+FUCHIKO@ニフレル

NO.341


nIFREL

nIFREL


日時 2017年 5月28日


本日の最終目的地であるエキスポシティに来ました。とっても今日はららぽーとではなくて、水族館のnIFREL(ニフレル)が目当てです。

伏見稲荷で山登りをしたので身体はクタクタですが頑張りましょう。前回来た時から大きく変わったのが、観覧車が稼働を開始したということでしょうかね。その観覧車のちょっと駅よりにあるのがニフレル。

今日は「コップのFUCHIKO」とのコラボイベントが行われています。どんな感じなんでしょうか?楽しみです。


nIFRELnIFREL


チケット売り場も改札も以前来た時と大きな変化はありませんが、年間パスポートも売り始めたんですね。最近、全国の動物園や水族館は年間パスポートの販売に力を入れているようです。3回くらいで元が取れるような料金設定にしているところが多いようです。

ニフレルでは大人6800円ということは、4回目で元が取れるということです。(7月19日現在、本年分は販売終了とのことです)


nIFRELnIFRELnIFRELnIFREL


ニフレルの展示で面白いところは、魚など生物の種類で分類するのではなくて、色とか見栄えなどで分類するところですね。

まずは、「いろ」。部屋全体の照明も大事です。写真に撮ることを前提にしている展示なので、水槽の背景なども気を使っています。


nIFRELnIFRELnIFRELnIFREL


中には愛想のよい魚もいたりするので、水槽はしっかり見ましょう。


nIFRELnIFREL


続いて、触れるエリア。ここはドクターフィッシュなど触れる魚がいたりします。


nIFRELnIFREL


そして、FUCHIKOのキャラクターもいます。水槽の”縁”にのっているんです。


nIFRELnIFREL


続いて、進んでみると次は「すがた」。見栄えということですね。


nIFRELnIFREL


エリア全体がちょっと暗いのは、水槽の明かりが映えるようにという配慮からのようです。動きの活発なものもいれば、元気ないものも・・・開園後8時間以上たっているから魚も疲れてきているのでしょうか?


nIFRELnIFRELnIFRELnIFREL


さらに進むと、もっと暗くなっている映像展示。地球を模した中央の球体に映像が映し出されます。球体の下に映る映像を追いかけている子供もいます。


nIFRELnIFREL


エスカレーターで1層上がります。

続いて出てくるのが「みずべ」というエリアで、魚以外の両生類や爬虫類も登場します。展示エリアは気を模した柱と水槽で構成されています。


nIFRELnIFRELnIFRELnIFRELnIFRELnIFREL


水辺というだけあって、水槽の半分くらいまで水が入っているようなものがあるので、写真に撮るのは難しいものが多いです。

さて、この先に行くと、大型の動物コーナー。

ホワイトタイガー・・・今日も会えなかった・・・。ワニは愛想が良いです


nIFRELnIFREL


カフェもあるんですが、ニフレルに来る前にガッツリフードコートで食べちゃったので、また今度。


nIFRELnIFREL


カバは仲間が増えたようです。自分が見たときは独りぼっちでしたが・・・


nIFRELnIFREL


そして、最後が放し飼いエリア。ここにはたくさんの動物に加えて「FUCHIKO」さん本人も等身大でいます。


nIFRELnIFREL


放し飼いの動物は相変わらずの人気。ペンギンのエリアは撮影に良い場所はなかなか空きません。


nIFRELnIFRELnIFRELnIFREL


最後に、「つながり」ということで映像ホール。加えてフォトサービスコーナーができていました。


nIFRELnIFREL


この先はもう出口。お土産コーナーへと続きます。ここのメインキャラクターは「ホワイトタイガー」。ネコ化しているものもありますが。。。


nIFRELnIFRELnIFRELnIFRELnIFRELnIFRELnIFREL


充実の品揃えです。物販施設は入場料を払わなくても利用できます。

17時以降は2名だったら「トワイライトペアチケット」という二人で500円くらいお得なチケットもあります。携帯のカメラレンズはきれいにして行きましょう(本人体験談・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です