なかなか空きません・・・。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園旭山動物園


最初に見えてくるのが正門近くの鳥のエリア「ととりの村」。こちらではおなじみの手書きの説明盤が健在でした。だいぶ色が褪せて来たようですね。こちらは日本語の表示だけなので海外からの観光客はあまり興味を示さないようです。


旭山動物園旭山動物園


鳥のエリアの通路を挟んだ反対にあるのがキリン舎。おなじみのガイドも相変わらず盛況です。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園


キリン舎の隣がカバ館。今日も元気に泳いでいます。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園旭山動物園旭山動物園


このカバ館の1階で展示されているのがちょっとグロい。「アフリカのゲテモノたち」。いわゆるちょっとキモイ系の虫たち。小さい子などには少し刺激が強すぎたようで泣いている子もちらほら・・・。虫だって立派な生物なのでちゃんと鑑賞してきました。


旭山動物園


外に出るとライオンキングで有名になった「イボイノシシ」。ライオンキングでは小さ目な描写でしたが、実物は近くで見るとかなり大きいです。


旭山動物園旭山動物園


再びメインの通路に戻って先に進みます。通路右にあるのがペンギン館。まずはペンギンが頭上で泳ぐチューブなのですが・・不在でした。


旭山動物園


その先の展示エリアにはペンギン大集合。中には愛想のいいペンギンもいます。


旭山動物園旭山動物園


ペンギン館ではペンギンの食性や成長日記などが展示されています。一日にホッケを7匹も食べるペンギン。かなり贅沢な食生活です。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園


ペンギンの目線で展示が見えるエリア。ガラスがちょっと曇っていて残念でした。餌やりの時間になるとペンギンの周りは人だかりができるので、仮設の鑑賞台が用意されています。これはナイスなアイデアですね。おかげでよく見えました。でも大人がこれだけ乗ると子供さんはちょっとかわいそう・・・。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園


ペンギン館の対面がアザラシ館。こちらは海外でも有名なようで入口付近のフォトスポットから大人気です。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園旭山動物園旭山動物園


おなじみのチューブ水槽は人だかり(ほとんど外国人・・・)。水槽も人気ですがこちらは比較的写真撮りやすい感じ。愛想がいいアザラシが多いですね。中には外で独りでたたずんでいるアザラシもいたり、思い思いに楽しんでます。

アザラシの好物の魚も見れたりします。



餌やりの時間にはスタッフさんが説明してくれます。以前はもっと元気が良かったように思うのですが・・・。さすがに暑いからなんでしょうかね?


旭山動物園旭山動物園


アザラシ館の隣のホッキョクグマ館はさらに大混雑。クマが飛び込んでくるプールは傍に行くこともできませんでした。その分外から見えるエリアはサービスの良いクマが回遊してくれました。


旭山動物園


ホッキョクグマって熊の中で一番大きな種類のようです。知らなかった・・・。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園旭山動物園


ペンギン館の隣の「もうじゅう館」。現在日向になっている。トラ、ライオンはぐったりしてます。反対側の日陰になっているユキヒョウとヒグマは割合元気。日差しの影響でずいぶん違います。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園


その隣のオオカミの森。オオカミが地下で見れる展望場所からはオオカミは見えず・・・皆さん隅っこで伸びてます・・・。



ホッキョクキツネ舎という小さな場所では・・・大胆にお昼寝中です。これはこれで見ていてかわいい・・・。


旭山動物園旭山動物園


オオカミの森の隣にはエゾシカの森というのもあるんですが、こちらも暑いらしくエゾシカさんは日陰に退避。活き活きと動く動物が見える旭山動物園も暑さには勝てないようですね。


旭山動物園旭山動物園


活発なのとダレているのが顕著に違うのがお隣のレッサーパンダ舎の面々。無防備につり橋に乗って昼寝を楽しむものもいれば、人の近くまで来て積極的に写真に応じるものもいます。当然人だかりができます・・・。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園


旭山動物園の名物がオランウータンの食事の時間。おなじみの鉄塔渡りも披露してくれました。暑い中ありがとうございます。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園旭山動物園


屋内も屋外も割合元気だったのがチンパンジー。いろんなポーズに応じてくれます。ガイドマップに出ている主だったものは大体見ましたが、この他にもいろいろ凝った展示があります。


旭山動物園


蛇を下から見るとかなかなか味わえません。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園


他にもいろんな動物の展示があります。ほとんどは以前来たときと同じような感じでした。

以前と比べると圧倒的に増えてきたのがインバウンド観光客。スタッフさんも動物はお得意ですが、外国から来る人間への対応はなかなか苦戦しているようです。

手作り感満載の案内も外国語のものはほとんど見かけませんし、ガイドや餌やりを外国語で行うのは難しいでしょうから・・・。かといって無理やり外国語対応にするのも難しいでしょう。 

順調な集客をしているように見える旭山動物園も一番困っているのは人間への対応なのかもしれませんね。


旭山動物園旭山動物園旭山動物園


割合うまく捌けているのが飲食店舗。外国語対応がしっかりしやすいこともありますが、海外の人もスムーズに食事ができています。