スポンサーリンク

スペインを体験しよう

No.0092


パルケエスパーニャ


パルケエスパーニャ


視察日時 2001年 10月 7日


到着まで

今日は久々のテーマパーク視察になりました。ターゲットは伊勢志摩スペイン村「パルケエスパーニャ」です。実はこの施設2回目なんですが、前回来たときは名古屋グランパスエイトの試合を見た翌日。・・・で今回もストイコビッチ引退試合を見た翌日と言うことで名古屋グランパスの試合の翌日となりました(大意はないのですが・・・)。

名古屋からパルケエスパーニャへはおなじみ近鉄特急で向かいます。近鉄は特急が本当に多いです。今年ナガシマスパーランドに行ったときも近鉄特急でしたが、この鉄道会社は各駅停車とかってあるのだろうか??

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

パルケエスパーニャは近鉄の大量の資本投下で、一時期の凋落傾向に歯止めをかけようとしているそうです。ちなみに名古屋からだとパルケエスパーニャのパスポート付き往復切符が買えます。もちろん近鉄特急で往復できて8800円也。まぁ安い高いは別にして、とりあえず入場と帰りの切符を確保できるので安心して行けます。

さてパルケエスパーニャですが、近鉄で行くと志摩磯部駅からバスになります。しかし、この志摩磯部駅までが約2時間・・・。ぐっすり寝込んでしまいましたがまだ着かない・・・。

鳥羽水族館を横目に見ながらやっと志摩磯部に到着。さすがにパルケエスパーニャの玄関駅です。すっかり駅構内はパルケエスパーニャの宣伝一色・・・。もちろん他に広告を派手にする施設もないのですが・・・。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

さてこの志摩磯部からはバスに乗り換えるんですが、このバスがまたパルケエスパーニャの広告塔・・・。凄い広告の数です。

ここからバスに乗ること20分。いよいよパルケエスパーニャに到着するのですが、車中での親子の会話

親:「今日はテーマパークに行くからね!!(テーマパークってわかるのか??)」
子:「違うよ!!今日は遊園地だよ!」
親:「だってスペイン村だよ!?」
子:「テーマパークはディズニーランドだけだよ(きっぱり)」
親:「・・・」

昨今は子供の意見が厳しいようで・・・。

さぁ着きました。・・・っと大きな気球が見えますが、これが新しいアトラクション「ドンキホーテバルーン」です。チケット売場の外にあるので、パルケエスパーニャのチケットがなくても利用できそうです。ちなみにパスポートでは利用できず専用のチケットを購入する必要があります。
BUT、今日は強風のためお休み・・・でした。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

気を取り直して今度は駐車場をチェックしましょう。パルケエスパーニャの駐車場は3箇所あります。入口近くから第1駐車場、第2駐車場、第3駐車場となっています。第3駐車場はかなり遠くです。

料金は前払い制です。駐車エリアはTDLですっかり有名になった斜め駐車。これって場所取りそうに見えますが、実は一番効率的な場所の使い方になるんですよ・・・知ってた?

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

さて普通車はこの第1から第3までの駐車場に止めますが、バスはそうはいきません。バスは気球のあったエリアの先になります。

今日は日曜日で、小生が到着する前に少し雨が降ったようなんですが、それでも結構な台数です。でもよく見ると大型というより中型のサロンバスが多いです。ちょっとお金に余裕のある方々が利用するタイプですね・・・。っでこんな人たちのための記念写真のエリアもあります。気球をバックに撮るようなんですが、せっかくだったらなんか記念になるものが欲しいです。USJのようなコテコテしい背景はちょっと・・・ですが・・・。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

このバス駐車場からチケット売場までには外部ショップやコインロッカーなどの施設と一緒に、休憩所まであります。昔来たときは何かあったような気がしたんですが・・・。

で肝心なチケット売場ですが、全部で16個のブースがあります。開いているブースはブースの番号の上にあるランプがついています。ランプの数を数えると今日は8ブースが空いているようです。半分かぁ・・・。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

団体できた人は、チケットブースの奥の改札右にあるインフォメーションでの対応となります。なぜか「団体対応」と書かれたブースは全て閉ざされている・・・。どうやらインフォメーションで兼務のようです。

帰りの近鉄特急のチケットなどはここで受け付けてくれます。パーク内では対応してくれないので気を付けましょう!!

さぁ、いよいよ改札です。全部でこちらは8ブースくらいあります。チケットブースから見て一番右は再入場用のブースです。TDLやUSJの改札と比べるとちょっと暗い印象があるのですが・・・。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

チケットを改札機に通して、ターンスタイルをグルン!!と回して入場しました。


場内の構成

パルケエスパーニャはその名が示すとおり、スペインをテーマにしたテーマパークです。子供になんと言われようとテーマパークなのです・・・と強がっても・・・。

場内はTDLやUSJの作りを踏襲しています。ある意味この施設配置がテーマパークの鉄則かもしれません!?

まず入口を入ると「エスパーニャ通り」ここは物販、飲食施設です。

続いて「シレベス広場」「マヨーロ広場」に出ます。

シレベス広場を抜けて右に曲がると「カルメン通り」、左に曲がると「フェイスタ広場」となります。

カルメン通りを進んでいくと大きな湖に出くわし、湖の右が「コロンブス広場」、左が「サンタクルス通り」となります。

広場と通りの連続でこの周辺にアトラクションや物販、飲食施設が建ち並ぶという配置になっています。

ちなみに荷物が多い人はまず改札横のコインロッカーに預けてしまいましょう。ロッカーは改札を抜けて右手にあります。料金が微妙に違うのでよく見てから決めましょう。荷物の少ない小生は間違えて300円のロッカーを使ってしまいました。100円を一枚でも入れたらもう変更が利きません!!

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

ロッカーの反対にはインフォメーションがあります。ショーの時間や場内のガイドブックの追加はこちらで頼みましょう

ベビーカーや車椅子なんかもこちらで対応してくれます。

そしてお待たせしましたトイレです。テーマパークはどんな感じでしょうか??さすがに綺麗です。昨日の夕ご飯を全部出してスッキリしました!?(っと失礼しました・・・)

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

それでは、一つずつ中を見ていきましょう。


エスパーニャ通り

改札を抜けてすぐのエリアです。ここはおなじみのショップが建ち並んでいるエリアです。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

やはりTDLなどと比べてしまうのですが、パルケエスパーニャの場合、屋根がちょっと低いのが気になります。たぶん通路の広さはTDLなどと大差ないと思うのですが、なんか通路も狭く感じてしまいます。

並んでいるお店はお土産ショップやキャラクターグッズなど様々です。雨対策でしょうか?すっかり止んではいるんですが、ワゴンにはポンチョや傘等が並べてあります。

ワゴンもたくさんあるんですが、雰囲気がちょっと違うのはポップコーンが売られているワゴンが見あたらないことです。あれって結構売れてますがねぇ・・・。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

おもしろいのは露店があることです。スペインというイメージを表現するためなんでしょうか?他のパークではまず見られない販売方法ではないでしょうか?

と言うわけで、お店の内部よりも外部の方が楽しい、エスパーニャ通りです。


シレベス広場&マヨーロ広場

エスパーニャ通りを抜けて、最初に出るのが「シレベス広場」です。その奥に建物に囲われたところが「マヨーロ広場」になります。

シレベス広場はパレードの出発点にもなっています。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

シレベス広場にはアトラクション「幻のイベリア特急」があります。室内コースターと言うことで大層人気があるのでは・・・と思いましたがなんと15分待ちで乗れます。

まぁ後で見ようということでパスしてしまったのが運の尽き・・・。結局時間がとれずに乗れませんでした・・・。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

マヨーロ広場は建物の中庭のようにできています。建物は飲食施設が多くなっています。エスパーニャ通りはあまり飲食施設がなかった分、こちらに集められているようです。

スペインと言えば「パエリア」位しか思いつかないのですが・・・。中になんと和食のレストランを発見してしまいました。この施設を入れるときの決断はなかなかのものではなかったのでしょうか?

スペインで和食・・・ワールドカップで行ったフランスにもありましたけど・・・。

マヨーロ広場はフォトスポットにもなっているようで、みなさん記念写真を撮っています。こうした中庭っぽい作りはフォトスポットとしてはGOODです。

ちなみに1日に何回かはキャラクターがクラッシックカーで登場するようです。ちょうど記念写真を撮っていました。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

ちなみにシレベス広場とマヨーロ広場の境の建物に医務室があります。一番右端なのでちょっと気が付き辛いのですが・・・怪我したらこちらに行きましょう!!

ここまで、来たところでパレードが始まりました。パレードというとあのTDLの狂ったような大混雑を思い出すのですが、なんとパルケエスパーニャのお客さんは非常に冷めています。開始3分前でもあまり場所取りはありません

ビデオを撮影するためにパレードの写真はないのですが、ちょっと残念でした。TDLのファンテリュージョンに凄く似ているので・・・。

パレード中はゲストコントロールのスタッフが結構邪魔!!ビデオを撮ったり、写真を撮ったりする人がいるのですが、あまり気にしないようです。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

こんなパレードが30分ばかり続きました・・・。


カルメン通り

シレベス広場を抜けて右に曲がると「カルメン通り」ここはアトラクション「ロストレジェンド」があります。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

ロストレジェンドはショーアトラクションなのですが、これがまた不思議なショーです。内容がよくわからないのと、舞台中央の大きな塔が邪魔でよく見えない!!

舞台中央の席が、よく見えないというのは珍しい席配置です。

この他にも「ドンキーズシェリー」など昔からあるアトラクションも健在です。こちらは相変わらずと言った感じでした。

そして「カルメン通り」ですから、本物のフラメンゴでも・・・なんて思っていたら、本当にありました。残念なことに時間が合わなくて見れなかったのですが・・・こうした本物を織り交ぜるのは良い発想ですよね。せっかくコンセプトがスペインなんですから!!

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

フラメンゴが見れないので、少し落ち込んでカルメン通りを歩いていくと、またまたシアターに、こちらはコロシアムと呼ばれる円形シアターです。

でもよく見るとなんと屋根が付いている。確か前に来たときにはなかったのに・・・来年のワールドカップに向けて改装したカシマスタジアムのようになっています。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

ちょうど、キャラクターショーが始まったのですが、ちょっと一人で来た中年に耐えられる内容ではなかったので早々に退散!!

お隣のハビエル博物館に・・・ここは相変わらずです。今まで「ザビエル博物館」と記憶していたことに今日気がつきました。

さてこの先は階段で下ります。エスカレータもあるのですが、せっかく岩をくり抜いた造形を使っているのですから、エスカレーターももう少し工夫はできないものでしょうか?これじゃどこぞの鍾乳洞ですよねぇ・・・。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

それでは、コロンブス広場に向かいましょう!!


コロンブス広場

エスカレータを下り、トンネルを抜けると左手に大きな湖が見えてきます。ここがコロンブス広場です。この湖を利用したアトラクションが「アドベンチャーラグーン」。サマーランドのプールじゃありませんよ!!

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

このアトラクション乗っていると水柱が上がったりするのですが、残念なのはガイドやナレーションがないことです。なんか無言のまま進んでいきます。同乗した他の方も怪訝そうな顔ですが・・・。

コロンブス広場にはアトラクションの他に、飲食施設と物販施設があります。この場所が入口から最も遠い場所になるので、ここで食事を取りました。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

飲食施設はビュッフェタイプなのですが、ボリュームもそこそこあります。ハンバーグの乗ったカレーピラフ・・・なんともです。ちなみにアルコールも販売しています。お父さん達はビールで真っ赤になっていますが・・・大丈夫かなぁ・・・。

このエリアではキャラクターも出てきて、みんなと記念撮影。ベンチで寝そべっているカップルはちょっと邪魔くさそうに見ていますが・・・。

そして、このパークの一番隅には「サービスルーム」が、つまり授乳室などがあります。もちろん赤ちゃんだけでなく、お年寄りの方も利用できます。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

さてさて、湖に沿って施設を反時計回りに歩いていくと、新しいアトラクション「ドンキホーテの冒険」に出てきます。

どうやらこれが一番人気のようで、30分待ちでした。なんてことはなかったのですが・・・?

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

ではこのまま、サンタクルス通りに向かいましょう。


サンタクルス通り

このエリアも昔はありませんでした。新しくできたエリアです。物販施設が主ですが、クラフト工芸を体験してみたり、合成写真を作ったりと一風変わったショップが並んでいます。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

ご近所に買っていくお土産ショップではなくて、自分たちが来た記念品として持ちたいものが多くなっています。

こんなエリアですが、アトラクションもあります。ウォーキングツアーアトラクションの「クエントスの森」です。入口から流れてくる「クエントスの森」の唄がどうも怖くてパスしてしまいましたが・・・。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

ビックリしたのが、この通りにはチャペルがあります。・・・っで本当に結婚式ができるようです。でもここで結婚式を挙げたら、車にカンをつけて走れないのでは・・・?って古いなぁ・・・。

コロンブス広場から歩いてきましたが、このルートだと坂を上ることになります。できれば最初にここを下ってから行きたいところです。坂を上るときってあまり買い物したくなくなるんです。京都の清水寺行くときも、みんな坂を下る帰りにもの買うでしょ!!(変にこじつけてます)

坂を昇りきると、右手には志摩の海が見えます。そしてこの景色を見ながらバーベキューが食べられる・・・はずなんですが・・・今日はお休みでした。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

バーベキューはいつ来たら食べられるんでしょうかねぇ・・・?


フェイスタ広場

サンタクルス通りからカルメン通りを抜けて、ミニ汽車の踏切を渡ると「フェイスタ広場」です。ここはまさにアトラクションのエリア。

遊園地と言われても文句の言えないエリアです。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

ある意味、人が最も集まるエリアなので飲食施設もきちんとあります。アトラクションは時計と反対周りにシレベス広場側からチェックすると

スプラッシュモンセラー

これはいわゆるウォーターライドです。スプラッシュマウンテンの小さめ版と言った感じでしょうか?

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

その隣が

グランモンセラー

こちらはジェットコースターです。なかなかの強者ですが、あまり人が並んでいません。すぐ乗れます。

アルカサルの戦い

シューティングライドという奴です。何がなんだか・・・といううちに終わってしまいましたが・・・。以外にセンスないのかもしれない・・・(落胆)

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

その向かいにあるのが

ガウディカルーセル

いわゆるメリーゴーラウンドってやつですね。ビデオ片手にお母さん頑張ってました。

その隣はちょっとお子さま向けのアトラクションが3つあります。一つは最初に出くわした汽車「フェスタトレイン」、あとは「アミーゴバルーン」に「スイングサンタマリア」

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

そしてパルケエスパーニャの全体を一望できる

フライングドンキホーテ

これは円形の乗り物をアームで引き上げて眺望しようというアトラクション。アームが止まってからしばらくは立って外の景色も見れるという優れもの。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

約5分くらいですが、なかなかに楽しめる。ちなみに場所のチェックにはお奨めのアトラクションです。

そして

ピレネー

パルケエスパーニャで現在最も人気があるアトラクションといって良いでしょう。総工費31億円の宙づり式コースターです。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

乗り場ではサンダルなどは輪ゴムで足に留めて落ちないようにします。メガネは外すかどうか聞きに来ます(外しませんけど・・・)。イヤイヤそこまで凄いのか??

期待と不安にワクワク・・・ちなみに乗車場所は一番前!!なんて久しぶりの快感!!

コースターはまずシュワルツコフ落とし込み(最近覚えた)と呼ばれるキリモミ落下からスタート、その後豪快に1回転。宙づり式なので、縦回転、横回転とかなり激しい。さらに地面すれすれを通るなどちょと足下も気になるようなコース取り・・・。

確かにおもしろい、あっという間ですが、これは病みつきになりそう。

せっかくなので写真ぐらいはあるのだろうと思って戻ってくると・・・故障中・・・あぁ残念・・・。

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

ピレネー是非おためしあれ!!


感想

久々のテーマパークでしたが、皮肉にも遊園地の三種の神器の一つコースターにすっかりはまってしまいました(ということは行きのバスの子供並の神経なのかなぁ?)。

スペインというと何を思い出すのか?と考えるとサッカーくらいしか出てこない小生にはテーマがやや難解です。

その難解さを増幅させているように見えるのが、物販や飲食のお店の名前です。何屋さんなのか把握しづらいのです。スペイン語自体がふだんの生活にはあまり溶け込んでいないことも原因なのではと思います。

やはり日頃慣れない環境をコンセプトに選ぶと大変なようです。

ちなみに今年オープンしたホテル側の温浴施設は「ひまわりの湯」と言います(・・・って、この名前はスペイン語じゃないぞ!?)

パルケエスパーニャパルケエスパーニャ

ホントはゆっくりお湯にでもつかってと考えていたのですが、あっという間に時間が来てしまいました。テーマパーク「パルケエスパーニャ」の視察はこれにて終了!!