15周年経ちました@東京ディズニーシー

NO.365


東京ディズニーシー


日時 2016年10月31日


スカッと晴れた空になりました。
帰国後、カプセルホテルで一夜を過ごして、鬼怒川を回って葛西のビジネスホテル泊だったためさすがに今日はあさイチに目が覚めず。不覚の9時着となりました。
初めて浦安からバスで向かったため、いつもと違う景色。そして、いつもと違ういでたちの方がバスの中にたくさんいます。そう、今日はハロウィンの当日なのです。

TDRではハロウィンイベントはずいぶん前から実施していましたが、ゲストがここまでノリノリになってきたのは2、3年前くらいからでしょうか?確かTDRはドレスコードがあって、園内キャラクターになり切りすぎはNGという話を聞いたことがあったように思うのですが、すでに私の周りは、たくさんのディズニープリンセスが歩いております(笑)。そんな皆さんとTDRのゲートの中で最も小さい(であろう)、TDSの自転車置き場横の入口からパークイン。


東京ディズニーシー東京ディズニーシー


シーのつもりで買った前売り券はランドだったり、いつもはやらかさないような失敗をしながらもインパークとなりました。入場口のターンゲートもかつてはチケットを入れないと動作しないタイプだったのですが、いまでは非接触型でQRコードをかざして動作するタイプになりました。これに伴ってかつては引き換えが必要だった前売り券もそのまま前売り券のQRコードをかざすだけでOKになりました。当然ですがTDL用のチケットのQRコードをかざすと、赤ランプ点灯し警告音がなりゲートはロックされます。。。アイヤー・・・


東京ディズニーシー東京ディズニーシー


今年でTDSは15周年。総工費約3900億円でオープンしたときにはいろいろなことが揶揄されてきましたが、それでも毎年入場者数を増やしてきた施設。この15年間での変化を今日はゆっくりと楽しみたいと思います。


東京ディズニーシー東京ディズニーシー


TDLと比べるとゲート回りはTDSの方が若干ではありますが広いです。このためグリーティングを一度にたくさんできるメリットがあります。オープン当初はここまでたくさんグリーティングには使われていませんでしたが、今日もあちこちでいろんなグリーティングが行われています。


東京ディズニーシー東京ディズニーシー


そして、15周年の記念バナー。1周年のときはひっそりとした感じのバナーでしたが、絢爛豪華という言葉がよく似あいます。ホログラムを使ったりと凝ったものも多いのとこの前で写真を撮ることを前提に作られているように思われるものがたくさんありますね。

ワールドバザールのような広い屋内空間がないのがTDSですが、ホテルミラコスタの下部はホログラムを利用したフォトスポットがたくさんあります。入るときと出るときで見えるものが違うという仕掛けですが、マニアの方は前後に動いて写真撮影という念入りさ。すぐに中に飛び込んでいけないような仕掛けがたくさんあります。


東京ディズニーシー東京ディズニーシー


15年前から比べて、とても進化したような印象を受けるのは午前中の物販施設のキャストさん。ぬいぐるみ片手にグリーティング&インフォメーション。昔はこんなに積極的ではなかったように思うんですが。。。園内全体でこうした感じなのでどこにいても最新情報が聞けるというのがありがたいですね。


東京ディズニーシー東京ディズニーシー


ここを抜けるとメディハーバー。オープン当初は圧倒的にここを右回りでセンターオブジアースへ向かっていく人が多かったんですが、今ではそれも逆。15年前にはなかった、タワーオブテラー、トーイストーリーマニア。今ではこの二つが待ち時間も終日長いアトラクションになりました。エリア名も「ウォーターフロントパーク」「トイビル・トロリーパーク」と名付けられています。オープン当初は壁でふさがれていて、喫煙コーナーだったのですが、今はかけらもなくなりましたね。


東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー東京ディズニーシー


そのまま進むとアメリカンウォーターフロント。SSコロンビア号の前でのショーだけが楽しみだったエリアですが、今ではシーズンイベントのメイン会場になっています。今日はハロウィンです。コスプレさんがたくさん集まっていますね。そしてこの期間が終わればここにはクリスマスツリー。今日はハロウィンの記念オブジェで登場していてここもまた人だかりがすごい。


東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー


アメリカンウォーターフロントからポートディスカバリーへの通路。かつては単なるつなぎ通路で素通りすることも多かったこの場所も、ミッキーマウスのぬいぐるみダッフィーの登場から一転。このエリアで会えるレストランも出現し一気に名物エリアへと変貌しました。

今日はハロウィン限定のアースラをイメージした食べ物がワゴンで販売予定でしたが、すでに予定数をクリアして販売終了。まだ10時前ですが。。。何時に終わったのだろうか??


東京ディズニーシー東京ディズニーシー


オープン当初は、人気エリアだったポートディスカバリー。大人気で自分も大好きだったストームライダーは今年の5月で終了。現在は新しいアトラクションの工事中のためちょっと寂しいエリアになってしまっています。レールウェイも終日待ち時間は30分以下。アトラクションというよりトランスポーターとしての利用者が目立ちます。次のアトラクション「ファインディングニモ」に期待しましょう。


東京ディズニーシー東京ディズニーシー


左回りにパークを進んできましたが、この先は「ロストリバーデルタ」。オープン当初はインディージョーンズライドしかなかったこのエリアも今では、レイジングスピリッツができたり、ミッキー&フレンズグリーティングができたりと変わりました。TDSはミッキーマウスの名称を使っているところが割合少ないともいますが、パークの一番奥にミッキーの名を関した施設があるというのは偶然なんでしょうかね?


東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー東京ディズニーシー


そして、通路の歩行距離的には最もパークの奥になるエリア。アラビアンコースト。このエリア、オープン当初は人が来ないエリアと酷評する人もたくさんいましたが、今日はハロウィンで、最大のフォトスポットになっています。ある意味、日本らしさが最もないエリアですから非日常空間としては最適です。今日は天気もいいのでこのエリアで写真を撮る人が後を絶ちません。


東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー東京ディズニーシー


さらに進んで今度をパークの中央部。シアターが改装されたマーメイドラグーン。新しいショーはディズニーらしいストーリー構成でした。ショーが始まるまでかなり暗いので子供に取ったは怖い印象があるんでしょうか?泣きながらシアターを出ようとする子供にも遭遇しましたが。。。
このエリアこそ、最良のフォトスポットと思っていたのですが、意外なことにアラビアンコーストほどは人気がない。。。幾つかの仮説も考えられる。まずは写真を撮った後の行動。当然ですがSNSにて発表となる場合が多い。となればアラビアに行ったような風にも見せられる写真と、明らかにTDSにしかない背景の写真では、誇張の仕方は前者の方が幅が出る。よって、いろんなタイトルがつけられるアラビアンコーストを選択する人が多い。。。っと思うのですが真偽はどうなんでしょうかね??


東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー東京ディズニーシー


最後にパークの中央部、ミステリアスアイランド。ここでは大人気のセンターオブジアースがあります。ここは正直15年間ほとんど手つかずのエリアではないでしょうか?かつて一世を風靡した餃子ドックのワゴンはもちろん健在、ほとんどの施設がオープン時そのまま。15年間の歴史を感じさせないエリアです。

フォトスポットとして人気があるエリアが、このエリアの海側突端。いわゆるヨーロッパの港町を忠実に再現してあるエリア。これだけの作りこみをすればやっぱり絵になります。15年前にはなかった、タワーオブテラーのビルなどが今ではアクセントになっていい写真が撮れるようです。


東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー東京ディズニーシー


最後に、メディハーバーバーの通路を通って戻ってきましたが、このエリアも今ではトリックアートなどを利用するなどして人が溜まるような仕組みが増えました。また、デイリーショーが定着してきたからなんでしょうか?もうすでに場所取りが始まっていました。TDSはTDLと違って、特定のダンサーさんが移動せずにショーを行うような構成なのでお気に入りがいると、そこに陣取る。夏フェスなどのノリで考えればいいんでしょうかね?


東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー


久々に、考えながら回ってみると15年かけて「パーク内にデットスペースを作らない。」という思想で進化してきたように思います。15年間の修繕や追加投資は総工費と同じくらいかかっている訳ですから、その投資が園内滞留の円滑化を生み出したということでしょう。またTDSはTDLよりもディズニーキャラクター縛りが弱いようなので、園内での楽しみ方の自由度が広いようです。今日のようにハロウィンとなるとこちらの方に流れる人(特に若い人)が増えるのではと思います。
そんなハロウィン。夕方6時から楽しもうという人も大勢いました。。。アフター6パス、夜も十分楽しめる施設です。

最後に15年を経て最もありがたかったもの。。。ウォッシュレットの登場でした!!


東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

東京ディズニーシー東京ディズニーシー

 

 

 

 

東京ディズニーシー(英語: Tokyo DisneySea、略称: TDS)は、千葉県浦安市舞浜にあるディズニーリゾートを形成する日本のディズニーパークである。年間来場者数は約1350万人で、世界のテーマパーク・アミューズメントパークの中では世界5位。
TEL 0570-008-632
住所 〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1−13
URL http://www.tokyodisneyresort.jp/tds/
入場料 ワンデーチケット

  • 大人(18歳以上) 8,200円
  • 中人(17歳~12歳) 6,900円
  • 小人(4歳~11歳) 4,900円
  • 3歳以下は無料

この他にもあり。詳しくはオフィシャルサイトで確認

開園時間 9時00分~22時00分 (繁忙時期は8時開園のこともある)
アクセス JR京葉線 舞浜駅から徒歩5分

地図(GoogleMAP)

視察履歴

ソーシャルディスタンス確保のためには何も厭わない@東京ディズニーシー(2020年8月24日)
ソアリンに乗りました@東京ディズニーシー(2020年1月10日)
守国攻海(後編)@東京ディズニーシー(2019年11月18日)
新機種か?ずぶ濡れか?悩ましい@東京ディズニーシー(2019年7月26日)
20周年記念企画 第2弾 @東京ディズニーシー(2019年2月28日)
人混みを見に!?@東京ディズニーシー (2018年12月16日)
パイレーツサマーバトルだけ見に来ました@東京ディズニーシー (2018年9月2日)
空いているように見えるが、混んでいる??@東京ディズニーシー (2018年7月5日)
夜のTDSで学びました (2017年10月18日)
ここがすごいよ!!を改めて探る(2016年12月16日)
15周年経ちました(2016年10月31日)
サインを学ぼう in tds(2014年6月26日)
13年目の30周年!?(2014年2月24日)
タワーオブテラーを初体験してきました。(2006年9月4日)
2周年記念(2003年5月10日)
1周年のイベント中!!(2002年9月23日)
ツアーガイドで閑散期を案内(2002年1月23日)
101回目の視察できました(2001年12月2日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です