年が明けてもクリスマスは続く@ユニバーサルスタジオジャパン

NO.323


ユニバーサルスタジオジャパン


日時 2017年 1月 5日


2016年は自分自身の中で大きな変化があった一年でしたが年末にUSJのV字回復の立役者でもある森岡毅さんが退職されるというショッキングなニュースが飛び込んできました。この業界の中で自分が唯一尊敬できると思っていた人だけにとっても残念です。そしてUSJの年末のシンボルともいえる巨大なクリスマスツリーも今年で最後になるそうです。これは見なければ…と思いつつも気が付けば年も明けてしまって、ギリギリで見に行くことが叶いました。

自宅からUSJにはフェリーが最もコスパが高いのですが、年末年始は格安チケットもない状態で、結局最安値で行ける方法は溜まりまくった飛行機のマイレージを利用する方法。加えて今年はUSJに何度もお世話になりそうな予兆もあるので、思い切って年間パスを購入することにしました。

朝一で自宅を出て、飛行機の中は意識のないほど眠り、大阪は伊丹空港からバスに乗ること40分。USJに到着。さすがに開園時刻には間に合いませんでしたが、10時過ぎにはUSJに着けるというのは意外な発見でもありました。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


前回は2016年の5月に来ましたので。8カ月ぶりくらい、まだ15周年の期間中でした。改めてこの装飾を見ると設置するのに手間がかかりそうでお金もかかりそうです。。。

お馴染みユニバーサルのシンボルの地球儀前はたくさんの人だかりですが、最近は自撮り棒を使う人が増えてきましたね。

今回は、特にアトラクション目当てでもないのでまずは入口周辺をゆっくり見て回ることにしました。まずはチケット売り場。中央通路を挟んで左右に分かれているんですが、半分はクローズ。空いている方は結構な列。みんな文句を言わずに並んでいます。

チケット売り場の列が思いのほか早く進まないのは、USJ独特の「EXPRESSチケット」をここで同時に購入できることに理由があるようです。当然中に入れば待たされることが多いので背に腹は代えられない人が多いようです。

とはいえ、このチケットも売り切れ続出。というか今日は冬休み期間なれど、この後始まる「クールJapan2017」の準備の影響で結構多くのアトラクションが休止の状態。聞いては見るものの買えない・・・というパターンが多いようです。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


そんなチケットゲートですが今回初めて見ることができたのが、第2ブースを使っているシーン。USJのチケットブースはTDLと比べて大きめで、一つのブースで最大6窓口あるのです。今日は二つ目のブースでも対応しているところもあります。全部のブースが2POS対応ではないのですが、こうした使い方をするチケットブースはなかなか見られません。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


年間パスを手に入れましたので、改札に向かいます。お馴染みの顔認証。今回は初めての利用なので顔写真の撮影も行います。ちなみにこの認証機械ですが、ハンディータイプのものもあるようです。これに気が付いたのは実はこの日の後に行った時で開園時は中央の大きな扉も開放し、ここで改札を受けます。この時にスタッフが持っているのチケットのスキャナー+顔認証の機械。こんなものがあるんですねぇ・・・


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


改札を抜けると、キャラクターグリーティングならぬアンケートグリーティングの集団がたくさんいます。USJが緻密な計画によって運営されるようになったということは、森岡さんの登場以降メディアで宣伝されていますが、この一翼を担っている集団です。「一人で来る人の情報も重要です」・・・という心の声は届かずファミリーやカップルなどの正統派ゲストに向かっていく人たちです。

こちらも依然と比べるとずいぶん変わっていて、タブレットでアンケートを取っていきます。10年近く前は紙をたくさん抱えた人たちだったのに技術の進歩を感じるシーンです。

USJのゲストサービスコーナーは、この時間かなり混雑しています。混んでいる理由が手荷物(キャリーケース)などの預かりを行っているようです。コインロッカーも満杯ではないのですが、外国人にとってはコインロッカーという存在はかなり厄介な代物のようです。「コインロッカーに入れろ」っと追い返すか?その場で預かるか?意見は分かれそうですが、京都、奈良、大阪市内とコインロッカーの空きを探すのはかなり大変。手荷物預かり所の恩恵にあずかる人も多いのでなし崩し的にUSJもこうしたサービスをするようになったのでしょうかね?

TDLではこの施設は「メインストリートハウス(メンストという人もいる)」と呼ばれる施設で、TDLではこうした混雑はほとんど見られません。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


さて、園内に入って一つ気が付いたこと。ATMが二社入っている。これはなかなかほかの施設では見られません。園外のATMはりそな銀行、園内は東京三菱UFJ銀行。もともとの融資先はりそな銀行(の前身の大和銀行)。USJも資金面でいろいろ苦労しているので、メインバンクが変わったりしたという証拠でしょうかね。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


クールJapanのエリアですが、本日は工事中で全く中をうかがい知ることはできません。スペースファンタジーライドもクールJapanの目玉になるために改装中。しかも今日はハリウッドドリームライドも運営休止。。。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


そんな中、この期間のイベント催事として頑張っているのが、「妖怪ウォッチ」。「妖怪ウォッチTHE REAL」と「妖怪体操 REAL」の2施設が稼働しており、しかもお馴染みの人気オブジェがたくさん出ています。もちろんショップもあります。いまだに衰えない人気あるコンテンツです。

ちなみに、50代男性が一人で入ってもなかなか楽しめそうにありません。。。今回は外から見るだけにしました。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン

ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


伝説のクリスマスツリーと呼ばれるツリーがあるため、正月の3が日は過ぎていますが今日のUSJはクリスマス仕様です。もちろんBGMもクリスマス仕様。イベント内容も基本的にクリスマス。最終日の9日まではクリスマスが続くようです。

遠目から見ても非常に存在感のあるツリーです。これが夜になるとどうなるか?さすがに伝説と言われるだけあってきれいです。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン

ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


このツリーの点灯式を兼ねたショーが「天使のくれた奇跡」というショーになっているのですが、これはちょっと残念でした。なにせ有料エリアでないと次の二つの選択を迫られます。「プロジェクションマッピングを諦めてツリーを見る」「ツリーを諦めてプロジェクションマッピング見る」そんな場所でしか鑑賞できません。。。

最もツリーもプロジェクションマッピングもショー終了後に静止画で確認できるので、極端に不満というわけではありませんが。。。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン

ユニバーサルスタジオジャパン


クリスマスで変わったエリアというともう一つが、ハリーポッターのエリア。場内のあちこちで運休アトラクションがあるので、今日はエリアの利用規制がかかっていました。とはいえオープン当初のような強烈なものではなく、2時間程度で入れる整理券を手にすることができました。

クリスマス仕様になっているのが、まずは入口。そしてエリア内の巨大なクリスマスツリー。こちらは杖購入者だけが楽しめるアトラクションの場所にもなっています。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


その他はいつも通り!?

クリスマス仕様が残っている場所と言えば、ジョーズのエリア。サメもリースがかけられています。ちょっとサメがかわいそうな気もしますが・・・


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


終日、長時間の待ち時間を維持していたのが「フライングダイナソー」。同じコースターのハリドリがメンテナンスで休止のため、こちらは終日3時間以上の待ち時間。シングルライダーで2時間半というなら、無理して仲間がバラけない方が得策ですね。

メンテナンスと言えば、いよいよ始まったのが「バックトゥザフューチャー」エリアの改装。すでに2017年の夏に「ミニオン」をテーマにしたエリアになる当発表がありました。なんとトイレを含めての改装のため、このエリアのトイレは仮設!!


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン

ユニバーサルスタジオジャパン

ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


エリアには工事用の目隠しがあるのですが、これがトリックアートを利用してあって、女の子に大人気。このアートを利用した芸術作品を目指して撮影している人がたくさんいます。意図してこうしたのか?偶然の産物か?調査はしていませんが、意外にこのエリア混雑しています。

今日の営業時間は9時から19時までですが、結局10時過ぎから閉演までしっかり楽しませていただきました。クールJapanが始まるとこの景色がどうなるのか?楽しみです。


ユニバーサルスタジオジャパンユニバーサルスタジオジャパン


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です